特集 2015年1月26日

埼玉、うどんチェーン店めぐり紀行

!
埼玉生まれ。電子書籍『初恋と座間のヒマワリ』(リイド社刊)発売中。最近、ほぼ毎日ブログを更新していますので、良かったら読んでください。

前の記事:首都圏でロングトレイル

> 個人サイト 日々の凧あげ通信アネックス

そんな私は、いま、低糖質ダイエットなどを始めてしまいまして、うどんの写真を見るたび、悶え苦しんでいます。

この正月、実家に帰ったら、母親に、「二重あご」「ゼイハア言ってる」「ほんとデブ」「私の知ってるお前の顔じゃない」とか言われ続けたので、うどんが食べられないのです。
いや、取材で1日だけならとかだったら、食べられるけと思うけど。

でも先日、健康診断に行ったら「あらー! 血がサラッサラ」と看護士さんに言われたので、健康なデブだと思うんですがね。
それに別にね、うどん食べ過ぎて太ったわけじゃないんですけどね。
うどんは悪くない。
えーと、何の話でしたっけ。

それはともかく。
さて、正月開け、まずは取材班(私とTさん)、スーパービバホーム新都心店のフードコートにある「お多福」に行ってまいりました。
モロ、フードコートっぽい風情ですな。
モロ、フードコートっぽい風情ですな。
メニューのトップにある肉汁うどんを食べるよ。
メニューのトップにある肉汁うどんを食べるよ。
「Tさん、フードコートのうどん…。
当然、期待してないわけだけれどさ(失礼)」
「でもこんなに並んでるんだよ、ラーメン屋さんの列よりずっと長いよ、人気だよ、そこそこ美味しいはずだよ!」
「そうかなあ」
「そうに違いな」
「それにしても、この店も肉汁うどん推しなんだねえ」
「埼玉=肉汁うどんの国、ってことでいいのかねえ」
「ほとんどの店で肉汁うどんを推してるよねえ」
「しかし650円って結構強気の値段よね」
きたきたっ。
きたきたっ。
こんな感じの麺。太めですかね。
こんな感じの麺。太めですかね。
こんな感じのおつゆ。あぶらげとおにく。
こんな感じのおつゆ。あぶらげとおにく。
読んでもよくわからない説明。
読んでもよくわからない説明。
「味は……一応、武蔵野うどんだけど」
「味は……『藤店うどん』インスパイア系な感じがするね」
「あの有名店ね。並ばないと食べられないお店。埼玉の代表的な味の店」
「太めで、かみごたえあって、つゆと、味のバランスとか……」
「それにしても、うどんでも『インスパイア系』ってあるんだね」
「そりゃあるさ、有名店のは特徴があるから」
「で、このお店の麺、ゆでおきのうどんだけど、まあ歯ごたえがあって、フードコートにしては美味だよね。」
「そうね、肉汁もうまい」
「というか、不味い肉汁ってなかなか作れないよね」
「肉ってすごいな……」
「ビバ、肉」
「まずい肉汁に出会ったことないもんね」
「確かにね」


さて、次は、山崎製麺所、竹國へ。
一件目が普通だったので、期待してない状態で行きました(失礼)。
いったん広告です
竹國!
竹國!
「ファミレスみたいな店内ね」
「ゆったりした椅子があって、うどん屋さんとしては珍しい感じね」
「あー落ち着く……」
鳥うどん……。
鳥うどん……。
カレーダブル……。天ぷら付き!
カレーダブル……。天ぷら付き!
いろいろだなあ。メニュー多いよ! 昭和29年創業の店なのに攻めてるなあ!
いろいろだなあ。メニュー多いよ! 昭和29年創業の店なのに攻めてるなあ!
「はっ、すごいことが書いてある!」
「ほんとだ、マジか! すごいね」
うどん食べ放題!!
うどん食べ放題!!
「うどん食べ放題ってマジか!!」
「なんだ、ここは天国か!?」
「しかし、そんなことして大丈夫なの?」
「でもこの店、和風ファミレスみたいなお店だし、腹をすかした男子中高生は来ないので、平気でしょ」
「そうなのかあ!?」
「腹をすかした営業マンとかが、食べるのかなあ」
「わからんなあ」
「でもここ、2人で1人分頼んでも、バレないよね、店のつくり上。店の見通しが悪いし」
「そういうセコイことはしないの!!」
普通に肉汁うどんを食べました。
普通に肉汁うどんを食べました。
いい麺ね。キラキラしてる。
いい麺ね。キラキラしてる。
安定の肉汁。タマネギ入ってるのは珍しかった。
安定の肉汁。タマネギ入ってるのは珍しかった。
「麺が美味しい! もちもちつるつるで。歯ごたえもあって」
「確かにウマイ!」
「チェーン店のうどんって感じしない。これ、すごいよ。かなりのレベル」
「すげー、いい発見した。いい店だココ」
「この自家製うどん店、西武ドームにもあるらしいよ」
「西武ドームのお客さんは、ありがたみわからず、雑に食べているのかしら」
「多分、そうね……」
「……でもいまスマホで調べたら、球場のおいしいうどんとして有名みたいよ。 食べログで3.5ついてる」
「おおう!!」
いったん広告です

ボーナストラック、味の民芸

次は、埼玉にあるけど、埼玉が本拠地じゃない店に行ってみた。
それは「味の民芸」。全国展開しているお店です。
見た目、ファミレス。
見た目、ファミレス。
メニューもファミレス。
メニューもファミレス。
肉汁うどんは推しメニューらしい。
肉汁うどんは推しメニューらしい。
さて、食べますか。
麺が細いねー。
麺が細いねー。
おとなしめの汁。埼玉うどんはもっと具沢山かもしれない。
おとなしめの汁。埼玉うどんはもっと具沢山かもしれない。
美しい麺。
美しい麺。
「うわ、武蔵野うどんと比べると、麺が全然違うね!」
「稲庭うどんみたいにツルッとしてるね」
「食感がもう、ほんとに、ぜんぜん違う……やわらかい」
「でもこれはこれで、、、、」
「うまい!」
「うまいねえ」
「それにしても肉汁うどんカルチャーってどこ発祥なのかねえ」
「いま全国で、うっすら流行ってるよねえ」
「埼玉なのかなあ……」
「埼玉なんだろうか……」

そんなわけで、うどんの写真を貼付けていたら、猛烈にうどんが食べたくなってしまいました。

ダイエットはつらいものです。
糖質制限は、ほんと、何かスッカスカな気分になります。
ハリボテの食事をしているような感じ……。

ああ、うどんが食べたい。
うどんにまみれて死にたい。
でも身体のことを考えたら食べられない。

うどん旅は続けられるのか!?

ひき続き埼玉うどん情報募集中です

ひき続き埼玉うどん情報タレコミ募集中です。
東京の武蔵野うどんについても情報募集します。
zamatohimawari@gmail.com
美味しい店、変わった店、うどん店密集地域など、教えてください!!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓