特集 2020年2月2日

西vs東 ごはんのおとも大推薦祭り〜大発表編〜

続々と集まりましたよ。先日こちらの記事で募集した、自分の生まれ故郷や住んでいた街など、縁ある場所ならではの「ごはんのおとも」情報が。それはもう続々と

想像していたことではありますが、誰もがこだわりのひとつやふたつは持っている、ごはんのおともというジャンル。そこに東西対決の要素も加わってしまうわけで、ひとつひとつへの思い入れが熱い熱い!
というわけで今回は、全国から集まったごはんのおとも情報を、どーんと大発表します!

(編集部より)今回の企画は2020年2月8日~9日に二子玉川で行われるイベント「二子玉川らいす2020
ごはんのおとも東西決戦」
との連携企画となっております!
東西の考え方は以下の通りです!

東日本:北海道・東北・関東・中部(北陸含む)
西日本:近畿・中国・四国・九州(沖縄含む)

1978年東京生まれ。酒場ライター、他。酒カルチャー雑誌「酒場人」監修をはじめ、いろいろとやらせてもらってます。(インタビュー動画)

前の記事:無理をしなければ満足できる 勝手に食べ放題2020 築地銀だこ ハイボール酒場編

> 個人サイト 羅刹レコーズ/パリッコ オフィシャル

明太子から始まるストーリー

まずは同じ品物に複数票が集まった、人気の高かったごはんのおともから紹介していきましょう。

・西日本【福岡】

シマリスさん
福岡育ちの私は、辛子明太子です。九州在住者は「推し明太子メーカー」があると思いますが、それほど数多くの明太子メーカーを生み出す理由となった(DPZでも紹介済みの)「ふくや」初代社長の心意気も込めて1票です。

あおさん
博多の料亭「稚加榮」の明太子。
ふくや等、福岡の明太子を色々食べ比べしてみた中で一番気に入っているのでお薦めしたい。
他のメーカーは滑らかな舌触りだが、ここのは粒の食感がはっきりしているのが好き。いか明太も美味。

博多っ子さん
福岡市出身です。福岡市といえば辛子明太子です!!
福岡市民宅の冷蔵庫には毎日明太子が置いてあると思われがちですが、実はそんなに食べないです。何故なら家庭用明太子でもそこそこお高いから…。なので、頑張った日(運動会とか)のご褒美で親が買ってくれていました。
同じく福岡にはからし高菜がありますが、こっちはご飯のお供というより、博多ラーメンのお供って感じです。

明太子人気高し! 僕も個人的に真っ先に思い浮かべるごはんのおともといえば明太子なので、それも納得。そして、本場の方々はこだわりもすごい!

051.jpg
写真はこちらの記事より

・西日本【熊本】

Casinoさん
東京生まれ、東京育ち、神奈川在住ですが、父が熊本出身なので、家の食文化は九州寄りでした。そのため、ご飯のお供と言えば、高菜でした。(辛子明太子はおつまみ・お茶受けでした)
漬け込んだ状態で売っている高菜の漬け汁を絞って刻んでそのまま(もしくは化調をかけて)ご飯に乗せるのも悪くはありませんが、洗って絞って刻んだ高菜を鰹節&しらすと共に胡麻油で炒めて醤油で調味したものが旨しょっぱくて好きです。 

・西日本【福岡】

OrsoPoppyさん
両親の地元の福岡の高菜漬けです。今でも食べたいです。おにぎり包んでもいいし、刻んでご飯に混ぜてもいいし、ちょっと酸っぱくなったのを豚肉の細切りと一緒に炒めたのもいけます。実はいま在米なんですが、なにか代用品はないかな。

シマリスさん
福岡出身です。先に辛子明太子に一票入れましたが、チャーハンにしても美味しい「辛子高菜」にも一票入れさせて下さい。

明太子より高菜派! という方々も。シマリスさんにいたっては、両方に1票ずついれちゃった!

さらには、

・西日本【福岡】

ちゅん。さん
福岡です。明太子が食卓に上らなかった我が家では「味付け海苔」がご飯のお供でした。ちょっと醤油をつけた海苔でご飯をクルンと包んで食べるのは
子供時分の良いお箸トレーニングだったと思います。持病で塩分制限を課せられた今でも 塩分量度外視で大好きです。

・西日本【福岡】

スキマソケットさん
福岡南部(筑後)〜熊本の各地では「もろみ」が「しょんしょん」と呼ばれてますが、個人的にごはんのおともとしてイチ押しなのは「マルヱのしょんしょん」。通常のもろみよりもユルくて甘め。同じ福岡でも筑後の人たちなら、明太子よりもこちらがごはんのおともとしてなじみ深いはず。瓶入りなので日持ちするし。おろし生姜(チューブでも)をちょい足しするのもまた良し。もちろん、もろきゅうにするのもイケる。地元以外でもセレクトショップでたまに見かけるかも?

 こんな興味深いものたちも。

東日本の逆襲

ここまでは西日本、九州勢の勢いが圧倒的でしたが、もちろん東日本だって負けてません。

・東日本【北海道】

のっぽさん
北海道は色々旨いもの多いですが、ご飯のおともと言ったら「ニシンの切り込み」ですね。
最近は塩分控えめの物がありますがやはり昔ながらのしょっぱいやつが最高です。

もっちーさん
大好きなごはんのお供は、「ニシンの切込み」です。
ニシンを塩や麹、唐辛子などに付け込んで発酵させた、塩辛的な郷土料理です。
ごはんも、酒も進む、やばい奴です。
常設の北海道物産店なら割と売られているので、是非食べていただきたい。

pikaringさん
松前漬けも捨てがたいけどこの時期ならニシンの切込みが欠かせない。正月過ぎて安くなった数の子を加えて親子にしちゃうとご飯が止まらない!

フク★さん
「きりこみ」。にしんを塩と麹でつけてあります。それだけはハッキリしているのですが、数の子が入っていたような気がする…鷹の爪も入っていたような…。説明がおぼろげになるのは全てが麹にまみれているから。塩味でご飯が進む進む。

北海道ではニシンの切り込みが大人気! 麹きまみれたおぼろげな美味……。

kirikomi.jpg
写真はこちらの記事より

 

・東日本【宮城】

テト村さん
宮城県には「しそ巻」があります!
甘じょっぱい味噌をしそで巻き、それを爪楊枝に5つくらい刺したものです。
味が濃いの1つを1センチくらいずつ、ちびちびとご飯とともにいただきます。
大人になってからはお酒がすすむ幸せの味です。

ぶんたろうさん
母方が仙台周辺なのでその辺り、もしくは大雑把に東北の食べ物になるのかもしれません。味噌に砂糖やクルミやらいろいろ混ぜ込んだものを、青じその葉で包んで揚げ焼きにしたものです。香ばしさ、しょっぱいやら甘いやらで、とにかくごはんが止まらないです。

・東日本【山形】

こたろうさん
しそ巻をおすすめします。揚げた青じそで、甘い味噌を巻いたものです。味噌の中に具が入っています。以前、くるみが中に入っているものを食べたのですが、あまりにもおいしすぎて、一緒に食べていたごはんが消えてからは、単体でばくばく食べてしまいました.
。甘さがあるので、おやつにもぴったりです。

・東日本【岩手】

みさえ(仮)さん
祖母の実家のあった岩手はご飯のお供の宝庫。中でもしそ巻きは1個でご飯1膳いける憎いやつ…。

東北ではしそ巻きが大人気。ご飯に良し酒に良し。僕も大好きです。

兵庫にはいかなご以外もある! 

・西日本【兵庫】

じゅんさん
兵庫県南部(明石・神戸)のいかなごの釘煮はすでに出ていましたが、同じ兵庫県南部の相生・赤穂には牡蠣の佃煮があるんですよ。いかなごのように遠慮なくムシャムシャと、とはいきませんが、旨味は段違いです。

・西日本【兵庫】

山琴さん
神戸でご飯のおともといえば「イカナゴの釘煮」だと思うんだけど、やっぱり真っ先に挙がってたね。
他に思いつくのが、ちょっとええ味付け海苔こと淡路の「大江のり」。ほんのりと辛味を感じるほど味が濃く、厚みもあってパリッとした食感も嬉しい大江のりは、ご飯のおともとしてはもちろん、酒のええ肴としても頼もしい。 

・西日本【兵庫】

おはるさん
兵庫県南部在住です。いかなごは子どものころから食べ飽きて、今は春先に炊いている香りを嗅ぐのすらいなになる始末…。そんな自分にとって最高のご飯のお伴は、のりの佃煮こと「アラ!」。関東にはあまり流通していないと聞きました。醤油の塩分が控えめで控えめに甘い味付けです。ごはんのおともはもちろんですが、だし巻き玉子で巻いたり、おにぎりの具にして、焼きのり(関西は基本味のりですが)でマイルドに食べるのも好きです。

6887.jpg
「アラ!」のおにぎりの写真がありました(こちらの記事より)

いかなごのくぎ煮は、募集回でさっそく登場した兵庫を代表するごはんのおともですが、「まだまだあるよ」と続々と。 

・東日本【静岡】

小ライス,大盛りで. さん
母の実家が静岡だもんで,わさび漬けをしょっしゅう食べてました. 駅弁にも入ってたくらいど定番のご飯のお供です.
(ご飯なしでも,ちくわと一緒に食べたり) ノーマルだけでなく,わさびのりとかかずのこ入りなんかもあって,それはそれでおいしいです.
いまでも静岡行くとミニカップをどさっと買って,冷凍保存してちょこちょこ食べてます.

さささとうううさん
わさび漬けが最強ですね。辛すぎずわさびの風味が楽しめるのでとても好きです。

004.jpg
写真はこちらの記事より。残念ながらアボカドには合わず! ごはんと食べよう!

 

・東日本【北海道】

こみゅーんさん
僕は北海道から「山わさび」を推薦いたします。むかない安藤さんのシリーズでも「レホール」として出ておりました。
山わさびをすりおりし、それに醤油をかけたものを、アツアツのご飯にかけて食してみると…。辛ーっ!となりながらもクセになるうまさ。むせることもあります。現在はスーパーでも一年中販売していますが、昔は雪融け頃、川っぷちや空き地に自生しているもの掘ってきて楽しんでおりました。

genicoさん
北海道のご飯のともは、いくらの醤油漬けや塩辛など色々ありますが、やっぱり山わさびでしょう!その辺に生えてるのを母が昔よく取ってきてくれました。ツーンとした爽やかな辛味でご飯を何杯でも食べたくなちゃいますよ。

うわー、もう口が完全にワサビ!

026.jpg
写真はこちらの記事より

海からの贈り物

・西日本【大分】

EBさん
大分県の「りゅうきゅう」です。サバやブリなどの刺し身を、たっぷりのごまと醤油、みりんなどで作られたタレに漬け込んだものです。
薬味と合わせてこのまま食べてもごはんのおかずにいいですが、タレとともに茶漬けにするのも大変美味しいです。個人的には熱湯でしっかり茹であげて、身をホロホロにして食べるのが最高です。
ところで、このなんとも不思議な名前の由来ですが、琉球とも千利休とも、諸説あるようです。

・西日本【宮崎】

かずぅ。さん
おともというかぶっかけ系だけど、宮崎のかつおめし。酒醤油砂糖ごま山椒に1日くらい漬け込んだもの(親が作ってたから材料定かでないけどそんな感じかなと)。ご飯に乗せてお湯かけて食べるのがデフォだけど、お湯かけないで食べたり漬け込んだタレだけかけたりしてた。

サバやブリ、カツオという差はあれど、やはり同じ九州内、食べかたがよく似ています。

・東日本【福島】

新浜くるみさん
私が住んでる福島県県北地域のごはんのお供といえば「阿武隈の紅葉漬」鮭を小さく切って麹に漬けたものです(たまに入ってるイクラがたまらぬ)これで際限なくご飯が食べられます!
新米の季節に鮭もシーズンになり、紅鮭バージョンが出たりお米との親和性高し。
元々は福島市内のお魚屋さんが製造していたのですが、そのお店が畳まれた後に阿武隈の紅葉漬本舗として、紅葉漬の製造会社が出来ました。ずっと売っていて欲しい逸品です。

これまたたまらなそう! たまに入ってるイクラ……ごくり。

・西日本【福井】

北の庄さん
へしこ。鯖を塩辛く糠漬けにしたもので、糠を落として、薄切りを生でいってよし、ぶつ切りにして焼いてよし、しょっぱさと鯖の脂と糠の旨みがごはんに合う!お茶づけなんかにしちゃったときの、この至福。

17.jpg
写真はこちらの記事より

へしこ大好き! 居酒屋で見つけると必ず頼んじゃいます。こんどお茶漬けにもしてみよう。

・東日本【岩手】
 
ABGKさん
関東以西の人たち全然食べないんだけど、すじこが最高。大体食卓にある。いくらよりすじこ。あのしょっぱさがたまらない。おにぎりの具もすじこがナンバーワン。巻物といえばすじこ巻き。

すじこね~。ねっとり濃厚で、イクラとはまた違う良さがありますよね。

004.jpg
写真はこちらの記事より

 

・東日本【富山】

chiccaさん
黒作り。塩辛を更にイカ墨で和えたもので、しょっぱさでご飯すすむ〜日本酒もすすむんじゃないですかね知らんけど。

01-007.jpg
奥に黒く光るホタルイカの黒作り こちらの記事より

 

・東日本【宮城】

ぶんたろうさん
「イカの塩辛」仙台周辺出身の祖母がよく作ってくれました。新鮮なイカで、ちゃんとワタも入ってました。正直、市販の塩辛よりも美味しかった。母が作っても塩加減が難しく、祖母の味にはならないそうです。もう食べられない味です。

017.jpg
写真はこちらの記事より

 

・東日本【岩手】

澤田学さん
岩手三陸「塩ウニ」。ウニを塩漬けにした珍味。体積はちっちゃくなるけど味も甘みも別次元に濃くなってご飯に合う!幼き頃ご飯を食べ終わってもチビチビ箸で舐めてたら、この子は将来酒飲みになると言われたものです。

塩辛に塩うに! 東日本のみなさん、ちょっと手加減してあげて! と思いきや、

・西日本【福井】

chiccaさん
父の姉夫婦が福井に住んでいた時、送られてきたのが父の好物、塩うにともみわかめ。
ピリつくほど塩気のあるうに。
そして一升瓶いっぱいのもみわかめは、ふりかけなんですがバリバリに口の中を刺す #ケガめし 案件でもある。

西にもあるぞ! 塩うに!

・西日本【山口】

しゃんでりあさん
山口県民の一人として『萩 井上のしそわかめ』を推します!!
ソフトタイプのふりかけで、温かいご飯の上にかけてもよし、混ぜてもよし、弁当で冷たくなっても美味です。
よく山口土産としても購入されているようです。

・西日本【島根】

ヨモギさん
島根から「板ワカメ」を推薦。
両親が島根出身で板ワカメを欠かしませんでした。保存もきくしカロリーの不安もない。茎のしょっぱい部分をおかずに残りの葉っぱをご飯にのせて食べるのが好き。

01.jpg
板ワカメは当サイトでもライター西村さんが一押しするごはんのおとも…! 写真はこちらの記事より

 

・西日本【広島】

とある猫下僕さん
ごはんのおともと聞いて真っ先に浮かぶのは株式会社ヒロツクの「こもち昆布」。
昆布と魚卵の佃煮で甘辛&プチプチ食感がくせになります。
おむすびに入れても美味しいですよ。

・西日本【三重】

ちょこさん
伊勢、志摩地方からは青さのりの佃煮を押します。
店、家によって味付けが違うため、好みの味に出会うとうれしくなります。
少なくなったら瓶に白飯入れてごちゃ混ぜにしてかきこみます。

 西日本、海藻もの強し。

・東日本【千葉】
 
昆布娘さん
ごはんのお供に塩昆布です。醤油を主とした調味料で煮て味塩をまぶしたものですが、ごはんに乗せてよしおにぎりによし。関西に来てから塩昆布を知ったのですが(当方千葉出身)塩昆布とほうじ茶のお茶漬けをさらさらといただく時、幸せを感じます。
・東日本【神奈川】
 
あおさん
出川哲朗さんのご実家、横浜は蔦金商店の「元気のりのり わさび味」。
ピリッとわさびの辛味が効いているのでそのまま白ご飯にonでも、刻んで海鮮丼や納豆ご飯等にかけても。
おつまみにしても良し。

が、もちろん東にだってある。 

ごはんのおともの花形「お漬物」!

・東日本【千葉】

うに右衛門さん
千葉県・茨城県の利根川流域のエリアでよく見られる「瓜の醤油漬け」。「鉄砲漬け」の名称でも知られています。
野田&銚子という醤油の二大生産地があって、漬け物も必然的に醤油味になるだろうよ、というエリア。夏によく育った白瓜を、秘伝の醤油ダレで漬け込みます。しょうがやシソの実、山椒の実といった薬味を混ぜて爽やかな味になる家もあれば、調味料のみでキリッと仕上げる家もあり、様々でなかなかに奥深いです。
自宅で漬けなくても、近所の道の駅などで容易に買える上、生産者も大小食品メーカーや個人のおじいちゃんおばあちゃんも含めて膨大にいて、「私はこの鉄砲漬けしか買わないの!」っていうこだわりを持つ人も多いです。
パリポリさっくりという歯ごたえの良さ、口いっぱいに広がる醤油の香ばしさ。白いご飯が何杯あっても足りません。細かく刻んでお茶漬けにしてもイケます。

・西日本【大阪】

牛乳プリンさん
泉州の水茄子漬けが美味しすぎます。初夏の短い期間しか出回りませんが、毎年必ず食べます。大きくて柔らかい水茄子を丸々一個糠漬けにして、糠ごとパック詰めにされてスーパーにならんでいます。糠を除いてヘタを取ってから、ウチでは手で割いて頂きます。瑞々しくジューシーで、皮が薄くて旨味が凄いので、ご飯が何杯でも食べられます。

011.jpg
まだ漬かっていない状態ですが、写真はこちらの記事より

 ウリとかナスの漬け物で白メシをかっこむ喜び。大人って感じでいいですよね。

・東日本【新潟】

はなさにめさん
しょうゆの実も好きだが、地元の、てなるとやはりホッポロ漬けを推します。卵かけご飯に入れてもいい。ご飯食べた後のお茶碗にお湯を入れてのむ風習?があるんですがお湯に入れても。

初めて聞いたんですが、刻み野菜のみそ漬けだそうで、そりゃあご飯に合うでしょうよ。

・西日本【三重】

あみさん
「伊賀漬け」。伊賀上野SAのレストランで注文するとサービスで小皿に取り放題だったので食べてみたらめっちゃはまりました。お醤油味にシソがきいていてめちゃくちゃご飯がすすむ素朴でにくいヤツ!
それ以来訪れる旅に自分に家族にと買って帰っております。

これまた変わった漬け物だ。メモメモ。

・東日本【群馬】

ずいずいさん
今思い出したけど、カリカリ梅は群馬発祥!カリカリ梅が入った日の丸ご飯の、梅の下にあって色移りした赤いご飯が大好き。

わかる!

・東日本【新潟】

ナカガミケイさん
きりざい。細かく刻んだ野沢菜などの漬物を納豆に混ぜた食べ物。
魚沼地域の郷土食なので、必然的にコシヒカリとセット。
最高以外のなにものでもない。

 似たようなものはよく晩酌のつまみに作ってますが、「きりざい」って郷土料理があるんですね。

・東日本【岐阜】

スミさん
酸っぱくなった白菜の浅漬けを水にさらして、ごま油で炒めて醤油で味付けした『にたくもじ』。
お好みで唐辛子振ると白いごはんが進みます。

日本にはまだまだ知らない料理がいっぱいだ! こんど作ってみよっと。

みそ、ふりかけ、その他あれこれ

・東日本【青森】

ばどしさん
青森県のコムラ醸造で製造している「元祖コムラのなんばんみそ 甘口」です。
仙台の牛タンにもなんばんみそはついていますが、あれよりもマイルド。
もろみと野菜の食感がとても美味しい。実家は農家で、昼ごはんの準備にあまり時間をかけられないこともあってか、よく食卓にあがっていた。
午後に向けてビンっと食べて力をつけるためには最高のご飯のお供だと思います(「しっかりと」という意味で母は「ビンと」という副詞をよく使っていました)。

・西日本【和歌山】

金山寺味噌という味噌に漬け物を混ぜ込んだものがよく食卓に出ていました。他県の人にお裾分けしても好評だったので、是非!

・東日本【山形】

タケ☆つか(赤丸四天王)さん
うこぎの味噌和え。
実家ではうこぎ味噌と呼んでました。
うこぎを茹でて刻んで味噌と混ぜるだけ(お手軽)!
味は山菜です。ほろ苦さが好きな人にはオススメ。
山菜は山に採りに行く(か買う)必要がありますが、山形の実家では庭にうこぎが半自生してるので調達が楽です。

みそ系、そのままおつまみにも、野菜につけても、もちろんご飯にもと、オールマイティーですよね。全国のみそをなめ比べたい。

・西日本【熊本】

okiさん
ご飯のお供といえば「御飯の友」です。子供のころから食べ親しんだお魚たっぷりの素朴な味です。

0メートルさん
ネーミングどストライクの「御飯の友」。いわばふりかけですが、自ら「御飯の友」と言い切っているものは他にはないかと。

こんなド直球の商品があるとは!

4-5.jpg
古い写真が2004年の記事に出ていました

 

・東日本【東京】

HOMAHIDEさん
東京からは錦松梅。
佃煮ふりかけってジャンルがもう間違いなくご飯に合う!
松の実がいいアクセントになってて大好きな一品。
公式サイトの豪傑の食道楽が作ったという文もかっこいい!

おお~ついに僕の出身地、東京のおともが! 食べたことないけど……。近々買ってみます。

09_02.jpg
写真はこちらの記事より

・西日本【愛媛】

グダ-グダさん
愛媛出身です。南西部で「削り蒲鉾」「花蒲鉾」と呼ばれるものがあります。専用に作ったかまぼこを乾燥させてから、かつお節のように薄く削ったもので、かつお節やとろろ昆布のポジションと入れ替えるといい仕事をします。ご飯にかけて、だし醤油をふた回しくらいすると、品のいいねこまんまになります。お吸い物にひとつかみ入れても、豆腐に散らしてもよい、万能おともです。地域がせまく、なかなか県外では買えないのですが。

品のいいねこまんま良さそう~。

08.jpg
写真はこちらの記事より

 

・東日本【青森】

みそさん
青森といえばヤマモト食品さんの『味よし』をおすすめしたいです!
粒状の数の子、刻まれた大根にキュウリ、スルメや昆布の醤油漬けなのですが、ご飯によくかけて食べていました。これと同じシリーズで『ねぶた漬』という数の子が多いものが青森土産では定番ですが、味よしのほうが大根などが多くてさっぱりとしていて個人的には好きです。ヤマモト食品さんが高円寺のほうに『ほんずなし』という立ち呑み屋をだされて売っているので、たまに寄っては買って帰ります。

・東日本【北海道】

ガクさん
松前漬けをおすすめします。粘りがあって旨味の塊のようなものなので、ご飯はもちろん豆腐に乗せてもいけますが、何と言ってもお茶漬けが最高です。かけるのはお湯だけで十分で、旨味が全体に広がり夢中でかっ込んでしまいます。ワサビと刻み海苔があればベスト。

 はい。松前漬け系。大好きです。

・西日本【京都】

歯磨き怪獣さん
京都出身です。ご飯の友といえば「ちりめん山椒」と「すぐき」。ちりめん山椒は全国区になったようですが、20年ほど前までは京都ローカル感が強かったです。祖母(生きていれば90歳代)は単に「おじゃこ」と呼んでいたような。
すぐきは酢茎菜という蕪を塩漬けにして乳酸発酵させたお漬物です。塩以外の調味料を使わないないので派手な味はしませんが、爽やかで美味しいです。そのままでも美味しいですが、さいの目に切ってご飯に乗せ、お醤油と卵の黄身を乗せるのが好きです。

「すぐき」、確かにおぼろげに聞いたことがあるくらいでよく知らなかった。ぜひ味わってみたいですね。 

IMG_6731.jpg
ちりめん山椒は全国区でカジュアルに買えるのも最高…! こちらの記事より

 

・西日本【京都】

LLさん
個人的に大好きなご飯のお供で、京都・おとうふの服部さんが作るおぼろ豆腐を推したく思います。まろやかな塩と味のりで豆腐丼の様にして食べるのが好みですが、だいたいどう食べても美味しくなります。なので色々試すのも楽しい食べ方です。

うおおー! 僕、スーパーで買った普通の豆腐でよく作るんですよ。豆腐丼。これは絶対に真似してみたいぞ……。 


というわけで、日本全国から集まった未知のごはんのおともたち。いかがだったでしょうか?

僕は完全にこの中のどれでもいいから今すぐ手に入れ、どんぶりめしをかっこみたい衝動にかられています。

当企画の募集はすでに締め切っておりますが、よければ引き続き、ハッシュタグ「#DPZご飯のおとも大推薦祭り」であなたのお気に入りのごはんのおともを教えてください!

個人的に参考にしたいだけだけど!

PR♪banner.jpg

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ