3行まとめ 2022年9月24日

今週の記事まるっと3行まとめ(9/15~9/21)

こんにちは。編集部の古賀です。こちらはデイリーポータルZがさいきん公開した記事を3行でまとめる時短のコーナーです。

今週はかつて漫画家を目指していた(別冊マーガレットの掲載経験もある!)母にインタビューする記事が読まれに読まれました。

漫画家を目指していた母親にインタビュー

当時流行の画風のうまい絵、過激に不幸な設定、忍者ものやホラーへの挑戦などなど、大量の実際描いた漫画とともにご紹介。

リスペクトにあふれつつ素直な娘と、一切恥ずかしがらずに堂々と見せて自然かつ誇らしげに語ってくれるお母さんの関係性にも胸があつくなります。
 

インターネットにラブとコメディを振りまく、たのしいよみものサイトです。

前の記事:福井県立恐竜博物館に行った・見晴らし食堂~自由ポータルZ

> 個人サイト デイリーポータルZ

バラの花束でぶたれる (小野法師丸)

メイン画像

  • 贈ったそばからその花束でぶたれる。シミュレーションなのに、かなりへこむ
  • 気持ちだけでなくビジュアル面にも変化がほしい。メガネが飛ぶまでぶってくれ!
  • 駅前へ。ぶたれる前から通行人が半笑い。見てろよ…これで終わる俺じゃないぜ

 

 

マッシュルームをおのれの握力で握り潰す快感 (パリッコ)

メイン画像

  • グシャッ!おのれの握力だけでりんごを握り潰すあのシーン
  • 相当な握力が必要だが、握力のない人はマッシュルームで代用しよう
  • 潰したあとはカルパッチョに。実は新鮮なマッシュルームは生で食べられるのだ

 

 

盆踊り愛好家「盆オドラー」の暑い夏 (斎藤公輔(NEKOPLA))

メイン画像

  • 「生音頭派」「テープ派」という派閥もあり、会場を選ぶところから盆踊りは始まっている
  • アラレちゃん音頭はド定番
  • 盆踊りがすごいのは、見ながら同時にこっちも踊っている、インプットとアウトプットが同時にできるところ

 

 

軽井沢と貴婦人の帽子とステーキとメロン ~リユーススマホで浮いたお金で夏の思い出を作ろう (古賀及子)

メイン画像

  • 私物スマホを売って、リユース品のスマホを買った
  • リユース品なので純粋な比較ではないが、34,630円浮いた!
  • 浮いたお金で…グリーン車で軽井沢に行くぞ~!

 

 

10枚切り食パンは、3枚重ねてホットサンドが正解 (松本圭司)

メイン画像

  • 僕には今まで見えていなかった「10枚切り食パン」
  • メーカーのオススメはサンドイッチ。そこをホットサンドにしたらどうでしょう
  • 2枚だとやや物足りない。3枚だと真ん中のパンがモチっと柔らかく…止まらん

 

 

何でもトーマスにする (べつやく れい)

メイン画像

  • 顔をつけたら、電車に限らず、全てトーマスではないか
  • 紙粘度で顔を用意し、「恐怖!世界トーマス化計画」を進める
  • トーマス化すると、"ただのどうでもいいもの"から、"親近感があって話しかけやすいどうでもいいもの"になることがわかった

 

 

はじめてのドロップキック (江ノ島茂道)

メイン画像

  • ドロップキックの迫力ある姿に憧れていた。今日、実行する
  • おれはお前を倒すために生きてきた…!そんなストーリーを思い浮かべながら読んでください
  • 5cmしか飛んでないけど、そこはアングルで解決した

 

 

大阪・吹田市のデザインマンホール蓋は「すいたんをさがせ!」 (パスカ)

メイン画像

  • ほとんどの蓋は、一目ですいたんを認識できる「かんたん」レベルなんですが
  • 「千里線 吹田駅」蓋が激ムズ。これ、わかる人、いるの…?
  • なお、すいたんの頭部は吹田市の名産品、『くわい』がモチーフ

 

 

AIに酒とつまみを描いてもらう飲み会 (酒の穴(パリッコ・スズキナオ))

メイン画像

  • 「AI酒場」に入ったという気持ちで、口頭で店員さんに注文してる気分で飲みます
  • 刺身の盛り合わせは、見たことのない質感。未来の刺身?
  • 冷やしトマトは余計なものが映っている。あまり見ないのが美味しく楽しむコツかも

 

 

収益が激減したのには訳があるんです デイリーポータルZ 2022年8月の収支を報告します (デイリーポータルZ)

メイン画像

  • 8月上旬の訪問者数は絶好調!
  • しかし、下旬が不振すぎてトータルとしてはマイナス着地。悔しい
  • こちらは、はげます会会員限定記事です。途中まで無料でご覧いただけます

 

 

京都独自の中華メニュー"からしそば"を食べ歩いてきました (大北栄人)

メイン画像

  • 一見、五目あんかけそばだが、麺を持ち上げるとツンと和辛子の香り
  • ケンミンショーでも出演者を驚かせたという
  • 異文化がふれあったベン図の重なりみたいなところに位置するのがこのからしそばなんだろう

 

 

たらこキューピーになりたい (住正徳)

メイン画像

  • あのたらこキユーピーを真似て、その人気にあやかりたい
  • 生のたらこに自分の顔写真を張りつけてみたが、不気味だ。人形というより妖怪に近い
  • 数が多ければかわいくなるに違いない。と思ったが、事務所が生臭くなっただけだった

 

 

無印良品のフライパンでつくるナンはむしろスイーツ (鈴木さくら)

メイン画像

  • 材料はこの粉と水・油だけ。自宅で焼き立てパリもちのナンが食べられる幸せ
  • カレーだけではもったいない!もちもちナンとあんこの甘さで、インド風あんまきだ
  • アイス、チョコとも相性抜群。ナンはスイーツ枠でいい

 

 

漫画家を目指していた母親にインタビュー (ほしあさひ)

メイン画像

  • 一条ゆかりや陸奥A子に憧れ、漫画家を目指していたという母。別マで入賞経験もあるという
  • 少女漫画だけでなく忍者ものやホラーにも挑戦。無駄に設定が過激!
  • その頃の母のポエムを読むと、確実に遺伝子を継いでいるなと感じる

 

 

誰にでも簡単にできるものまね (つりばんど岡村)

メイン画像

  • メイクや表情の練習は不要!似顔絵をかいたお面で誰でも本人そっくりの顔真似ができる
  • 扇風機に、三角コーンに、電柱に。ドアに貼れば勧誘防止にもなる
  • もうどれもケーシー高峰にしか見えない。ものまねの新たな可能性を発見できた

 

 

床屋のオフィシャル髭ダンディズム (伊藤健史)

メイン画像

  • 床屋の窓や看板が醸し出す髭ダンディズムの芳香に陶酔しよう
  • 今回開発された「オフィシャル髭ダンディズムレーダーチャート」。いきなりフルマークのダンディ出現!
  • もはや髭に顔がついているダンディも。チャートの限界突破だ
いったん広告です

 

 

頭で運ぶと楽なのか (安藤昌教)

メイン画像

  • 水道水ではもったいないので、海水を入れたポリバケツ約20kgを荷物代わりにする
  • 確かに頭の上に荷物を乗せて運ぶと手で持つよりもラク
  • でも乗せるときと降ろすときだけが一気に重い。首が折れるかと思った。そこは誰かに手伝ってもらおう

 

 

8倍高い!? 虎屋の「あんペースト」は舌触りがもはやシルク (デイリーポータルZ)

メイン画像

  • あの虎屋のあんがペースト状になって売っている。ありがたい
  • 蓋をあけたときのあんの美しさよ
  • こしあんは飲み物。舌に、全身に、柔らかく染み入る。おのずと体がヨガのポーズに…

 

 

はだか色の服 (古賀及子)

メイン画像

  • ベージュを着る=裸、というのは私だけの問題?自然に着こなしている人はいるのに…
  • どうやら、裸っぽく見えてしまうシチュエーションがあるようだ
  • ベージュ色の服を着て突然現れる、ピタピタのサイズ、明るい床の上にいる、などがポイントだった

 

 

犬だけど「きつねダンス」を踊ってみた (ヨシダプロ)

メイン画像

  • きつねダンスのあの手首、うちの愛犬だってできますよ
  • 衣装はダイソーのタオルとヘアターバン。ヨシダプロがターバンをターバンとして使ったことはない
  • きつね耳は換毛期の抜け毛を再利用。でも元の耳のままでよかった気もする

 

 

ライブで遠くから来たバンドがいたら交通安全を祈ってほしい~ファンクバンドのギタリストという生活 (デイリーポータルZ)

メイン画像

  • ファンクバンド「踊る!ディスコ室町」所属のライターにバンド活動について聞きました
  • 活動はさながら運送業、移動が大変
  • 人数が多いと経費を分散できていい感じに

 

 

秋の花火大会 (林雄司)

メイン画像

  • 秋の大会は職人のコンテストらしい。大会関係者が来年に向けて新作を買い付ける場でもあるという
  • ひっそり開催されているのかと思ったら、80万人の人出!土手にも出店がずらりと並ぶ
  • 記事内のイベントに関する情報は、初掲載2006年当時のものです

 

 

セロハンや金網の折り紙を見せたら子どもに尊敬された (トルー)

メイン画像

  • 最近は、キラキラしていたり、透明の素材だったり、紙でない素材の折り紙が充実している
  • 普通の折り紙とはレベルが違う。蚊とCarぐらい違う(言い過ぎ)
  • 「こんなの作れる人だったの?」娘に褒められて嬉しい

 

 

エクストリームワーケーション!仕事をしながら山も海もキャンプも満喫する方法 (安藤昌教)

メイン画像

  • 早朝6時、Hondaの「N-VAN」で山に来た
  • トレランを終えて、着替えて仕事を開始。山のふもとから会議に参加
  • これはアリだ。準備も計画もほとんど不要で、しかも超快適。最高

 

 

技術力の低い人が、電子工作できるようになる大会「ヘボコン・アドバンス」出場者募集 (石川大樹)

メイン画像

  • アドバンスは技術力がない人が"ちょっと"勉強して戦う大会
  • 「ちゃんとしたロボットができちゃうのでは…」なんて心配はご無用
  • 広大な技術の世界に乗り出すきっかけにしよう!

 

 

タンメンの断面を見てみよう (きだてたく)

メイン画像

  • 最近人気のフルーツサンドなどの、“断面萌え”
  • シンプルに、丼を真っ二つにカットして断面に透明のアクリル板を貼れば…なんて言うは易し、行うは難し
  • 「カロリーハーフ」の概念を説明する図として使えそうな器ができあがった

 

 

「逆さにしても顔になる顔」になる (小野法師丸)

メイン画像

  • 上下反転して別の顔が見えてくるかどうか、自分で検証する
  • 検証とはいえ、変な顔をしたたくさんの自分と向き合うのはつらい
  • 知らない人がこの顔を見て、逆さま顔だと気づけるか。逆立ちして、倒れ込んで、やっと気づいてもらえた

 

 

「食べるおだし」は口の中で完成するスープだ (ありくい)

メイン画像

  • 見た目はまるで木の削りカス。一枚一枚がだいぶ分厚い
  • ジャーキーのような力強さはないが、優しい旨味と塩味が噛むごとに押し寄せてくる
  • そのままでも口の中が出汁一色になるほどうまく、アレンジしがいもある

 

 

小さい熱帯低気圧が大きな台風を振り回した ~気象予報士・増田さんの詳しすぎる天気解説 2022.9 (増田雅昭)

メイン画像

  • 6月の暑さで大変だ~って思ったら、8月はそんなにいかなかった
  • なんだかんだバランスを取った今年の夏でした
  • 消えた熱帯低気圧。台風11号の雲に巻き取られた

 

 

ワサビではなくカラシを使う! 八丈島の島寿司を自分で作る (地主恵亮)

メイン画像

  • 八丈島の郷土料理「島寿司」。ワサビではなく、カラシを使うのが特徴
  • 第一投で釣れた!到着10分で釣れた!釣り下手でも釣れた!八丈島の海の豊かさよ
  • カラシの辛味が少し甘い漬けの魚によく合う、ウマイ

 

 

何でもまねき猫になれ (べつやく れい)

メイン画像

  • 招いてる左手と小判をもつ右手があれば、なんでもまねき猫になるのではないか
  • 初手がまねき頭蓋骨。案外なじんでいる気も。顔が認識できるからかな
  • 完璧にまねき猫だったのが、まねきキャラメルコーン。まねき猫よりかわいいのでは?

 

 


記事ランキングが毎週届くメルマガもどうぞ!

今週も3行での把握ありがとうございました!

デイリーポータルZは毎日基本3本~4本の記事を配信しています。毎週土曜日16時のこちらのまとめのほか、無料のメルマガでは人気時のランキングもお届けしておりまして、ぜひぜひ読んでみてください!

くわしくはこちら~~!

デイリーポータルZメールマガジン
「うっかりデイリー」

6人の編集部員のリレーコラムもご好評いただいております。

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ