広告企画 2019年5月16日

奈良では絶品よもぎ団子を買ってシカと絶景を見るべし~地元の人頼りの旅 in 奈良~

鹿と見る絶景

ガイドブックに頼らずに、地元の人にお薦めの場所を聞いて周る旅はたのしい。

どんなところにたどりつくか分からないドキドキと、地元の人しか知らないような情報が得られて嬉しいからだ。

今回やってきたのは、鹿や大仏で有名な奈良市。いったいどんな旅になるのだろうか。

※これまでいろいろな場所で取材をした記事を読めば誰もが知ったかぶりできるはず。「知ったかぶり47」は、デイリーポータルZと地元のしごとに詳しいイーアイデムとのコラボ企画です。

愛知編:名鉄のナナちゃん人形の股を覗いてはいけない
鳥取編:まさか鳥取でうどんを食べるとは
滋賀編:彦根の心霊スポットが本気で怖い
宮城編:冷やし中華の元祖店では具を自分で乗せる
神奈川編:小田原にはトリックアートみたいな不思議な景色がある
佐賀編:佐賀には深夜23時から開く甘味処がある
静岡編:浜松で一番人気なのは小さな絵本屋さんだった
福岡編:福岡では70歳のおじいちゃんが作るハンバーガーを食べるべし
石川編:金沢ではニンニクたっぷりのステーキに気をつけろ!
愛媛編:松山には道路にみかんが転がっている島がある
栃木編:宇都宮では餃子があちこちで待ち受けている
兵庫編:神戸には空気が異常にキレイなカフェバーがある
富山編:富山市には市民が100%薦めてくる公園がある
岩手編:老舗わんこそば屋さんが薦めてきたのはカツ丼でした
京都編:京都の伏見稲荷大社は夜にこそ行くべし
長崎編:長崎では海辺でペンギンを見るべし
岡山編:ジーンズが破けたから出会えた岡山のやさしいオムライス

東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。
好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」(動画インタビュー)

前の記事:これが本当の大人の塗り絵だ~おばちゃん編~

> 個人サイト twitter

京都から45分

JR奈良駅にやってきた。13年ぶりくらいか。当時はガイドブック頼みでまわっていたけど、今回は地元の人の個人的に好きな所をききながらまわる。

きっと全く違う旅になるぞ。

002.jpg
きれいで賑やかな駅前。
003.jpg
立派な案内所でマップをゲットしつつお薦めを聞く

 

まずは、案内所の方が迷いなく「今のうちにいっとくといい」と教えてくれた所へ向かった。そこはまるで外国のお城のようだった。

 

お薦めスポット1:奈良少年刑務所の外観

004.jpg
か、かっこいい!お城ではなく元刑務所。

しょっぱなインパクトのある場所である。明治に建てられた五大監獄の一つで、レンガ造りが重厚。刑務所としては2017年3月に閉鎖となり、売却されて今後はホテルとして使われるようだ。

これから雰囲気も変わるだろうから、今見といた方が良いということだった。

005.jpg
中の様子は当ライター木村さんのレポートが詳しい「旧奈良監獄の“監獄としての最後の姿”を見に行った

眺めていると、定期的に車がやってきて外観を撮っていく人がチラホラ。車好きの間では車とゲートを撮るのが人気なのだとか。

私もレンタルした原付きと一緒に撮ればよかった。

006.jpg
たくさん教えてくれた女性。

散策していたらここにたどり着いたという女性に出会った。刑務所の裏にお花見スポットがあるというので向かってみることに。

007.jpg
元刑務所の辺りはちょっとしたお花見コースなのだ

 

008.jpg
刑務所の裏手。地元の人に聞かなければ入って良いのかもわからない入り口。

フェンスを入るとすぐ、一気に景色が開けた。陸上競技場を見下ろすように桜が楽しめるようになっているのだ。

お薦めスポット2:陸上競技場を見ながらお花見

009.jpg
「競技場の緑と桜の色の組み合わせが良いのよ」と言っていた景色。

芝生では家族やカップルがのんびりと日向ぼっこをしていた。おそらく地元の人しかこない穴場なのだろう、満開なのに広々とスペースを使えて羨ましい。

東京のようにカラスも飛んでないし、爽やかさ100%である。

010.jpg
毎年ここでお花見しているというご家族。子供が走り回れるこの広場が一番お気に入りだそう

お薦めスポット3:その距離5キロ!佐保川の桜

次に向かったのもお花見スポットである。季節柄もあってこの旅ずっと桜の見所を薦められた。春の奈良は到るところで桜が堪能できるのだ。

 

011.jpg
みごとな桜並木!これが5キロ続くってすごいな

 

012.jpg
わんこも気持ちよさそう。

 

この撮影ポイントはまあまあ人がいたけれど、渋滞するほどではなく、のんびり穏やかに桜が楽しめた。そう、奈良にきてまだほんの数時間なのだけど「のんびり」とした感じが凄まじい。

お薦めスポット4:予約しとこう「優月」のよもぎ団子

013.jpg
近鉄奈良駅近くの商店街にある優月。

 

元刑務所の前で会った女性がわざわざ電話してくれた和菓子屋さんである。こちらの団子がむちゃくちゃ好きらしいのだが、売り切れて何度も泣きをみたそうだ。

だが、電話すればお取り置きできるというのでキープしておいてもらった。

014.jpg
ああ、見るだけでもう一回食べたくなる。上はよもぎの中にあんこ、下はあんこの中によもぎが入ってる。

食べた瞬間、あまりの美味しさに手のひらでオデコを叩いた。恥ずかしながら衝撃をうけたときの典型的な行動がつい出てしまったのだ。

これまで私が食べてきた団子とは違う、作りたての「生」感がすごい。よもぎの薄い衣から小爆発したかのように現れた甘いつぶあんの衝撃、、今でも忘れられない。

 

015.jpg
「このお店のほんと美味しいのよ。私も好き」と店員さん。

キープしていたの以外は売り切れていたので予約しておいて本当に良かった。

なお夏の1ヶ月だけは暑さでよもぎの香りが変わってしまうため販売はお休みだそうだ。

お薦めスポット5:ならまち散策と、とんぼ玉「空歩」

 

016.jpg
小さいお店がたくさん入っている長屋にきた

近鉄奈良駅の南一帯を「ならまち」と呼ぶそうだ。昔ながらの町家が並び、こだわったものづくりのお店やオシャレな喫茶店なんかがあるエリアになる。

近くに女子大があるのもあって、女性好みのお店が多め。

 

017.jpg
団子屋さんが夢の中みたいで癒やされる、という「空歩」。吹きガラスやとんぼ玉が人気。

手作りというのがとても伝わる自然な風合いの作品がたくさん。お土産にじっくり時間をかけて選びたくなるお店だった。

018.jpg
実は団子屋さんの常連だった店員さん。お互いのお店が大好きという相思相愛の関係。

なおこの「ならまち」周辺はお薦めに何度もあがっている。たまに横の小道に逸れてみると面白いお店に巡りあえるのが良い。

 

019.jpg
落ち着きのあるまちなみで、散策が楽しい。
020.jpg
つい寄り道したくなるような素敵なお店にたどり着く。

さて次はお薦めの食事処へ!

次はコッペパンと平城京!
logo02.jpg
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓