特集 2021年3月27日

柴犬スイートポテト(というか柴芋)を作ってみた

スイートポテトが好きである。
甘くて芋っぽいスイーツとして、俺たちOLはおしなべて好きであろう。

そんなスイポテを食べながら、ふと我が愛犬もも(柴犬)を見ていたその時。

柴犬のその茶色加減が、スイートポテトに見えて仕方なくなってしまったので今回は、前代未聞の「柴犬スイートポテト」(というか結果的には「柴芋」に!)を作ってみたいと思うよッ!

多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:「罰ゲームすごろく」を高齢家族でやるとマジ壮絶

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

そんなスイートポテト。

01.jpg

あの適度なスイートさがたまらないが、もうビジュアルからして

02.jpg

おいしそう。で、すでに見切れているが、我が愛犬ももを、共にガン見していたところ、その茶色加減からして、これもう柴犬がほぼ

03.jpg

スイートポテトに見えてきた。ほんわか焦げてる茶色いっぽい感じが、まさにそれ。こうなっては「柴犬=スイートポテト」!ってことで、変質的柴犬クリエイターとしては、もう柴犬スイートポテトを作らざるをえないであろうッ!

a02.jpg

ちなみにアレ実は、わりと簡単に作れるうえ、しかもアレ作れると女子力も爆上がりなので(偏見)、作り方も説明しながら、作っていきたいと思うわよッ!!

sen.jpg

まず、言うまでもないが、スイートポテトは普通

a05yo.jpg

サツマイモを使う。適度な甘みがあるからね。柴犬の茶色っぽい部分は、サツマの黄色味を焼き焦がしていけば具現化できる気がする。ただ柴犬の顔には、困ったことに白い部分がある。口周りとか。

a04yo.jpg
・               「勝手に困られても困る。心外」

ならその部分は、芋は芋でも、白色味を出せるジャガイモにて、具現化してしまおう!

a03.jpg

と、この時点で、スイートポテトとしてはもう迷走。不穏な予感。は否めないが、広義ではポテト(芋)の範疇だし、事実上スイートポテトとして、気丈にやっていこう。

sen.jpg

ってことで、すでに切り刻んでいるが、今回の材料は完成サイズ的に

a06.jpg

サツマイモ2個

a07.jpg

ジャガイモ2個でやっていく。覚えておこう覚えておきたい人のみ。

ではまず、普段は固体なイモたちを柔らかくすべく、いくつかにぶった切ったものを、水に沈めていく。いったん皮はそのままでもいい。

a08.jpg

後でぺロッて剥けるから(わりとペロッと剥けなくて面倒だったのは内緒)。で、これを蒸す。肉まんとかあんまんとかの際にやるやつだね。だいたい20分ほどで、箸とかをぶっ刺して、

b03.jpg

ぶっ刺せるくらいの柔らかさになったら出してOKだぜッ!! で、

b04.jpg

アチチアチ、言いながら、皮をなんとか剥いて、それっぽい棒で

b05.jpg

ぶっ潰す。容赦なくグッチャグチャに。犬もヒくほどに。

b01.jpg

あ、一応スイートポテトだけに、そういや味、のレシピも紹介だ!

まずは

zsato.jpg

砂糖。少しでも茶色味を求めて今回は黒糖だが、これを適量。あと

b06.jpg

バターを適量。あと、

b07.jpg

牛乳(が、なかったので)豆乳だが これを適量。

「適量」過ぎてレシピになってないことには気づいた。ごめん、覚えてないんだ。だいたいでいい。そしてこれをまた混ぜるべく、

b08.jpg

ぶっ潰す!!息の根を止めるべくグチャグチャに。犬もヒくほどに。

で一方、柴犬の白い部分を表現すべく投入されたジャガイモだが、

c01.jpg

このプロセスだと、ついポテトサラダになってくるのはやむをえず、

c02.jpg

油をどん。あ。そして

c03.jpg

塩をどん。あ。さらについ、

c05.jpg

マヨネをどん、あ。で、盲目的に潰しに潰したら、あらやだ。もろ

c07z.jpg

ポテサラビジョンに。この時点で、スイーツ感は瓦解したと言える。白色部分はソルティーに。

c06z.jpg

そして茶色部分はスイーティーに。

これ合体したら一体どんな味になっちゃうのだろう。もう知らん。

sen.jpg

では粘土状のダマは両方完成したので(一方はポテサラ爆弾だが)、

d01.jpg

まず白イモで、口周りをイメージしつつ土台を固める。その上に覆いかぶす形で、茶色イモで顔をイメージしつつ、

d02.jpg

粘土的に塑像していこう。…と、作業をしていると、なんかもらえるかと期待して、すぐそばで

d03.jpg

ガン見しているもも。さすがの卑しさだが、柴犬の顔がどうなってるのか参考になって助かった。…それにしても顔っぽくなるにつれ、禁忌的なモノを錬成してるような気がして、罪悪感は芽生えた。

sen.jpg

あ、そういえば。ここで、柴犬の目と鼻を忘れてたことに気がついた。柴犬の目と鼻って、そういや黒い。困ったことに黒い。

a09.jpg
・                  「勝手に困られても困る。心外」

はてさて、今さらどうしよう。どうせなら芋ポテトでなんとかしたいので、新たな芋として、芋業界の超いぶし銀的存在、

ji01.jpg

自然薯! Z・I・N・E・N・J・O! 突然ジネンジョ来たが、

ji02.jpg

これを、ももの目や鼻の形になるように切り出し、ストーブ使って

ji03.jpg

焼きまくって、

ji04.jpg

真っ黒けに焦がして、目と鼻として

d05.jpg

ぶち込もうぜ! いずれにせよもうスイーツの次元は越えていると言える。味とかはもういいとして(いいの?)もう芋、総動員である。

sen.jpg

ではこの異物をこんがり焼いていくわけだが、その前にあるコツが。その表面に、卵の卵黄で

d07.jpg

コーティングすると、ツヤも出てイイ感じで焦げてくるのでオススメやでぇッッ!! 誰にススメているのかはわからない。

それが終わったら、お待ちかね、

d08.jpg

オーブンにぶち込もうッ!そして紅蓮の炎で、

d09.jpg

焼き尽くすッ!!「紅蓮華」と「炎」を聴きながら焼くのがオススメだ。温度は適当で、焦げつかない程度で焼き尽くしておこう、煉獄さんへの思いを胸に…!

sen.jpg

ではそんなプロセスを経てついに! 完成してしまった柴犬スイートポテト、というか「柴芋」の全貌が、これだ!!

e01.jpg

!!! あらまぁ!! 柴犬っぽい!!やや黄色味だけど、ギリ茶色っぽい感じで!!

e02.jpg

ちなみにヒゲ部分はゴマを使ったよ。うふふ。今までも柴フードいろいろ作ってきたが、今回はだいぶ粘土状だったので、今までで一番

IMG_2356.jpg

イメージ通りできたと言える!(ピンとこないであろう自画自賛。)

e04.jpg

まぁスイートポテトに見えないのは事実だが。ただ、もも的には

m03.jpg

クリソツ!これはご本人登場レベルであろう。ふとFITさせてみても

m02.jpg

YES!! すり替えてもいけそう!!

m01.jpg

なほどのクオリティーになっていたのであった。

sen.jpg

そしてさらに、なんとなく、食卓の方に置いておいたところ、

m06.jpg

!!? もも、なんだか

m07.jpg

拝んでいた。どういう状態これ。犬、よくわからないのであった。

e05.jpg

ではこの異物、いちおうスイートポテトと銘打っているが、実際の味は、一体どんなことになっているのであろうか!?

ついに実食!ってことで、まずは茶色くて、一番スイポテっぽい所を

e06.jpg

すくいあげ、いざ、おそるおそるパックンチョしてみると…

e07.jpg

お!! いわゆるスイートポテト部分は、よき! うまし! 決して甘すぎず、分量適当だったわりには絶妙な塩梅で、ちょこっと入れたバターもすごく効いていてる感覚!やったぜ!!

sen.jpg

と、いったんよかったが、今回最も気になる要注意点と言えるのが、スイートポテトとポテトサラダとジネンジョが交わり合っている

e08.jpg

このジャンクション部分。もう食べたくないが、やむなく一体どんな味なのかと、勇気を出してパックンチョしてみたところ…

e09.jpg

!!? スイートポテトの甘みとポテトサラダの辛みが混ざり、お互いを打ち消し合ったうえ、ジネンジョの無味さがそれを後押しし、トータルでは、プラマイゼロの味!! ただ何かを食べたという事実のみが残る感じに! やったぜ新感覚!

sen.jpg

と、味的には十分食べらるものであったが、ただ、

e10.jpg

なにぶんももの顔ゆえ、食べていくにつれ、また罪悪感が募っていったのであった。ももごめん。でも罪悪感をなんとか乗り越え、全部食べ終えるのに数日かかったけど、とりあえず

e11.jpg

スイートポテト、というか柴芋、が無事、堪能できたのであった!おつかれさまでした!

sen.jpg

というわけで、ぜひみなさんもコレを参考に、柴犬スイートポテト作ってみて頂きたいですが、くれぐれも、ポテトサラダは別枠にしておきましょう。ではまた、ごきげんよう。


 

はい、以上いかがでしたでしょうか、今週の「俺たち変質的柴犬クリエイター」。他にも「柴コロッケ」「柴モチ」「柴ギョウザ」「柴アイス」「柴大根おろし」「柴パン」も作れるのでぜひ。

zz01.jpg
シーヴァ教の偶像崇拝。

 


 

 ヨシダプロ、柴犬ももを〇〇で作るシリーズ 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ