チャーハン部 2023年6月27日

渋谷の中心でチャーハンをはしごする~チャーハン部活動報告

部長が暴走する回。

シンプルなチャーハンもおいしいが、エビやかにがたっぷり入ったチャーハンもおいしい。そして、あんかけがかかったチャーハンもおいしい。

なら、どうする?2日にわけて行くか? はしごさせてください。チャーハン部なんで。

1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。(動画インタビュー)

前の記事:ハンバーグの注文に15分かかる~渋谷「ゴールドラッシュ」~


住所を間違えて送ってしまい誰も来ない

デイリーポータルZにはチャーハン部という部活動がある。集まってチャーハンを食べに行く部だ。

今回、編集部の橋田さん、安藤さんがチャーハン部に参加してくれた。

予定を調整して「じゃあこの日で! もし他の人も来れたら来てください!」とメッセージを送り、当日の朝にはリマインドとして「この場所に19:00に集合しましょう」と住所を送った。

みんながわざわざお店を検索して住所を調べなくても、コピペすれば来れるような配慮である。部長のやさしさが出た瞬間だった。

そして、時間になっても来ない。待ってる間に「居酒屋どうですか?」とめちゃくちゃ誘われる。どうする、もう飲みに行くか?なんで誰も来ないんだ。あれか、急にみんな退部した?

そしたらさ、朝に送った住所を間違えていたよね。

001.jpg
送った住所で待っていておれが来ないなと思っていたらしい。ウケる(謝罪)

「すみません!でも、仕事で疲れているからしょうがないですよね」といいわけした。冷ややか視線を感じたが、無視をしてそのままお店にはいった。自分で言う台詞じゃないかもしれないが気持ちを切り替えていこう。

004.jpg
待っていたら後ろから声をかけられてビビった。橋田さんと安藤さんだった。

かにチャーハンの店に行く

002.jpg
本当の場所はかにチャーハンの店。
003.jpg
うまい。

ここのチャーハンはかにがたっぷり入った豪華なチャーハンがリーズナブルな値段で食べられるらしい。かにたっぷりのチャーハンがあれば、かにみそが入ったチャーハン、エビマヨチャーハンなどどれもおいしそうで、われわれは券売機の前で迷いに迷っていた。

006.jpg
橋田さんに「江ノ島くんは鶏の唐揚げチャーハンにする?」と言われたが、かにかエビを食べさせてくれ。

絵面を気にして、それぞれ違ったチャーハンを食べた方がいいのか、自分の食べたいチャーハンを食べたほうがいいのか迷う。ここで部長の江ノ島がこう言った。

「食べたいものを食べたほうがいいですよ」

欲望が開放され、全員が食べたいチャーハンのボタンを押した瞬間だった。

そして、橋田さんはかにかにチャーハン、安藤さんはかにみそチャーハン、そして江ノ島はエビ中華マヨ和えチャーハンにした。

した。と書いたけど、あとで写真を見てたぶんそうだろうと思って書いている。自分のチャーハンが食べたい気持ちにあふれすぎていて誰がどれを頼んだか見てなかったから。

007.jpg
座ってもなおメニューを見続ける二人。気持ちはわかるよ。
008.jpg
今日のために昼はサラダチキンだけにしてチャーハンにそなえたが、夕方にお腹が空きすぎてパンとおにぎりを食べたらそんなにお腹が減ってない状態になった。でも、そんな状態でも、食べられるのがチャーハンの魅力ですね。

このお店、チャーハンの提供がかなり早く、立ち食いそばぐらい早い。チャーハンはパッと食べて、スッと帰るのが粋だと思う自分にとって理想のお店。

かにチャーハンを食べる

そして橋田さんのかにかにチャーハンがやってきた。

009.jpg
かにがすごくのっている。
010.jpg
かにがあまりにものっていてびっくりする橋田さん。

「こんなにのって採算合うのかな」と橋田さんは心配をしている。心配したくなるチャーハン。

011.jpg
ぜいたくすぎるチャーハンを食べた感想をください。
012.jpg
「食べても食べてもかに」

チャーハンだけでもおいしいのに、そこにかにがたっぷり入ったらどうなると思う? 正月に食べてもいいぐらいめでたくて、おいしいチャーハン。あけましておめでとうございます。

013.jpg
そして安藤さんのかに肉入りかにみそチャーハン。

かにを全部使ったチャーハンと言ってもいいかに肉入りかにみそチャーハン。こんなチャーハン、高級中華料理屋でしか見たことない。高級中華料理屋行ったことないからわからないけど、きっとあるだろう。今度、チャーハン部で行こうな。

014.jpg
「ぜったいおいしいじゃん」
015.jpg
「ぜったいおいしいと思ったもん」

いろいろな角度からかにのうま味がやってくる。立体的においしいチャーハン。それを見ていてもうたまらない。おれのチャーハンを見てくれ。そして、早く食べさせてくれ。

016.jpg
こちらはエビ中華マヨ和えチャーハン。

筆者が頼んだのはエビ中華マヨ和えチャーハン。見るからにエビがプリプリしている。でもさ、人は見た目で判断してはダメだと言うだろう。なので食べてから判断します。

017.jpg
マヨネーズとチャーハンって合うんだ……。めちゃくちゃおいしいじゃん。

エビ、プリプリしていた。見た目と同じで興奮した。

お米はパラパラ感としっとり感のちょうどいい。このチャーハンだけでもおいしいが、このエビマヨのマヨネーズソースとチャーハンを一緒に食べたとき、脳に電気走るぐらいの衝撃があった。脳がゆさぶられるほどのおいしいさ。

これからの人生、チャーハンにマヨネーズをかけていこうかなと思ったが、そんなことしたらダメだなと思ったので、はめを外すときだけやります。

いったん広告です

まさかの2軒目に部員たちが驚く

全員、満足げな顔をしてお店を出た。「いやーおいしいチャーハンでしたね」と言いながらエレベーターで降りて、外に出て少し歩いたら、変わったチャーハンがあるのを見つけた。

018.jpg
渋谷のど真ん中にある中華料理屋の「兆楽」
019.jpg
ここの名物ルースチャーハン。テレビ番組にも出ている。
020.jpg
「ここにもチャーハンありますよ!」と言ったら、(こいつ、2軒目に行くのか)という目線と、なんとも言えない悲しい目をしてお店を見ていたのを写真を見て気づいた。

店内が満席の為、外で並ぶ。その間「2軒目に本当に行くんだ」と誰かがつぶやいた。

3人中2人がお腹いっぱいである。でも、お腹いっぱいだからこそ見える景色があるはずなんだ。(でも、本当に無理そうなら解散でも大丈夫ですよ、という会話もした。部長のやさしさがまたも炸裂した。)

021.jpg
店内に入り、どのチャーハンを食べるかを話す。

橋田さんは「量を少なくしてもらえないかな」と言っている。「無理そうなら、ぼくが食べますよ」と心強い言葉を投げかけた。いま、全員がチャーハンを食べきるという夢に向かって団結している。

みんなやり切るぞという目をしている。もしくは、今食べられるものを必死に探している目をしてる。

022.jpg
とりあえず、個人的に食べたかったので豚しゃぶを頼んだ。食べたいものを食べて生きていきたいから。

豚しゃぶは少しすっぱさと辛さを感じるタレがうまい。おれ、この夏、この冷しゃぶを週3で食べたいかもしれない。冷しゃぶが好きだからさ。

023.jpg
そして、橋田さんの豚しゃぶチャーハンごはん少なめ。

豚しゃぶチャーハンの豚は冷やしと温かいのを選べる。今回は冷たいバージョン。

024.jpg
あつあつのチャーハンと冷たい豚肉が不思議な感じ。

熱々のチャーハンの上には水で冷やした薄切り豚バラが乗っており、そこに酸味が効いたにんにく醤油タレがたっぷり汁だくチャーハンになるほどかかっている。熱い季節に食べたいチャーハンだ。

025.jpg
エビチャーハン。ここでエビチャーハンを食べるのは、
026.jpg
安藤さんだ!
027.jpg
「このチャーハンなら2杯目も食べられそう」

さっぱりした味付けでエビもプリプリだ。量も多い。「残しそうなら食べますよ」と食べ終わるまで5回ぐらい聞いた。でも、ひとりで食べられてえらいなと思った。

028.jpg
これがルースチャーハン。とてもルースしている。

ルースとはチンジャオロースのピーマンが入ってないもので細く切られた豚肉とたけのこが入っている。この豚肉とたけのこがこのチャーハンにはかかせない。

豚肉がプリプリとして、たけのこのシャキシャキしており、アクセントとなって、味だけではなく、食感までも楽しい。

029.jpg
ものすごく熱いが、その熱さに比例するようにおいしい。

あんは鶏がらしょうゆのような味がする。このあんがチャーハンとバツグンに合う。

チャーハンが薄味なので、このあんと食べるとちょうどいい味の濃さになるように計算されているようだ。

お米、あんかけ、具材、この3つが合わさってこそ完成する

三位一体なチャーハンとはこのことである。

030.jpg
途中、安藤さんのチャーハンを横取りするつもりでいたが完食されてしてしまいすごい目で見てしまった。

家に帰ってからしばらくしたら安藤さんから「帰りにどうしてもビールが飲みたくなってコンビニで買ったんだけど、一口しか胃に入りませんでした」とメッセージが来た。次回はこんな体育会系ではなく、和気あいあいとした活動をしたいと思います。

031.jpg
とても楽しい部活です。
▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ