特集 2012年6月14日

かっこいい捺印方法を考える

!
印鑑が好きです。

200本くらい持っています。

印鑑をたくさん持っている人には分かってもらえると思うのですが、印鑑はたくさんあると臭いです。

大学では彫刻を勉強していたのですが、印鑑が好きだったので、卒業制作のテーマも印鑑にしました。

今回の記事では、一年間かけて開発したかっこいい捺印方法について紹介させていただければと思います。
父は数学教師。母は国語教師。姉2人小学校教師という職員室みたいな環境で育つ。普段はTVCMを作ったり、金縛りにあったりしている。



!
純銀製です。

100円で売っているお湯で柔らかくなる型取り材『おゆまるくん』に印鑑を押当てて型をとり、

そこに銀粘土を押当てて成形しました。
!
ビリヤードはできないのですが、このためにキューを買いました。
!
一年間印鑑のことを考えていて、疑問に思ったことがありました。

印鑑の◯のことです。これは何のためについているのでしょうか。

考えに考えた結果、ひとつの結論にいたりました。

あの◯は個人と個人を分ける壁、心の壁なのではないでしょうか。つまり、
!
エヴァンゲリオンのATフィールドみたいなものなのだと思います。

印鑑でATフィールドを全開にするとこうなります。
!
誰も寄せ付けません。
!
ひたすらかっこいいです。

今年の夏の花火にいかがでしょうか。
とにかくかっこいいのでスローでもご覧下さい。

えぐりこむように捺印してます。
!
シリコンで作りました。

強度的に実際に履いて歩き回ることができないのが残念です。
!
印鑑は個人のシンボルです。

だからなのでしょうか。100均にも売っているのに、どこか権威のある道具です。

印鑑があれば、個人ではなく団体の説明をすることもできます。

例えば、スマップではこうなります。
スマップコンサートを表すとこうなります。
スマップコンサートを表すとこうなります。
!
技術的な問題で観客が鈴木さんだけになっていますが、印鑑があれば状況を説明することもできるのです。

やっぱり印鑑は凄いです。
!
エグゾーストキャノンという、コンプレッサーの空気圧を貯めこんで、一気に放出する装置があります。

放出するのは空気なのですが、薄い板なら割れるぐらいの威力があります。

錫をとかして、弾丸にしました。

的は同級生の竹中くんの顔型です。

今まで一番の威力がある捺印が可能になりました。

しかし、これは印鑑じゃなくてただの弾丸なのではないか、と目が覚めました。

この方向に明るい未来は待っていないように感じました。
!
鼻から出ているのは血糊ではなく、本物の鼻血です。

ふざけて鼻に印鑑突っ込んでたら、印鑑と一緒に血がでました。

びっくりしました。

この日、南大阪でいちばんあほな理由で出血してしまったかもしれません。

この一連の捺印方法は卒制の映像だったので、彫刻の先生に見てもらわなければいけませんでした。

映像は全部で8分ありましたが、この捺印方法だけ先生の表情がほんの少しだけ緩みました。

!
今までの捺印でなんとなく印鑑の特徴が分かってきました。

これら印鑑の特徴をふまえて自分なりに、一番かっこいい捺印方法を考えてみました。
!

どうでしょうか。ただもうひたすらにかっこよくはないでしょうか。

先ほどの印鑑の特徴と、印鑑銃の特徴を見比べてみましょう。
!
黒字が印鑑の特徴、赤字が銃の特徴です。

印鑑と銃には、たくさんの共通点があるのです。

銃を物理的な理系の武器だとするならば、印鑑はメンタルを攻撃する文系の武器といえるのではないでしょうか。

!
映像でガスマスクかぶっていますが、

口元のフィルターを外しますと、
印鑑になっています。
印鑑になっています。
!
的も作りました。

血痕届けではなく、結婚届けです。
離婚届と、
離婚届と、
退職願いもあります。
退職願いもあります。
ゴールデンウィークに京都で行われた「力ずくので脱出ゲーム」で印鑑銃の射的ゲームをしました。

的は先ほどの3枚の中から選べるようにしたのですが、

退職願いの人気が圧倒的でした。8割を占めていました。

みんな会社やめたいのでしょうか。
!
以上でかっこいい捺印方法はおしまいです。

人類が印鑑を使いはじめたのは、紀元前5500年頃からだそうです。

およそ7500年も使われている印鑑ですが、

僕は僕の開発した捺印方法が人類史でいちばんかっこいいと信じています。

一連の捺印方法を美術作品として提出したら、ちゃんと卒業単位がもらえました。

つまりこの一連の捺印方法は、れっきとした美術作品であるということだと思います。

誰か展覧会とか誘ってくれるかなと思っていたのですが、全く声がかかりませんでした。

今もずっと待っています。
*画像はお世話になった彫刻の先生の似顔絵です。
最近古本屋さんでこんな本を見つけました。
最近古本屋さんでこんな本を見つけました。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓