ふつう特集 2021年3月29日

バーモントカレー中辛をパッケージ裏のレシピどおり忠実に作る

ふつうカレーはどんな味なのか

多様化し混迷を極めるカレーの世界。考えれば、無明の中をさまようようである。

今日はカレー世界の足元を確認するよう、基本に立ち返ってバーモントカレー中辛をパッケージの裏に書かれているレシピどおり忠実に作ってみたい。

グラム単位で忠実に。

1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力は養えず悲しむ。インドに行ったことがある。NHKのドラマに出たことがある(エキストラで)。(動画インタビュー)

前の記事:ノーエビデンス未来予測! iPhone100はこうなる

> 個人サイト Twitter

 さようなら2020年度! 春休みとくべつ企画「ふつう特集」 

時代や進み、いまやなにをとってもバリエーションのゆたかな世の中になりました。しかしそのベースとなるものを軽んじて良いのでしょうか。否! デイリーポータルZは春休みを記念し、「ふつう」を再発見します。
さあ、この店でいちばんふつうのものをくれたまえ!
 

ふつうのカレーをふつうに作る

どの家庭でもカレーを作ろうとするなら、まず手にするのがカレールウであろう。その中でも最もポピュラーな商品の一つが、バーモントカレーの中辛である。

求めているふつうのカレーだ。バーモントカレーを手にとって「珍しい!」と思う人はいないだろう。

001.jpg
りんごとハチミツのやつだ

ところで、カレーは手軽に作れるが故に、隠し味を入れるなど作り方を工夫したり、逆にあまり作り方にこだわらなくてもおいしく作れてしまうところがある。

しかし、今日に限っては基本に立ち返ってふつうのカレーを作りたい思いがある。パッケージの裏にかかれているレシピどおり作ることに徹したい。

002.jpg
今日は6皿分のふつうカレーを作っていきます

パッケージの裏に書かれている材料は以下の通りである。

バーモントカレー<中辛> ……1/2箱
肉……250g
玉ねぎ……400g
じゃがいも……225g
にんじん……100g
サラダ油……大さじ1
水……850ml

じゃがいもが225gとかなり刻んできている感じだが、基本に忠実なふつうのカレーとはそういうものである。

003.jpg
作り方もこの通りやっていきたいと思う

まずは材料の仕込みからだ。仕込みと言っても、材料をパッケージに書かれているとおりの重さで用意して、一口大に切るだけだ。

そう、パッケージに書かれているとおりに……。

004.jpg
今日はとことん計量していく。
005.jpg
肉……250g
006.jpg
たまねぎ……400g
007.jpg
じゃがいも……225g
008.jpg
にんじん……100g

計量はつつがなく忠実にグラム単位で行われた。野菜に破片が含まれているのはその努力の証である。

009.jpg
パッケージのレシピに書かれているとおり、一口大に切る。
いったん広告です

大公開! これがふつうのカレーの作り方だ

ここからいよいよカレーを作っていく。ふつうのカレーをだ。

010.jpg
サラダ油大さじ1を花柄の鍋に入れ、
011.jpg
具材を炒めていく。

おどろくほど意外な展開は訪れない。それこそがふつうなので……。

012.jpg
そして水850gを計量。
013.jpg
鍋に入れて、
014.jpg
15分煮る……
015.jpg
アクは取れるだけ取っていく。取れと書かれているので。
016.jpg
火を止めてルウを入れる。これも入れろと書かれているので……。

本当に意外な展開が訪れず恐縮だが、今はふつうのカレーを作るマシーンになりきる。

017.jpg
ルウが溶け切ったら、再び火にかける。
018.jpg
今度は弱火で10分。

パッケージには約10分と書かれているがぴったり10分で作る。今の俺に「約」は必要ない! ふつうであることを恐れるな!

019.jpg
あら~、おいしそうですねえ。

ふつうであることに最善を尽くした、最もふつうのカレーの完成だ。

ふつうカレーの味は「懐かしい味」

020.jpg
お皿に盛る。

哲学者アリストテレスは、極端を避けた中庸を是とした。つまりふつうこそ最高ということだ。ある意味最高のカレーが、このふつうのカレーなのである。

御託はいい。味はいかに。

021.jpg
パクリ

懐かしいという感想が頭をよぎった。そんなのあったかも分からないが、「あの日のキャンプのカレー」だ。安心する味というか。尖ったところの一つもない、まるい味。

そうか、これがふつうか。日本のカレーの原点に登頂した。ヤッホーである。えりを正す思いだ。着てるのパーカーだけど。


ふつうのカレーを作るのは難しい

スーパーでカレー用の肉を買ってきたのだが、必要量250gに対して、売られていたのが200g強のパック……。2パック買う必要があった。普段なら1パックで作ってしまうだろう。

前述の通り野菜も半端な量である。無駄が多い。今回作ったのはふつうのカレーだったが、ある意味で豪勢な料理になった。

 さようなら2020年度! 春休みとくべつ企画「ふつう特集」 

時代や進み、いまやなにをとってもバリエーションのゆたかな世の中になりました。しかしそのベースとなるものを軽んじて良いのでしょうか。否! デイリーポータルZは春休みを記念し、「ふつう」を再発見します。
さあ、この店でいちばんふつうのものをくれたまえ!
 
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ