とくべつ企画「おもしろがり力」 2020年5月29日

飲み屋の「自称」を愛でる

日用品の買い出しに、普段あんまり行かない方面のスーパーに行ってみようと思って街を歩いていたところ、とある飲み屋の看板が目にとまりました。

飲み屋の看板ってよく、店名の前に「呑み処」なんていう「自称」が書いてあるじゃないですか? その店の看板には「即席割烹」と書いてあった。即席割烹? 割烹っていわゆる、ちょっといい料理屋さんって感じですよね。そこに「即席」がつくとどうなるんだ? 即席ラーメンみたいなインスタント食品を割烹料亭風に出してくれる店? 考えるほどに頭が混乱してきたぞ。

そんなことがあってあらためて眺めてみると、街には独特の「飲み屋の自称」があふれています。飲み屋には行くことがなかったこの2ヶ月だったけど、看板の自称を愛でるという楽しみかたならできる。家から散歩がてらに行ける範囲内でもかなり種類豊富だった、飲み屋の自称たちをご紹介します。

ちなみに今回は、おもしろい店名などの情報が加わると気が散ってしまうので、自称以外の情報はすべて伏せてお送りします。

1978年東京生まれ。酒場ライター、他。酒カルチャー雑誌「酒場人」監修をはじめ、いろいろとやらせてもらってます。(インタビュー動画)

前の記事:「羽つき○○」をあれこれ試してたら新しいピザが生まれた話

> 個人サイト 羅刹レコーズ/パリッコ オフィシャル

割烹系

002.jpg
「割烹」

シンプル。

003.jpg
「即席割烹」

これ! 「即席」を辞書で調べてみると「その場ですぐにすること」とあります。って、大抵の飲食店はそうなんじゃないか?

004.jpg
「すたんど割烹」

もう、なんなの!?

005.jpg
「からあげ割烹」

割烹の概念が崩壊していく!

ちなみに上の「からあげ割烹」はすいません、飲み屋じゃなくて、テイクアウト専門のチェーンのから揚げ屋さんの看板にしれっと書いてあったもの。こんな機会じゃなければ絶対気づかなかっただろうな~。

居酒屋/酒場系

006.jpg
「居酒屋」

 ザ・王道。

007.jpg
「海鮮居酒屋」
008.jpg
「炭火焼居酒屋」

丁寧に説明をプラス

009.jpg
「和風居酒屋」

居酒屋に「和風」いるぅ? と思いきや、

010.jpg
「洋風居酒屋」

もあるわけで、和風を強調したくもなるか。

011.jpg
「JAPANESE TAVERNS」

TAVERNSとは英語で居酒屋のこと。つまりは、洋風「和風居酒屋」。

012.jpg
「大衆酒場」

これも王道。以下はその派生。

013.jpg
「ごちそう酒場」
014.jpg
「兄弟酒場」
015.jpg
「酒馬」

看板で誤字? ではなく、馬肉料理専門の酒場のようです。

016.jpg
「酒房」
017.jpg
「厨房」
018.jpg
「酒蔵」

どれもよく見る気がするけど、書き出してみるといろいろあるもんだなぁ。

019.jpg
「小料理」

これもよく見る自称ですが、そんなことより横の「おとうふのいたずら」が気になりすぎて! なんか消そうとしてあるけどぜんぜん消えてないし!

いったん広告です

家系

自称をあれこれ愛でるなかで気がついたのが、意外と多い「家系」の存在。こういうのです。

020.jpg
「台所料理の店」

外食店でありながら、家庭の味を主張するタイプ。故郷を出てきてひとり暮らしをする若者なんかに対しての、店主のあふれる優しさなのかもしれませんね。

021.jpg
「おうちごはん」
022.jpg
「創作おうちダイニング」

まさか「創作」と「ダイニング」の間に挟まれるとは予想していなかったでしょうね。「おうち」も。

023.jpg
「沖縄家庭料理居酒屋」

東京で沖縄の家庭料理が食べられるとなると、がぜん魅力的。

説明が親切

お次は、ぱっと見で「あぁ、そういう店か」とわかる、説明が親切な自称たち。

024.jpg
「酒と肴の店」

たいていの飲み屋がそうですけども。

025.jpg
「酒も肴も旨い店」

「酒は旨いが肴はまずい店」とかあったらむしろ気になる。

026.jpg
「焼酎&梅酒バー」

そのふたつが好きな人にとってはたまらんでしょう。

027.jpg
「肉と小料理の酒場」
028.jpg
「旬魚旬菜手打ちそば」
029.jpg
「立ち呑み屋さん」

あ~わかりやすい!

〇〇処

030.jpg
「お食事酒処」

「酒処」ってのも超王道ですよね。この〇〇処が、思った以上にいろいろありました。

031.jpg
「呑み処」

酒処と並ぶ、2大〇〇処。

032.jpg
「お食事・呑み処 定食屋」

3つも名乗るなんてよくばり!

033.jpg
「呑み喰い処」

このあたりで気がついたんですが、「処」がつくと「飲み食い」が「呑み喰い」になりがち。

034.jpg
「呑み喰い処」
035.jpg
「呑み処 喰べ処」

ほらね。ストレートよりちょっと小粋な感じがするからでしょうか?

036.jpg
「のみくい うたい処」

要するにカラオケ居酒屋だ。

055.jpg
業態は一緒だ

〇〇処はまだまだあります。

037.jpg
「肴処」
038.jpg
「味処」

このあたりは、酒より料理に力を入れているタイプかな。

039.jpg
「酔い処」

こちらはその逆。潔くていいですね~。

040.jpg
「くつろぎ処」
041.jpg
「楽処」

お客さんに求める状態+処。

いったん広告です

フリースタイル

ちょっと分類の難しかった自称たち。

042.jpg
「酒味」

しゅみ、と読むのかな? 酒にも味にも自信があるのに、「いえいえ、うちなんて趣味でやってるようなもんですから」と謙遜もしているような?

043.jpg
「きまぐれ Diner」

いいと思う。

044.jpg
「くいしんぼうバル」

店主と客、どっちが?

045.jpg
「歌えるビストロバー」

要素多いな!

パブ/スナック系

飲み屋のなかでも特に言ったもん勝ちな空気なのがこのジャンル。もはや正確な分別は不可能ですよね。

046.jpg
「スナック」

王道の貫禄。

047.jpg
「カラオケSNACK」

たいがいのスナックにはカラオケがあるもんだけどね。

048.jpg
「ファミリースナック」

家族連れで行けるほど気さくなスナックということ? それとも、親子3代家族経営のスナック?

049.jpg
「スナキャバ」

スナック+キャバレーでしょうが、こういう造語は日本全国いくらでもありそう。そういえば前にどっかの駅前で「イザック」ってのも見たな。無論、居酒屋+スナックだと思われ。

050.jpg
「パブ」

スナックとの明確な違いがわからないけどこれもよくある、パブ。

051.jpg
「カラオケPUB」

日本人って本当カラオケ好きね。

052.jpg
「レストランパブ」

急に威厳が増す感じ。

053.jpg
「パブスナック」

う~ん、ギブアップ!


というわけで、地元だけでもこれだけ見つかった飲み屋の自称。写真を撮り集めるにつれ、「うわ、レア発見!」みたいな興奮も感じて、どんどん楽しくなっていきました。

かなりコレクション性の高い趣味になりそうなので、今後もいろんな街で愛で続けていきたいと思います。

054.jpg
今回集めたなかでもっとも特殊だった自称
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ