チャーハン部 2023年4月11日

写真好き店主が作る食べ応えと歴史あるチャーハン~奈良「中華料理 大廣」~

0012.jpg
大廣のおとうさんこと村上義廣さん。タチハラで撮影した作品群を見せてくれました。

「そう、タチハラ。見て、これ、全部撮ったん。」

「大廣」の村上義廣さんはお店歴50年にして写真歴40年以上。奈良の写真クラブを取り仕切っており、毎年のように大規模な展示会を主催しているとのことだった。

大判のポジフィルムでしっかりと撮られた写真は、そこに窓があって風景を生で見ているみたいなリアリティがある。

「にいちゃん、いいカメラやね。ライカ?音がいいわな。中判もやるん?ローライか、あれもいいわな。でもな、大判はまるで違うで。これ担いで山登ってな、山にはな、その季節に、その場所で、その時間にしか現れない景色があるんや。それをな、こうじっと待ってな、息を止めて、シャッター切るんや。するとな」

ーーすると、どうなるんですか。

「たまらんで。」

村上さんには年間を通して、この季節のこの時間にこの場所で撮る、というプランがあるのだという。次来るときは一緒に春日山に登ろうや、と誘ってもらったので、僕は行きますよ。

0002m.jpg
僭越ながらポートレートを撮らせてもらいました。あとでプリントしてお店に送りますね。
いったん広告です

お代を払い忘れるほど盛り上がりました 

チャーハンを食べてから20分くらい写真を見ながらカメラの話をさせてもらった。最高に楽しい時間だった。これから仕事で東大寺に取材に行くんです、と名残惜しくお店を後にしたのだ。

東大寺に向かってしばらく歩いているときに、チャーハン代を払っていないことを思い出した。

計らずや食い逃げである。あわてて走って帰ってすみませんすみませんと謝り(おとうさんは「わざわざよかったのに」と言っていた。よくないですよ)お支払いさせてもらった。

旅先でチャーハンを食べるとこういう出会いもあるのだ。やっぱりチャーハンは最高である。

中華料理 大廣
奈良県奈良市椿井町5 椿井市場内
074-226-4935
この記事を読んだ、と店主に伝えてくれると僕がうれしいです。

 

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ