特集 2022年4月9日

柴犬がパイの実に似てるゆえ「柴パイの実」が爆誕!

昔からパイの実が好きである。見てるだけでうっとりする。

すると、そのこんがり茶色加減が、同様に好きな我が愛犬(柴犬もも)に見えてきてしまったので今回は!

「柴パイの実」を作ってみたいと思うッ!!
 

多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:世界的眼鏡漫画「メガネ君2」

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ


神が作りたまいし禁断の実「パイの実」。

a01.jpg

その甘美な魅力に、人生でこれまで何個食べてきたか、皆目見当もつかない。家族用のファミリーパックも、実(ミノル:パイの実好き男子の総称)にとっては、個人用である。

a02.jpg

と、今日も今日とて、パイの実を見つめていたその時、ふと、そのこんがり茶色っぷりが、柴犬に見えてきた。もうこれ、ほぼ同じだ。こうなっては「柴パイの実」作るしかないであろう。

a03.jpg
・     「そうなの?」

って、そもそもパイの実って作れるのか、パイの実の売りでもあるパイ64層をどこまで具現化できるのか、謎だらけだけど、とりあえず、行ってみよう! 

zsen.jpg

ってことで、まずは

a04.jpg

パイ生地から。

a05yo.jpg
・             「え、そこから!?」

と、もももつい立ち尽くすほど驚いているが、それこそが、実(ミノル)。パイの実おなじみの

b00pai.jpg

64層を具現化するためにも、パイシートなどは使わず、パイ生地から作りあげてみたいと思う。ぜひみんなも参考にしよう!適宜ッ!

a06.jpg

では早速、薄力粉、150!

a07.jpg

強力粉、適当!

a08.jpg

バター、100!

a09.jpg

水、適当!な感じでドバドバ投入。そしてこれらが一体化するように

b01.jpg

ヘラかなんかで、裂くように、こねくりまわす。

b02.jpg

この段階ではダマな感じでよい。しかしこれ、ほぼバターだと思うと、ヘルス的にヒく。自作すると目にしたくない事実と出会うこともあるが、それは見て見ぬフリだ。

b03.jpg

そしてそれを、冷やして寝かそう。どれくらいか時間は忘れた。

zsen.jpg

いったん広告です

こうして冷やすことにより、

b04.jpg

よりヨギボー的存在となったところで、

b05.jpg

めん棒登場。

b06.jpg

ころりこねこねしたら、 

b07.jpg

それを折り畳み、 

b08.jpg

押しつけて拡げていく。まな板からはみ出た。あらまぁ。これを
6ターンくらい繰り返す。

b07.jpg

わりと面倒くさい。でもパイ層のためやでぇッ!

b09.jpg

で、また冷やして寝かす。

b10.jpg

物欲しそうに冷蔵庫を気にするもも。あんた食べられないから。

zsen.jpg

では、さらに引き締まったところで 

c01.jpg

パイ64層を具現化すべく、改めて折りまくっていく!まず2層から

c02.jpg

4層!

c03.jpg

8層! と倍々に、折り続けていき

c04.jpg

64層? なんか布団みたいになってよくわかんないけど、そうなってるはず!折ったし。が結局ここから、こねこね粘土的に塑像していくことになり、この層、即意味なくなることに気づくのであった。

…って、ここでふと。

c05yo.jpg
・                  「…散歩?」

この塊にてがっつりパイ作ったとしたら…、構造上、中まで火が通らず、中は食べられなくなるのでは! いっけねぇ!!と、パイケアレスを嘆いた、その時!

c06.jpg
・          「オレたちに任せろ!」

こ、この声は!

c07.jpg
・   「任せろ!」「任せろ!」「任せろ!」「任せろ!」「任せろ!」

うるさいが、パイの実たち、なんとみんなで身を挺して、土台になってくれるとのこと! なんというキングスライム的友情パワー。ではお言葉に甘えて(甘みだけに)パイの土台となってもらおう!

c09.jpg

ではこれに、カバーをかぶせるイメージで、

c08.jpg

パイ生地を拡げ、犬的に形づけていく。耳とかをね。絶妙に延ばして犬的に。生地、破れそうでヘンな神経が必要となる。

c10.jpg
・     「仲間?」

ただ今のところは白い犬。ソフトバンクの彼のようだが、目と鼻の部分は黒くせねば。なら、パイの実といえばチョコ、なので、

c11.jpg

チョコで目と鼻を切り出し、

c12.jpg

ハメ込み! で、ココで柴豆テクニック♪ このあとオーブンで熱するわけだが、チョコそのまま剥き出しでだったら、当然溶けだしちゃうので、チョコをハメたら、

c13.jpg

ちょいパイで包み隠そう。パイでディーフェンスするわけだね。で、焼いた後で削ればいいのさ。これでライバルに差を付けよう♪

d01.jpg

そしてココで、卵黄登場! これが、焼いた後のこんがり柴感を具現化するために、わりとキモゆえ、刷毛で

d03.jpg

べったり塗りたぐる。背徳的な感じにて。ではこの謎の物体を、

d04.jpg

オーブンへIN。パイの実のように&柴犬のように、こんがり茶色く焼き上げることを願って…! 500W前後で焦げないように調整。

d05.jpg
・     「不憫だわ」

ももも怪訝そうに見守っているが、強力粉が入っているゆえ、焼くとパン的にふくらむゆえ、顔がポッコリふくれて、殴られたボクサーのようになっている。やばい。なんかゴメンもも。

zsen.jpg

いったん広告です

ってことで、20分ほど熱したところで、これにて! あらためて、ついに爆誕してしまった「柴パイの実」が、これだ!!

p01.jpg

!?

p02.jpg

!!

p04.jpg

!?  後頭部はもう謎だけど、

p03.jpg

このこんがり具合はまさにパイの実のそれ! その茶色具合がまさに柴犬のそれ! ということで、もうこれは「柴パイの実」以外の何物でもないであろう! そう思わなきゃやってられないのだ! そして

p08.jpg
・                      「あらやだ」

もも本人も、食卓で対峙! クリソツなビジョンの出現に、

p10.jpg
・                        「こんにちは」

交錯する両者、いったい何を想うッ!! まぁ犬も、ましてや小麦粉バターも、どちらも想いなどないだろう。

p06.jpg

と、ビジュアルはイイとして、では、肝心なその味は!? そもそもこれ「パイの実」のはずなので、

p11.jpg

ちゃんと「パイの実」として成り立っているのか、実食してみよう!ナイフとフォークで食べるのかよくわからないが、柴犬の鼻の部分にメスを入れて

p12.jpg

切り出す! なんとも絵的にはパイ的だが、おそるおそる、パックンチョしてみたところ…

p13.jpg

!!? 外側はパリッと、確かなパイ的食感!だが、内側が…なんだこれ、ほぼ小麦粉! 火あんま通ってなかった!いっけねぇ! 生き急いだ模様。で、そもそも、そういや味ない! バターの塩味のみ!

p14.jpg

相対的に、甘味というか、チョコ要素足りず! でも、なんとか食べ進めていき、中に居たパイの実部分にたどりつくと、

p16.jpg

パイの実、ンマーー!! ほどよく熱せられたチョコがとろけて、ますますもって、美味なのであった!!

p17.jpg

ただ、生地に含まれていた強力粉のパンパワー圧によって、中に居たパイの実たち、若干ぺチャンコ気味にて! 実(ミノル)としては罪悪感が生じたのであった。ごめん。

zsen.jpg

というわけで、そんな「柴パイの実」、

p15.jpg

総括すると、「パイの実は熱しても美味しい」という元も子もないエンディングとなったが、犬好きかつパイの実好きな方は、参考にして作ってみていただけたら幸いです(マジ面倒)。ではまた。


 

はい、以上いかがでしたでしょうか、今週の「パイの実はデフォルトが至高」。みなさんも実らせていきましょう。

z01.jpg
食べたがるけど、種族的にチョコはNGな犬。​​​​​​

 

 

 ヨシダプロ、柴犬ももを〇〇で作るシリーズ 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ