特集 2023年8月23日

いきもの系ライターが取材で使う実用図鑑のおすすめベスト3(選者:伊藤健史)

 

【第1位】

昆虫探検図鑑1600 写真検索マトリックス付

(著 川邊透・全国農村教育協会) 

――いよいよ昆虫ですね!

伊藤:はい。身近な昆虫1600種を収め、分類・写真・生息地などで検索できるまさに探検(エクスプローラ)図鑑。サイズと見た目で直感的にパッと調べられる巨大ポスター「写真検索マトリックス」付きです。

付録の巨大ポスター「写真検索マトリックス」。サイズと見た目で直感的に調べられるし、なんかこれを作ること自体が壮大な仕事ですごいんです。(伊藤)

――うわーこれはわかりやすそう…!

伊藤:散歩で見つけた虫はだいたいこれを見ればわかります。

ここに載っていない種も筆者の管理するサイトでカバーされているので、とにかくまずこの本をペラペラめくって探し、わからなかったらサイトかより専門性の高い図鑑にあたるという、昆虫検索のプラットフォーム的存在。とにかく使いやすいです。定価4070円(税込)だがどう考えても実質0円。安い!

――3冊買っても合計実質0円!!恐ろしい実質コストパフォーマンスです……。

368445580_237800859229900_3403615623793893402_n.jpg
この図鑑で調べた虫、オオモンクロクモバチ。「アリを振り切り、木に登れ!狩りバチのテイクアウトが大変だった」より
いったん広告です

撮れ高の少ない取材でも図鑑さえあれば

――これだけあると生き物の名前が片っ端からわかってテンションも上がりそうですね。

伊藤:そうなんです。取材中ふと見かけて撮影しておいた生き物をこのすばらしい図鑑たちで調べて紹介できるので、撮れ高の少ない取材でも盛り上げができるのです(しみじみ)。

寄せては返す波のように繰り返しますが、図鑑はいくらしようが実質0円なので迷ったら買っておいて間違いありません。

――実質0円ですがなぜか現金は減るので購入は計画的にお願いします。伊藤さんありがとうございました。

「ベスト3を発表します」バックナンバー

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ