サイト開設17周年名作カバーまつり 2019年10月6日

東京から品川まで新幹線で行ってみた

約7分間の旅を、思いのたけ楽しむぞ

新幹線はワクワクする。

乗る前から興奮は止まらず、乗っている間もひたすら愉快だ。くるくる変わる景色を眺めつつ、弁当やビールを口に含むと、一段と美味くなったように感じる。寝てても仕事してても、なんだか良い。居るだけで気分がアガってしまう。

だが、なかなか乗る機会がないのである。……いや待てよ。機会は自分でつくればいい。

このたび16周年を迎えた品川駅にお祝いと題して行ってみようじゃないか。東京駅から、新幹線で。

この記事はデイリーポータルZ開設17周年企画「名作カバーまつり」のうちの1本です。
新幹線品川駅開業記念 品川へ新幹線で行ってみた(2003年10月14日掲載)』

1981年群馬県生まれ。ライター兼イラストレーター。飲食物全般がだいたい好きだという、ざっくりとした見解で生きています。とくに好きなのはカレー。(動画インタビュー)

前の記事:チーズやヤクルトとお茶がコンボ!タピオカ屋の「タピオカ以外」をめぐる

> 個人サイト たぶん日記

001.jpg

002.jpg

003.jpg

004.jpg

005.jpg

006.jpg

007.jpg

008.jpg

009.jpg

010.jpg

011.jpg

012.jpg

013_01.jpg

いったん広告です

013_02.jpg

014.jpg

015.jpg

016.jpg

017.jpg

018.jpg

019.jpg

020.jpg

021.jpg

022.jpg

023.jpg

024.jpg

025.jpg

026.jpg

027.jpg

028.jpg


仕事終わりにやるのも良かった

で、早速金曜の夜にもう1回やってしまった。仕事が終わってすぐ東京駅へと向かい、ビールとともに乗り込んだ。

ato_01.jpg
仕事終わりのビール、うめえ

窓の向こうの高層ビルの明かりの中が、少しだけ見えた。

「あの明かりに中にいる人たちの労働が、サービス残業だったり、裁量労働制という名の無賃労働だったりしませんように」

そう願いながらビールを口に含み、7分のうちに飲み終えた。

「夜景を近距離で見ると、中の人に感情移入しがち」というのが今回得た知見である。でも、やっぱり楽しかった。170円の距離に1040円かける。数値以上の何かがあった。

ひとつ難点があるとすれば、つい気が大きくなり「もっと遠くに行きたい」と思い始めてしまうことだろうか。21時に東京を出て、その日のうちに関西にたどり着いてしまうんだもの。そんな交通インフラが当たり前にあるってすごい。いずれは終点まで行こう。

ato_02.jpg
ちなみに1回目は待合室の売店でビールを買ったが、今回は改札脇のカフェで購入
ato_03.jpg
さりげない
ato_04.jpg
ビニールに入れてくれた
ato_05.jpg
蓋にはシールが貼ってあった
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓