特集 2021年12月14日

ミニストップのちびたこをたまごでとじる

最寄りのミニストップまで徒歩40分。どうも、たまごでとじらー月餅です。

前回に引き続き、ミニストップのホットスナックをとじていきたいと思います。

1993年東京都生まれ。与太郎という柴犬と生きている普通の会社員。お昼休み時間に事務員さんがDPZを見ているのを目にしてしまい、身元がバレないかハラハラしている。

前の記事:ゴムパッキンを犬として愛でる


今回の主役はこちら。

chibiatko_02.jpg
ちびたこ(マヨ&ソース)!

カリカリの小さい揚げたこ焼きがたくさん入って税込み213円である。お求めやす~い。

公式サイトによると、8年前にも販売していたようだ。
復活希望の声に応えて今年の9月から復活したとのこと。

chibiatko_03.jpg

断面はこんな感じ。マヨネーズとソースが中に入っているのであとからかける必要がない。画期的!

手も汚れず、一口で食べられていい。
小腹がすいて外でサクッと食べたいな~というときに最適だ。考えた人、天才。


では早速たまごでとじていこう。

chibiatko_04.jpg
2個ほどつまみ食いいたしましたので実際はもう少し入っています。

 

chibiatko_05.jpg
たまごと三つ葉を投入して蓋をする。いつも通りですね。
chibiatko_06.jpg
三つ葉をのぞくとき、三つ葉もまたこちらをのぞいているのだ。
chibiatko_07.jpg
できました!お麩みたいでかわいい!
chibiatko_08.jpg
ソースとマヨネーズの味付けがご飯とどう絡むか。いざ実食。
chibiatko_09.jpg
(犬が消えたな……)
chibiatko_10.jpg
オホホ、おいしい!

予想外なことに、味は全体的にやさしい。
気になっていたソースとマヨネーズの存在をあまり感じないのだ。

その代わりにちびたこの生地に練りこまれたお出汁の香りが強くなっていて、たまごと調和しておいしい。
「合わせるもので味の印象がこんなに変わるんだ!」とちょっと感動してしまう。料理って化学だ。

でもね、でもね~!

chibiatko_11.jpg
ジャンクな味変もしたいよね~!!!

ソースとマヨネーズをかけてたこ焼き感を強めてみた。
だって、明石焼きにソースをつけるお店もあるじゃないですか。それっておいしいと思うんですよね。

chibiatko_12.jpeg
ガッハッハ!大成功だこれ

たこ焼き感が強まり、でもたまごとお出汁がしっかりとごはんとの調和を取ってくれている。
ソースとマヨネーズをごはんに合わせるという行為に馴染みがなかったけど、めちゃくちゃおいしいんですね。
お好み焼きをおかずにするのってこういう気持ちなのかもしれない。

ちびたこ、とってもおいしいので是非とも買って食べてみてね。
たまごとじにしたいという奇特な方は、2段階のお味をお楽しみください。
 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ