短い記事 2021年8月24日

ハムカツをたまごでとじるとキャベツへの感謝の気持ちがわく

ファミマのハムカツがおいしい。

生来、ハムカツというものに縁遠かった筆者であるが、この間ファミマのホットスナックにハムカツがあることを知った。
試しに買ってみたところ、そのおいしさに感銘を受けたのである。

Lチキファミマのつくねとコンビニのホットスナックをたまごでとじてきた たまごでとじラー(たまごでとじたい人という意味)としては、このハムカツもとじないわけにはいくまい。

1993年東京都生まれ。与太郎という柴犬と生きている普通の会社員。お昼休み時間に事務員さんがDPZを見ているのを目にしてしまい、身元がバレないかハラハラしている。

前の記事:アーモンドの女王「マルコナ」はほぼポテトフライ


ハムカツはおいしいし、たまごでとじたものはおいしい。つまりこれもおいしいにちがいない。

期待に胸を膨らませながら早速ファミマに行ってきた。

hamkatsu_02.jpg
ハムカツの包み紙で知るファミマ40周年
hamkatsu_03.jpg
衣に混ざっている黒コショウの存在が「あ、もうおいしいな」と思わせてくれる

小さい頃はハムというものは薄いのが当たり前だと思っていた。
あのペラペラした状態こそがハムであり、そのハムを分厚く切って食べるというのはタブーのように思え、ずっとなんとなく避けてきた。

はじめてハムカツを食べたのは大学生の頃、池袋の一軒め酒場でだったと記憶している。
そこから時を超えて今、ハムカツに再会し、その魅力に気づくことができた。
ファミリーマートさんありがとう。40周年おめでとうございます。

いつも通り出汁で玉ねぎを煮て、具を入れてたまごでとじる。
卵とじ丼って簡単でおいしくて画期的なレシピだ。最初に考えた人は天才だと思う。

hamkatsu_04.jpg
最近ようやく一人前は玉ねぎは¼個でいいとわかってきた
hamkatsu_05.jpg
ハムカツを投入。ピザカットにしたことで和食ではなさそうな雰囲気が出てしまった
hamkatsu_06.jpg
卵を流してふたをする。この瞬間が一番料理できる感が出せるような気がする
hamkatsu_07.jpg
完成!見た目は結構カツ丼。お茶碗に対して具はかなり多め。

お出汁のやわらかい香りに混ざってハムカツの「脂だよ!!!」という感じの匂いがする。
これが吉と出るか凶と出るか。

hamkatsu_08.PNG
いざ実食!愛犬与太郎、いつもより近めでお送りしています
hamkatsu_09.PNG
ハムカツを知覚
hamkatsu_10.PNG
お出汁との相性を探る。う~~~~~~ん
hamkatsu_11.PNG
苦し紛れの愛想笑い

ハムカツが完全に卵とじから浮いてしまっている。
それぞれがおいしい味付けなので、おいしくないということではない。
でも別々の食べ物を口に入れているな~という気分だ。

購入時にソースがついてきたし、そもそも卵をとじることを想定している食べ物ではない。
勝手にとじているのはこっちである。どんな味でも完全にこちらの責任だ。わかっている。わかっているんだけども。悔しい。

hamkatsu_12.jpg
やはりハムカツにはソース。いまからでも遅くない、かもしれない。

ソースカツ丼というやつがある。
子供の頃、カツ丼といったらたまごでとじるものだろう、という固定観念を打ち砕いてくれた料理だ。

ハムカツをごはんに合わせるにはたまごでとじではなく、このソースカツ丼的な食べ方のほうが向いているのだと思う。
濃い味だし、めちゃくちゃ喧嘩をすることもないだろうと一縷の望みをかけて付属のソースをかけてみる。

hamkatsu_13.PNG
おいしい!こっちだったな!!!

やっぱりハムカツにはソースなのかもしれない。
ハムの脂感を調和するのはやさしいお出汁ではなく、力強い中濃ソースなのだ。

しかし濃い味になったことで必要になってくるのが箸休めの存在だ。
ソース系の食べ物にはやっぱりキャベツ。これはもう法律で定めてもいいと思う。

hamkatsu_14.PNG
キャベツの千切り選手が途中出場。もりもり進む。
hamkatsu_15.PNG
脂とソースのパワーに押されそうになるとき、シャキシャキのキャベツがしみじみとありがたい

結果としては、ソースとキャベツのサポートによって、おいしく完食できた。
しかし今回初めて「たまごでとじる」という調理法が通用しないホットスナックに出会ってしまった。
当たり前だが、お店が推奨している食べ方が一番おいしくいただけるのだと思う。

hamkatsu_16.jpg
わたしが古代帝国の皇帝だったらキャベツを通貨代わりにしていたかもしれない

近年付け合わせの野菜やお漬物のありがたさが身に染みることが多い。
特に今回のキャベツは崇め奉りたいほどであった。

揚げ物、ソース、キャベツ。これらは三位一体であり、不可侵である、というのが今回の学びだ。キャベツ、ありがとう。
もし今度たまごでとじるとしたら、ソースと合わせることのないホットスナックがいいかもしれない。あきらめないぞ。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ