とくべつ企画「おもしろがり力」 2020年5月28日

お菓子のあけくちのピリピリやるとこ研究

コンビニでお菓子を見ていて気づいたのだけど、箱のお菓子の開け口が昔と変わっている。

リボン状になったミシン目のふちをひっぱってピリピリッと開ける、あのタイプがずいぶん減っている気がする。

あのリボン状の開け口について、いろいろ買って調べてみた。

インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。(動画インタビュー)

前の記事:通勤タイムアタック【デジタルリマスター版)

> 個人サイト nomoonwalk

もはやマイノリティ

お菓子売り場を見ていると、あけ口はこれらのタイプが多い。

DSC06262.JPG
上にパカッと開けるやつと、箱にかぶさってるフタをペコッと折って開けるやつ

で、今回フィーチャーしたいのは、こういうやつだ。

DSC06261.JPG
こういうリボン状になっているやつ


お菓子の話をしていたのにサンプルが片方カップスープになってしまった。
そのくらい、お菓子でこのタイプのパッケージが減っていたのだ。(今回はコンビニで探したので、スーパーに行けばもっとあるとは思う)


リボン十人十色

で、今回注目したいのはその「減っている」という点ではなくて、リボンの形についてだ。

さっきのルヴァンプライムとクノールのコーンスープ、りぼんのミシン目をトレースしてみると、こんな感じになっている。

DSC06261-2.jpg
ただの点線ではなく、節(ふし)のようになっている

これがむかしながらの標準形だ。しかし売り場を改めて見てみると、かなりバリエーションに富んでいる。

DSC06222.JPG

DSC06222-2.jpg
ふつうのトッポは左が太くて右が細い

 

DSC06225.JPG

DSC06225-2.jpg
同じトッポシリーズでも、「太いトッポ」は一直線。ただ、まんなかに謎の縦線がある。

DSC06232.jpg

DSC06232-2.jpg
コアラのマーチは、左右両開け口で、まんなかにふたを閉めるための爪がある。リボン全体もなんだか湾曲していて、一直線ではない。

 

DSC06283.JPG
ちなみに爪にもいろいろあって、コアラのマーチはリボンを切り取った一部が爪になるけど、ルヴァンプライムはリボンを開けた中に別に爪が入っている。

 

DSC06238.JPG
お菓子以外では、スティックタイプのインスタントコーヒーがリボンタイプを採用している。ただ、おなじブレンディのスティックタイプでも…

DSC06247.JPG

DSC06247-2.jpg
箱のサイズによって、左が太くなってるものとそうでないもの、両方あるようだ。
DSC06244.JPG
あと注目すべき点として、爪より左側だけ、ミシン目が矢印型になっている
DSC06244-2.jpg
ここね

は~いろいろあるな~、という感じだ。あけ口界もダイバシティの時代である。

しかしですね、これらは無駄にいろいろあるわけではないのだ。各社開けやすいように工夫を凝らした結果、こうなっている。

……はずである。はずであるが、もしかしたら単に「いろいろあった方がおもしろいじゃん」的にこうなっている、あるいは各担当者が好き勝手作ったため、統一されていないという可能性もゼロとは言えない。

本当にこれらが機能的なのか、ちょっと検証してみたい。

左側が太いシリーズ

持ち手側が太くなっているものがいくつかあった。
単に持ちやすさのためだと思うのだが、それにしても気になることがある。

DSC06237.JPG

DSC06237-x.jpg
さっきも載せたが、ブレンディスティック濃厚カフェオレ。だんだん幅が狭まっていく左半分は、Yの字になっている

 

DSC06239.JPG

DSC06239-x.jpg
これも左端だけ微妙に広いのだが、傾斜がゆるいためか最初のミシン目だけがYの字

 

DSC06222.JPG

DSC06222-3.jpg
トッポは、この部分だけミシン目の向きが違う

 

この謎を探るべく、実際に開けるところを動画で撮ってみた。

 


撮影中、部屋にいた子供が「開封動画撮ってるの!?」と言いながら寄ってきた。言われてみれば純度100%の開封動画である。中身の紹介とかなしでほんとに開封だけの。

で、この動画を見ると分かるのだが、紙の破れ方には2つの要素があるようだ。


A.紙はひっぱる方向(右方向)に破れる
B.紙は細いところでちぎれる

まず直線の場合、

1.gif

右方向に引っ張るので右に破れる。そうするとすぐ下に次のミシン目があるため、紙に細い部分ができて、ちぎれる。
ただ持ち手の太いものは……

2.gif

通常のミシン目だと、右方向に破れると次のミシン目から遠ざかってしまうため、Bの「細いところでちぎれる」が作用しないのだ。
そこで、右方向のミシン目をY字にしたり、くねっと曲がる方向を逆にする。

3.gif

Y字になっている理由、おわかりいただけただろうか。

そもそも逆のほうが良くない?

上のアニメーションを作っていて思ったのだが、これ、ミシン目の節の向きが逆のほうが良くない?

だって今使われているものだと、もしちょっと破るのに失敗したら、

4.gif

こうやって下にズバーッて破れていってしまう。
でもミシン目の方向を逆にすれば、ちょっと変な方向にやぶれてしまっても……

5.gif

こうやって、リカバリできると思うのだ。

そこで実際やってみた。

DSC06278.JPG
実際にミシン目を作ってテスト


マスキングテープに、2パターンの切りこみを入れた。

上が、通常と逆のもの。僕がより開けやすいであろうと考えたものだ。

下が、一般的に使われているミシン目の切り方。

a.gif
僕が考えたほうは、すぐにリボンが切れてしまった!
b.gif
一般的なミシン目は、スムーズにはがすことができた

なるほど、切りやすさだけではなく、リボン自体の切れにくさも考慮する必要があったのだ。

素人の浅知恵が一瞬で論破され、むしろすがすがしささえある。

いったん広告です

コアラのマーチの不可解さ

さて、今回集めた箱の中で一番異質だったのは、このコアラのマーチだ。

DSC06232.jpg

DSC06232-2.jpg
何もかもいままでと違う

リボン全体が下向きに湾曲しているのに加え、よくみるとリボンのミシン目が、いつもの形ではない。

hutu.jpg
ミシン目の形が、山型というか、( )を90度倒したような形

このミシン目の形に注目したい。なぜこんな形なのか。これも開封動画を見てほしい。

 
途中で破れてしまった!

といっても、コアラのマーチのミシン目がイマイチということではない。実は箱の構造的に、ミシン目設計の難易度がめちゃくちゃ高いのだ。

六角形の箱は、開封するとき箱をおさえる右手の力で、箱全体がゆがむ。そうすると紙の破れる方向も乱れる。コントロールが難しいということだ。

その解決策として、「より切り離しやすい」ミシン目を使用しているものと思われる。

DSC06275.JPG
切り口を比べてみよう

同じロッテ製品でリボンの切り口をくらべてみると、右のトッポは紙が破れた断面(グレーのところ)が大きいのに対して、コアラのマーチはほとんどない。

これは手でちぎった部分が少ないということ。つまり、より軽い力で切り離しやすいミシン目の形があの( )を倒したような形だったということなのではないか。

答え合わせ

さて、ここまで書いてきたことはぜんぶ独自研究というか、僕が現物パッケージを調べて「こうかな…」と思ったことを書いただけだ。
まったくの見当外れということもあるし、せっかくなのでメーカーにも問い合わせてみた。

ブレンディスティック編(回答:味の素AGF(株)広報部)

――ブレンディスティックのリボンは、商品によって、左の持ち手側が太いものとそうでないのがありました。それはなぜ?

DSC06247.JPG

DSC06247-2.jpg
違いは何?

 回答:実は3つとも「OPEN」側を太くしています。 製品ごとに箱の寸法とつまみやすさのバランスを見ながら調整しているので、両者の角度には差があります。

え、まじ?白い箱のクリーミーカフェオレは一直線じゃない?

hikaku.jpg
太くなってた……

こんな目視で気付かないレベルで微調整が行われていたとは…!

――左半分のミシン目が矢印状になっているのはなぜ?
回答:斜めの部分がきれいに開くようにする為です。 力のかかる向きなどを考慮しながら、製品毎に調整しています。

これは予想通りだ!

 

トッポ・コアラのマーチ編(回答:(株)ロッテ広報部)

――トッポのリボンは、左端の持ち手部分だけ太くなっていますが、持ちやすくするなら全体に太くすればよくないですか?

回答:全体を太くしてしまうと、箱に対して開口部が大きくなってしまうため、左端以外は細くなっています。

なるほど、リボンのことばかり考えていて、残された箱のことは全く頭になかった!

―—太いトッポのリボン部分には、なぜ縦の切れ目が入っているのですか?

DSC06225.JPG

DSC06225-2.jpg
これね

 回答:ジッパー(開け口)付近や真ん中あたりを持って開けたときに、ジッパーが途中で切れてしまう、というご指摘をいただきました。強度を出すために、縦方向のミシン目をつけました。

え、そうなんだ…。こんな縦線が入っていたらかえって切れやすそうだと思ったのだけど、まだ僕が解明できていない未知の挙動があるのだろう。

あと、ずっと僕が「リボン」と呼んでいたこの部分、正しくはジッパーというんですね。

――コアラのマーチについて、トッポと異なり、ミシン目の形状が山型になっているのはなぜでしょうか?

hutu.jpg
これです

僕の研究によると「箱が六角形だから切り離しやすいように」だが、はたして…?

回答:コアラのマーチのジッパーは 右利き・左利き、どちらの方にも対応できるユニバーサルデザインになっています。そのため右からでも左からでも開けやすいように、切り込みが入っています。結果的にその形が山型になりました。

あーーーーー!

DSC06232.jpg
コアラのマーチは両側オープン

なるほど!!!!

さっきマスキングテープで実験したとおり、普通のミシン目は逆からひっぱるとすぐにリボンがちぎれてしまう。そうならないための両側から開けられるミシン目、それがこの山型だったというわけだ。

バリアフリーのために考えられたミシン目。コアラのマーチの好感度が一気に上がった。

その他よもやま

取材はここまででまた独自調査に戻ります。ほかにはパッケージ全体での工夫というのもあって、

DSC06281.JPG
リボン以外にもあけ口がある

ブレンディシリーズはリボンを使って箱の天井から開けるほか、箱の真ん中にもミシン目があり、切り離せばスタンドケースになる!さらに底面をパカッと開けることもできて、3WAYなのだ。便利!

あと意表を突かれたのがこれ。

DSC06258.JPG
グレーの横線に沿ってミシン目が入っているのがわかりますか

スーパー戦隊チョコ。イラストに合わせてミシン目が入っている。これがあけ口だと思って買ってきたのだが、よく見ると、右下に「あけくちではありません」と書いてある。どういうこと……?

DSC06286.JPG
なんと、箱をおもちゃに変形させるためのミシン目だった


スーパー戦隊の作中にはしご車をモチーフにしたマシンが登場する。箱を使ってそのマシンを作ることができるようになっており、そのはしごを持ち上げるためのギミックだったのだ。

ユニバーサルデザインにしたりおもちゃになったり、まだまだミシン目には無限の可能性が秘められているのかもしれない……。


他の素材にも

そういえば最近はAmazonの段ボールも、こういうピリピリって破るタイプのものがある。あれはどういう形だったか。

あとペットボトルのラベルも、こうやってピリピリやって分別できるタイプのがある。

まだまだ研究の余地があるな、ミシン目。

告知:ヘボコン・オンライン 6/7(日)開催!

ロボットなんて作れない人たちが、自作の「自称・ロボット」を持ち寄り無理やりロボットバトルをするイベント、「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」。今年1回目の大会を、オンラインで開催します!
 


イベントはYoutube Liveでご覧いただけます。くわしくは告知ページにて!
https://dailyportalz.jp/kiji/hebocon-online-announcement

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ