GWとくべつ企画「まるごとたべる」 2023年5月7日

5人前の桶寿司をひとりじめする

大きい桶に入った寿司を食べる機会に乏しい。

子供の頃は親戚が集まったときに親が頼んだり、法事や葬式のときに出くわしたものだが、大人になってからぱったりと桶に会うことがなくなった。

幼少期から食い意地の張っていた筆者はあの桶に入った寿司をひとりじめできたらどんなにいいだろうとよく夢に見ていた。

大人になった今ならできる。咎める人がいないからだ。大人になるってこういうことだ。やってやろうじゃないか。

1993年東京都生まれ。与太郎という柴犬と生きている普通の会社員。お昼休み時間に事務員さんがDPZを見ているのを目にしてしまい、身元がバレないかハラハラしている。

前の記事:異国の味、パイナップルチャーハンを食す~チャーハン部活動報告


GWとくべつ企画「まるごとたべる」
普段はひとりで食べないようなものをまるごといただきます!無理に一度に食べなくてもOK。ひとりじめを満喫する企画です。

白菜 萩の月 ピザ 台湾カステラ バウムクーヘン

タルタルソース シーミーのお重 シガール  ようかん  寿司桶

いったん広告です

価格におののけ!出前寿司

今回は出前寿司の定番チェーン店「銀のさら」でオンライン注文をすることにした。寿司を注文するのはスシローのお持ち帰り予約を除いて人生初である。緊張してきたぞ。

それにしても桶の寿司は値段が高い。5人前とくればなおさらだ。メニューを開いた瞬間にぎょっとしてしまった。デパ地下で適当に買ったサラダが想定よりめちゃくちゃ高かったときの感覚と一緒だ。

寿司を食うと言い出したくせに価格に完全にひよってしまった。編集担当の古賀さんに思わず確認の連絡をする。お金は出してくれるらしい。ありがたい限りだ。

しかし完全にチキンとなった筆者の出せる勇気の限界はもっともリーズナブルなメニューだった。それでも5000円くらいするんだぜ。

IMG_9237.jpg
公式サイトのメニューより。どれもおいしそうでどれも高い。
いったん広告です

「甘エビをボイルのエビにしてください」

お寿司といえば1つや2つ食べられないネタがありがちだと思う。電話で注文する際はネタを入れ替えてもらうといった融通は効くだろうと想像がつく。ネット注文となるとそうしたイレギュラー対応はできないだろうな、と思いながら注文画面を操作していると、しっかりと入れ替えしたい場合の選択画面があった。

IMG_8991 (1).jpg
入れ替えの画面。とってもありがたい。

真イカがあまり得意ではないのと、どうしても食べたかったのでいくらに交換した。お高めのネタに変更した場合は差額が加算される。

子供の頃、商店街にある持ち帰り専用のお寿司屋さんをたまの贅沢として利用していた。母が電話で注文をしてお散歩がてら取りに行くのが恒例であった。

当時甘えびが苦手だった筆者を気遣い、母は注文する電話口で「甘エビをボイルのエビにしてください」とよく言っていた。火を通したエビは大好きな筆者は好物を聞かれると「ボイルのエビ」と答えるようになっていた。中学生になり「蒸しエビ」という言葉を知るまでずっとである。

だいたい、ボイルのエビってなんだ。なんでちょっとカッコよくいっているんだろう。回らないお寿司屋さんで「ボイルのエビ!」とか言ってしまわなくてよかった。

⏩ 次ページ、出前が届きました!

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ