特集 2012年10月1日

収穫祭報告~炭酸入りスイカ食べて成人男性にエサをやる実りの秋

!
自分でラーメンが製麺できて炭酸入りのスイカが食べられて、おまけに成人男性に餌やりできるの、な~んだ!?

スフィンクスも裸足で逃げ出す難問だが、正解は、去る9月16日に行われた当サイトのイベント「デイリーポータルZ収穫祭」である。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。(動画インタビュー)

前の記事:秋はかき氷にイモを入れろ

> 個人サイト nomoonwalk

今度は収穫祭だ

このイベント、去年までは「デイリーポータルZエキスポ」という名前で恒例で開催していたイベントだ。当サイトのライター陣がブースを並べていろんな出しものを持ち寄る、文化祭的なイベントである。
去年のエキスポ</a>より。ワラ人形作りワークショップ。
去年のエキスポより。ワラ人形作りワークショップ。
しかし今年、計画段階の打ち合わせで「エキスポって名前、内容がわかりにくくないか」という話になった。その後「文化祭っぽいから文化祭でどうか」「秋だから収穫祭でどうか」という議論を経て改名、「デイリーポータルZ収穫祭」に落ち着いた。わかりやすさ重視の改名だったのだ。
「実り」を意識した今年の収穫祭のバナー画像
「実り」を意識した今年の収穫祭のバナー画像
ところがである。その後「収穫祭」で検索してみると「七面鳥を食べる」「トマトを投げあう」「家畜を追い立てる」など当イベントの内容と全然違う内容ばかりヒットすることが判明。「全然わかりやすくない」「あの打ち合わせは何だったのか」と編集部内で物議を醸すこととなった。そんな曰く付きのイベントである。

一応収穫もあるのだ

とはいえ会場には20を越えるブースがある。中には偶然にも(!?)収穫祭っぽいものもあったのだ。たとえばこれ。
発酵食品を振る舞うコーナー
発酵食品を振る舞うコーナー
飲食店を営むライターの馬場さんが、記事で取り上げた発酵食品を振る舞うコーナーだ。
殴り書きされたメニューには、7品しかないのに「麹」の文字が5回も
殴り書きされたメニューには、7品しかないのに「麹」の文字が5回も
これはウスターソース麹</a>。塩麹、醤油麹に続く第三の麹である。
これはウスターソース麹。塩麹、醤油麹に続く第三の麹である。
今年取れたトマトや今年育った七面鳥を食べるのが収穫祭なら、今年繁殖した麹菌を食べるのも収穫祭ではないか。いきなりスケールがミクロに行ってしまったが、かろうじて収穫祭であるといえよう。

その隣ではもうちょっと等身大の収穫祭が行われていたぞ。
スイカ!
スイカ!
果物の種類的に秋の収穫祭のイメージには合わない気もするが、今年採れた収穫であることには間違いない。
このブース、スイカとドライアイスを一緒に容器に入れ、二酸化炭素を溶け込ませて炭酸スイカを作るコーナーだ。
これを振る舞っていたのが、ライターの平坂さんなのだが…
暇そう…
暇そう…
実はこの日、宅配便の遅配でドライアイスが到着したのがイベント直前。
スイカが二酸化炭素を吸収するには時間がかかり、少し振る舞っては仕込み待ち、少し振る舞っては仕込み待ち…という具合のジワジワ提供となった。(写真に写ってるのは仕込み待ちのスイカ)
自然と陰影も深くなる
自然と陰影も深くなる
このスイカ、食べるとほんとに炭酸入りで、おもしろい。食べることができたお客さんからは「ほんとに炭酸だ!」「シュワシュワする!」等と歓喜の声が上がっていたのだが、残念ながらその現場が写真に残っていなかった。平坂さん、ごめん。でも当日食べられなかった人は、いまからでも家でやってみて欲しいおもしろ実験である。
他にはもはやタダの飲み会となっている、ベジマイト焼き鳥</a>他を振る舞うコーナーや
他にはもはやタダの飲み会となっている、ベジマイト焼き鳥他を振る舞うコーナーや
「食べ物関係だから近くに置いちゃえ」と配置された、木彫りでフォアグラを作る</a>(体験ができるわけではなくライターがただ黙々と作る)謎コーナーもあった
「食べ物関係だから近くに置いちゃえ」と配置された、木彫りでフォアグラを作る(体験ができるわけではなくライターがただ黙々と作る)謎コーナーもあった
あとは先日記事になった自分で製麺できるラーメン</a>も
あとは先日記事になった自分で製麺できるラーメン
これらが、イベント中で最も収穫祭っぽかった一角である。えっと、この先は収穫のことはいったん忘れていただいて結構です。

なぞめく体験コーナー

こういう行事で○○体験コーナーというと、防災体験コーナーとか鮎のつかみ取り体験コーナーとか、○○の部分を一度聞けばなんとなく内容が想像できるものが多い。
しかしこの収穫祭の○○体験は、聞いても全然わかんないのである。
たとえば、「顔から手足マン変身コーナー」
たとえば、「顔から手足マン変身コーナー」
どういうことかというと、
こういうことだ
こういうことだ
子供が描く「顔から手足が生えちゃってる人」に変身できるコーナーである。手足は針金が通っているので、自分で自由にポーズも付けられる。
これが思った以上にかわいいのだ。
黒い紙で体を隠すとそれっぽく見える
黒い紙で体を隠すとそれっぽく見える
それからこんなの。「プラ板米粒写経体験コーナー」。「板米粒写経体験」の部分が漢字が続きすぎてすでにお経のようであるが、文字通り写経のコーナーである。といっても、かなり特殊な。
米粒に写経する、アレだ
米粒に写経する、アレだ
「体験」って気軽に言うけど、これ書くのはさすがにちょっと難しいのではないか。いや、大丈夫なのだ。
なぜなら、プラ板を使うから。
なぜなら、プラ板を使うから。
工作用の、オーブンで加熱すると縮むプラ板がある。あれを利用するのだ。指先サイズの板に書いてあとで加熱すると、みるみる縮んで小さな米粒になる。

なお、そもそもは米粒に般若心経を書く記事から派生した写経体験だったのだが、主催のライター乙幡さんによると「みんな自分の子供の名前ばっかり書いていた」とのことだ。予想外のところで家族の絆の強さを感じさせられたエピソードである。

つづいて、印鑑銃による射的体験。
このでかい銃は60連発
このでかい銃は60連発
海外旅行に行くと本物の銃の射撃体験なんてのがあるが、こちらは実弾ではなく印鑑である。的はもちろん書類。退職届や婚姻届、離婚届を大きく引き延ばしたものを使用した。ちなみに一番人気は退職届だったとのこと。家族の絆の次は、意外なところで現代社会の闇を見てしまった。

そして一番わかんないのがこれ。「サファリパーク安藤えさやり体験」。
安藤というのは編集部メンバーの安藤さんのことである。安藤さんがサファリパークを案内してくれるのだろうか?違う。
安藤さんにエサをやるのだ
安藤さんにエサをやるのだ
飲み物もやってよい
飲み物もやってよい
3時間先の整理券まで一瞬でなくなってしまう人気企画だったが、打ち上げで本人が語ったところによると「自分で言いだした企画ながら、野生動物として振る舞うのは思った以上に精神的ダメージが大きかった」とのこと。人間としての尊厳に抵触したため、えさやりツアーは今回限りの企画になりそうだ。
こちらのブースでトロフィーに引っかけられた不気味なカツラは、「恋人とイチャイチャしてる写真を撮る」体験のための小道具。説明すると長くなる(あと切なくなる)のでくわしくはこちら</a>へ。
こちらのブースでトロフィーに引っかけられた不気味なカツラは、「恋人とイチャイチャしてる写真を撮る」体験のための小道具。説明すると長くなる(あと切なくなる)のでくわしくはこちらへ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓