特集 2022年9月23日

IKEAのチョコはチョコエッグの味がする

何もない休日は大体どこかのドリンクバーにいる。常に飲み物を飲めて、ある程度のざわめきがある空間が一番落ち着くし、集中出来るのだ。混んできたら次の場所に移るので、ドリンクバーのはしごをする時もある。

中でも一番行っているのはIKEAのイートインである。

イカをこよなく愛する人形劇人。特にコウイカが好きです。

前の記事:自転車をピザ屋のバイクに改造する

> 個人サイト note

この世で最も集中出来る場所、IKEA

IKEAは本来家具屋である。しかし、どの店舗にも必ずイートインがあるのだ。

激安で有名なホットドック、ソフトクリームに始まり、ベジタリアンメニューや、季節限定のケーキ、ドリンクバーまであり、幅広いラインナップを取り揃えている。もはやファミレスである。

私は学生時代から異常にここに通っている。混んでいれば長居はせずに移動するにもかかわらず、結局レポートの8割はここで書き上げたと言っても過言ではない。

IMG-5707.jpg
意図せずIKEAカラーになっている私。読書や、記事を書くときは大体IKEAにいる。Wi-Fiもあるし。
IMG-5658.jpg
いつも頼むセットがこちら。ドリンクバーを頼むと、ガラスコップとマグカップ両方もらえる。

だいたいチョコとドリンクバーを頼むのだが、なんと合計219円である。(チョコが99円でドリンクバーが120円)。

学校の近くにIKEAがあったので、学生時代は周りの皆もIKEAに入り浸っていた。

「IKEAなう」と誰かがTwitterでつぶやけば、わらわらと暇な友人達が集まってきて、人狼ゲームをするシステムが出来上がっていたのだ。あの頃の私たちには、「IKEA行こう」と「人狼ゲームしよう」は同義語であった。

社会人になるとIKEAで集まるということはなくなったが、私だけ今だにヘビーユーザーのままである。

外国のチョコの味

IKEAのチョコを初めて食べたとき、

「チョコエッグの外側の味だ……!」

と思った。

無題1.jpg
子どもがお小遣いで買うには値段がちょっと高かった気がするが、フィギュア欲しさに小学生の頃よく買っていた。

味も好きだったが、中が空洞なのでチョコ部分が少ない。

もっとたくさん食べたいな……と幼心に思っていたのだが、ついに出会ってしまった。

IMG-5660.jpg
チョコエッグの外側を溶かして固めたやつ!

外国のチョコっぽい独特の甘さがある。

これならたくさん量があるし、今のチョコエッグの半額で買える!

IMG-5664.jpg
袋が開けづらくて、結構な確率で失敗する。
IMG-5655.jpg
他にナッツ入りと、ダークチョコもある。

チョコエッグは、ホワイトチョコとの2層構造だったので、ホワイトチョコもラインナップに入れて欲しいところだ。今後の商品展開に期待したい。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ