サイト開設17周年名作カバーまつり 2019年10月6日

17周年を花マンで祝おう

おめでとう!17周年!

本日はデイリーポータルZの17周年記念日である。めでたいことだ。
このめでたい気持ちを表したい。

それなら、まさにおめでたい存在になってしまうのがいいのではないか。

この記事はデイリーポータルZ開設17周年企画「名作カバーまつり」のうちの1本です。
めでたいぞ! 花マン(2018年1月16日掲載)』

1987年兵庫生まれ。会社員のかたわら、むだなものを作る活動をしています。難しい名字のせいで、家族が偽名で飲食店の予約をするのが悩みです。(動画インタビュー

前の記事:郊外の「ゆで太郎」は駐車場が広すぎる

> 個人サイト むだな ものを つくる

おめでたい存在になりたい

ものすごく薄いお花紙(はながみ)を重ねて作るのが紙花(かみばな)だ。
入学式や卒業式など、おめでたい場を彩るのにぴったりな存在だろう。

027.jpg
手軽に作れる割にきれい。

このおめでたい紙花を大量に作って身にまとえば、もしかしてものすごくおめでたい存在になれるのではないか。

そんなことを思い立ってしまったら、作ってしまいますよね、紙花。着ますよね、紙花。

025.jpg
変身だ!

これは「花マン」だ。「花マン」としか言いようがない。

026.jpg
ヘアピンに紙花をつけることでアクセントがついた。このめでたさはなんだ。
024.jpg
死んだ顔でトイレから出てきてもめでたい。

 

めでたい存在になるには

花マンになって気づいた。みんな早く花マンになった方がいい。
世界中の人たちが花マンになったらきっと、戦争もなくなるだろう。

平和になった世界を考えつつ、作り方を紹介したい。

003.jpg
とにかく大量のお花紙が必要だ。

身にまとうだけの紙花を作らなくてはいけないから大変だ。
より効率的に作るため、これを買った。

004.jpg
五色鶴の花子ちゃんである。

お花紙を効率的に折れるマシーンだ。小学校で見たことがある。
紙花を作るためには、お花紙を数枚重ねて蛇腹に折らないといけない。

このマシーンを使うことでその工程を簡単にすることが出来るのだ。

005.jpg
新品が存在するのか!という衝撃。当たり前なのだが。
006.jpg
お花紙を重ねてレバーを引くと、
007.jpg
それだけで蛇腹に折れたお花紙が!
008.gif
気持ちよくて動画を撮った。

これを使うことでどんどんと紙花を作ることが出来た。

009.jpg
わさーっと、出来た!

大量に紙花が出来たところで、いよいよ「マン」にしていく。

010.jpg
パーカーを用意して、養生テープを裏返しにして貼る。 
011.jpg
そして紙花を貼っていく。背中側は「17」を背番号のようにレイアウトしてみたが、見えづらい!
012.jpg
表側はボーダー柄にしてみました。

夢中で紙花を貼っていたら完成した。
肩口が若干見えるが、これで花マンとなれるのだ。

次は部屋を取び出して、外へ出掛けよう!花マンで!

秋晴れと花マン

台風が通過して涼しくなってきた秋晴れの日、公園へやってきた。

013.jpg
が、秋晴れすぎて暑かった。既に汗だく。

この日、どうしても持ってきたいものがあった。

014.jpg
フラワーアーチである。

以前「車屋にあるフラワーアーチは1万円で買える」という記事を書いた。
タイトルの通り、中古車屋によくあるフラワーアーチは1万円で買うことが出来るという内容で、実際に購入して以降は僕の部屋で眠りについていた。

これもかなりめでたくなるアイテムだ。
絶対に花マンと組み合わせようと心に決めていたのである。

フラワーアーチの支柱を忘れたため、アーチの背が低くなってしまったのは見なかったことにして、花マンへの変身プロセスをお見せしたい。

015.jpg
花マン、着替え中!
016.jpg
前を留めれば…
017.jpg
花マンの誕生である。

ベースがパーカーなので、その場で変身(着替え)することが出来て便利だ。
めでたいだけでなく機能性も求めて作ったのだが、うまくいって満足である。

念願叶って花マンになることが出来たので、浮かれてたくさん写真を撮った。

018.jpg
17周年、めでたいぞ!
019.jpg
フラワーアーチを手で持つとさらにめでたいぞ!
020.jpg
木陰からそっと覗いていてもめでたいぞ!
021.jpg
テーブルに座ってもめでたいぞ!

全日本めでたい選手権大会である。

秋晴れの下、最高の撮影となった。

022.jpg
撮影してくれた編集部橋田さんも花ウーマンになった。
023.jpg
空気の層が分厚いので保温力が高い。脱ぐと爽快感がものすごかった。

 


念願が叶った

花マン、ずっとやりたかったので実現出来てとても満足である。
フラワーアーチも撮影で使ったきり出番が見つからなかったので、有効活用出来て良かった。

紙花を作るマシーンも小学生ぶりに触れて懐かしかった。
僕にとってはいいことづくめな体験が出来た。

029.jpg
車でスタンバイする花マンスーツ。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓