特集 2011年9月5日

エキスポ報告~ワラ人形作って墓場でビンゴ~

盛り上がっていますが手に持っているのはワラ人形です
盛り上がっていますが手に持っているのはワラ人形です
夏休みも終わりに近づいた8/27、デイリーポータルZの夏のリアルイベント、「恐怖!デイリーポータルZエキスポ」を開催しました。大勢のお客さんにご来場いただき、一緒にワラ人形を作り、アイドルの写真の首を高速回転させ、人の顔をマジックでなぞり、バニラエッセンスの苦みに涙する、そんなイベントでした。

…と言われても何がなにやらまったく意味がわからないと思うので、この記事ではあらためてちゃんとご報告しようとおもいます。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。(動画インタビュー)

前の記事:ボンドでかっこいい標本ができるか

> 個人サイト nomoonwalk

史上最多の出しもの数

エキスポとは、各ライターが自分の記事にちなんだ出しものを持ち寄ってお客さんに体感してもらう、文化祭みたいなイベントだ。
今年は出展数が過去最多で、その数30個。僕の出身高校の文化祭と同じくらいの出展者数である。

急にいわれても「多い!」って思えない微妙な比較対象かもしれない。でも相手は広い高校の校舎全体を使ってやるイベントだ。それがエキスポではキャパ100人ちょっとのイベントハウスで展開されたのだ。その密度&熱気たるや想像に難くないだろう。まさに十代!青春!甲子園!という感じのイベントであった。(巧妙に高校の話にすり替えたがライターの平均年齢は30才を超えている)
まさに十代
まさに十代
まずは当日すごく盛り上がっていたこんなブースからご紹介しよう。

恐怖!わら人形作りワークショップ

「観光地の真ん中をわら人形を持った人たちが集団でゾロゾロ歩いていく」とお台場を震撼させたのがこのワークショップ。
北村さんの記事「楽しいわら人形」 を元に、みんなでオリジナルわら人形を作っちゃおう!という出しものである。
会場にはわら人形を作りたい人がこんなにいた(作ったワラ人形を実際に使った場合に身元がばれないようモザイクを入れております)
会場にはわら人形を作りたい人がこんなにいた(作ったワラ人形を実際に使った場合に身元がばれないようモザイクを入れております)
この日は2回のワークショップを開催したので、この倍の人数がワラ人形作りに励んだことになる。女性の参加者も多くて、最近はやりのなんとかガールの最先端は、呪いガールであることに間違いない。あと復讐系男子。
講師の北村さんによる構造説明。結び目は11ヵ所が正式だが、今回は略式で7ヵ所でよい。
講師の北村さんによる構造説明。結び目は11ヵ所が正式だが、今回は略式で7ヵ所でよい。
丑の刻参りの正式な衣装。儀式の現場につくまでは、一反木綿(11mある)が地面につかないように走らなければいけない。
丑の刻参りの正式な衣装。儀式の現場につくまでは、一反木綿(11mある)が地面につかないように走らなければいけない。
丑の刻参りには、忍者の修行か、と思うほどハードな作法があった。これができるようになるまで相当の修練が必要だし、それができるだけの体力があれば呪いの力など借りなくても腕力だけで復讐できるのでは。
説明が終わると同時にワラに殺到する参加者
説明が終わると同時にワラに殺到する参加者
ちなみに北村さんはこの日のためにワラを5キロ買ったそうだ。
一心不乱にワラ人形作り
一心不乱にワラ人形作り
腕2対のまがまがしいワラ人形も
腕2対のまがまがしいワラ人形も
これものすごく呪いっぽい
これものすごく呪いっぽい
普通サイズのワラ人形ならワラはほんのちょっぴりでいいのだが、場のテンションに飲まれて大量のワラを持っていくお客さんが続出、おかげで呪いグッズというより傘みたいな巨大なワラ人形が大量発生した。
何人呪う気だ、という巨大ワラ人形
何人呪う気だ、という巨大ワラ人形
最後はみんなで掲げて「できましたー!」。満面の笑みで言ってる場合か
最後はみんなで掲げて「できましたー!」。満面の笑みで言ってる場合か
このあとテーブルと床がワラだらけになり、イベントの進行に多大な影響を及ぼしたことは言うまでもない。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓