編集部日記 2021年2月11日

超地元!案内 岐阜県 本巣市編 by 石川大樹

縁もゆかりもない土地でも、地元の人に案内されるとなぜか見たことがあるような気がしてきます。そんな錯覚を味わってもらうストリートビュー地元案内。

今日は岐阜県本巣市編、案内は編集部石川大樹です。

 

 

■最寄り駅の概念がない

林:全体みてもいいですか?位置関係がわかるように
西垣:どこなんだろう
石川:日本からいきますか?
林:日本からいきましょう
石川:ここが名古屋で、その上が岐阜ですね
西垣:はいはい
石川:で、岐阜市を目指していくと本巣市が出てきます

林:はい
石川:小5から高校までいたのが本巣市です。その前は岐阜の別のところにしました
林:ふーん
石川:「最寄り駅」っていう話しなんですけど。ちょっとね…。最寄り駅から始めるっていうのが都会もんの発想だなと…
西垣:そうなんですか
林:はははは。使わないの?
石川:乗ったことが一回もなくて、最近はじめて乗ったんですよ
西垣:へ~!
石川:樽見鉄道っていう、いわゆるローカル線なんですけど
林:うんうん
石川:レールバスで、電車じゃないんですよね
西垣:これが駅ですか

林:ほ~
石川:この駅つかったことないですね
林:馴染みのある駅はどこなの?
石川:ないんですよ、馴染みのある駅という概念が
林:概念が…。ちょっとそんな人はじめてだけどな…

 

■しぶしぶ駅からスタート

林:ってことは、このへんそんな思い入れがない?
石川:大きい通りがあって、そこは自転車でよく通ってました
石川:「吉野家」これは和菓子屋ですね
西垣:大きい
石川:基本的に大きいですよ
林:規模が?
石川:そう、なんでも大きいです
西垣:吉野家看板出してますね
石川:手土産買うときはだいたいここで買うみたいな
西垣:交差点が看板だらけみたいになってるんですね
林:セブンイレブンの看板もどちら側から見てもみえるようにしてますね。こんなに気合がはいってセブンイレブンないですね

20201210_doga3.jpg

 

石川:コンビニも広いですからね。駐車場も徒歩1分くらいありそうですよね
林:「ありがとう」ってのぼりがあるよ
石川:のぼりますね。しかもセブンイレブンですね
林:「ありがとう」ってのぼりはこの辺でよくあるものなの?
石川:はじめて見ましたけど

 

■柵もなく細い心もとない橋

石川:これが中学かな。これが校舎ですね。反対側は山なんですね
西垣:わ~
林:なんか、ほこらがあるね
石川:ありますね。こんな細い橋あります?柵もなにもない
西垣:心もないですよね

20201210_doga4.jpg

石川:この山の向こうなんですよ、家が。
西垣:へー
林:ほー!
石川:だから、突っ切ればたぶんわりと近いんですけど。それをグルっと迂回してここまで歩いてくるんですよ
林:山ってやっぱりつっきれないものなの?
石川:えっとね…。一回、この山を探検しようと子ども5人くらいで入ったことがるんですけど。
林:うん
石川:数時間中にいて飽きて、戻ってきたら近所中の親が探し回っていて、大変なことになりました
西垣:へぇ~


石川:中学の校則で、髪型が丸刈りだったんですよ
林:ええー
石川:小学5年で引っ越してきたときそれを聞いて。
林:うん
石川:いや、まさかそんな非現代的なことないと思ってたら…
西垣:そのときも、もうそんな感覚持ってたんだ
石川:あんまり気にしてなかったんですけど
西垣:はい
石川:ほんとに丸刈りだったんですよ
林:へぇー
石川:丸刈りは丸刈りで長さを変えて、前だけちょっと長くするとかしてましたね
林:人はどんな状況でも楽しみを見出せるんだ

 

■うんていが3種類、のぼり棒の数も多い小学校

石川:ここが小学校です
林:グランドやっぱり広い
石川:広いですね。うんていもこんないる?って感じですよね
西垣:2パターンあるんですね
石川:2パターンの1つは、高い方と低い方があって、3種類ありますね
林:うんていもそうだけど、のぼり棒も随分多いなって…
西垣:のぼり放題ですね

石川:早く家に帰ってパソコンやりたいから、さっさと帰ってたんですよ
林:へぇー
石川:小学校2年生ではじめて買ってもらって
林:それって何だったの?
石川:MSXっていうパソコンでゲームができたんですよ
林:はいはい
石川:パソコンなんですけどカセットをさす口があって、ファミコンみたいに専用カセットが売られてたんですよ
西垣:はいはい
石川:それをガチャってさすとゲームができて、あとはささずに立ち上げると文字を打って使うパソコンで。プログラムをつくってゲームとかつくれるみたいな
西垣:すげーな
石川:当時雑誌があって。投稿作品のプログラムがたくさん載ってるんですよ、コードが。
林:うんうん
石川:それを見て打ち込むと同じゲームが家でできる
西垣:へえ。すごいな
石川:成績が良かったときご褒美みたいなの、よくあるじゃないですか
西垣:はいはい
石川:お母さんに1個分打ってもらったりしてました
西垣:え?
林:ええ?
石川:テストの点が良かったら、お母さんがそのゲームのコードを打ち込んでくれるとか…
林:え?そうなの?
西垣:すごいご褒美ですね
林:お母さん、そんなタイプ早かったの?
石川:一緒に始めたくらいなので、全然すごくはなかったですよ
林:いい話だけど、意外な感じの話しの展開だったね
西垣:手作りコード
林:お母さんの手作りコードでゲームしてたんだね

 

■古田織部っていう茶道の人知らないんですか?

林:このへん、大きな家が多い
石川:そうですね。でも普通にこんな家がたくさんあるから、立派とは思ってなかったですね
西垣:なるほど
石川:あ、この店潰れたんですね
西垣:何屋さん?
林:古い写真ないな、ここ
石川:ああ
林:クリックできると古い写真が出てくるんだけど、ここはないね。google1回しか来てないな
石川:見放されたエリアですね

林:さっき、なんとかのふるさともんじゅとか書いてあったけど、器かなんかなの?
石川:古田織部っていう茶道の人
林:?
石川:の出身地なんですけど
林:地元では超有名人なの?
石川:そうです、そうです。あ、知らないですか?
林:ごめん、知らない
石川:あ、そうか
西垣:はははっは
林:こどもいるよ
石川:当時のボクがいますね
西垣:小学生?
林:え?こんなかっこいいリュックなの?
西垣:ランドセルじゃないですね
石川:いや、ランドセルだった気がしますよ
林:めちゃめちゃ笑ってるよ、この子

20201210_doga5.jpg

石川:かわいいですね。かわったんですね。リュックになったんですね
林:他の子もリュックだね
石川:通学路の方へ行こうと思ったんですが、行けないみたいで
西垣:小学生の方の道ですか
林:ストリートビューの撮影が1回しか来てないし、適当に走ってるね
西垣:網羅する気ないですね
林:そうだよね、全然ないね
石川:ここは世界で入れないで置こうということですかね
西垣:ああ
石川:ここから先が僕が住んでたエリアなんですけど、分譲住宅地なんですよ
林:ほんとだ、急にかわるね
石川:わりとキチっと区画が決まってて。ここがコンビニみたいな店があったんですけど。
林:うん

20201210_doga6.jpg

石川:いわゆるチェーン店のコンビニとはちょっと違って
西垣:ふーん
林:独自コンビニ
西垣:はじめて見ますね
石川:生鮮食品が売ってる感じの
林:Mショップ
石川:あとは卓球台があって
西垣:あはははは
林:え?
石川:こどもが遊びに来るみたいな
西垣:すごい
林:急な展開ですね

20201210_doga7.jpg

石川:ここびっしり家で、森があって学校へ行けそうだけど山があるから無理ということでした
西垣:はいはい
林:この山の存在感すごいよね

実際の様子は動画「超地元!実家まわり観光案内【石川大樹・岐阜県 本巣市 編】」で確認してください。

 

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ