特集 2014年2月17日

埼玉・加須うどん食べ歩き!

!
埼玉県が香川県に次いで、うどんの生産量2位、って知ってました?
隠れた「うどん県」なんです……。
当サイトでも「なぜ埼玉はうどんを緑にしたがるのだろう」「埼玉はうどんにコンプレックスがあるのか
など、埼玉うどんに言及している記事がたくさんあります。

興味があって調べているうちに、埼玉県内でも、「加須(かぞ)市はうどんのまち」ということを知りました。
江戸時代からうどん打ちの歴史があり、近年になって、うどんで町おこしを始めたらしいです。
市内にはなんと40軒以上、うどん屋さんがあるとか。
埼玉生まれ。電子書籍『初恋と座間のヒマワリ』(リイド社刊)発売中。最近、ほぼ毎日ブログを更新していますので、良かったら読んでください。

前の記事:さいたまスーパーアリーナの反対側ってどんな感じ?

> 個人サイト 日々の凧あげ通信アネックス

車で走ってみると、「あ、ここうどん屋さん、ここもうどん屋さん、あそこもうどん屋さん!? えー!」というハイペースで、看板が目に入ってくる。
こんなにうどんが大好きなのに、最近になるまで、うどんを売りにしなかったなんて……。気づくまでが、遅かったのだろうか。
私も埼玉出身だけど、知らなかったものなあ。
そんなわけで、友人3人と、車で加須市うどんドライブへ。ここは駅前。
そんなわけで、友人3人と、車で加須市うどんドライブへ。ここは駅前。
交番に行ったら、うどんマップが貰えました。
交番に行ったら、うどんマップが貰えました。
まずは「ここ、一番有名店らしいよ」という店、「子亀」へ。
子亀!
子亀!
お昼ジャストに到着したら、地元客でほぼ満席。なんとか座れました。
何を頼んだらいいのか、周囲を見まわします。
なんかみんな、鍋焼きうどんとか、あったかいの、食べてるみたいなんだけど……。
壁にはたくさんのサイン。著名人が取材で来てるみたい。
壁にはたくさんのサイン。著名人が取材で来てるみたい。
そしてテレビチャンピオンに、かつて出演されたことがあるようです。文字がおもいっきり手書きなのが、なんとなくショックでした。手づくり感……。テレビ東京さん……。
そしてテレビチャンピオンに、かつて出演されたことがあるようです。文字がおもいっきり手書きなのが、なんとなくショックでした。手づくり感……。テレビ東京さん……。
しかし、何を食べたらいいのか、よく分からず。

「肉みそうどん、っていうのが、加須市では有名らしいんだけど……」
「なんか、昔から食べられてきたメニューじゃないみたいですね、B級グルメイベントのために、考案された町おこしメニューみたいですね」
「かといって、他のどれがいいのか……」
「すりごまの、つけ汁うどんが推しメニューらしいですよ」
「鶏ごぼうごはん130円、肉じゃが、もつ煮380円っていうのも気になりますね」
「お酒もあるから、ここで飲む人もいるんだろうね」
「うーん」
「うーん」
問題の肉みそうどん。
問題の肉みそうどん。
ほかにも推しメニューいっぱい。
ほかにも推しメニューいっぱい。
結局、みんな、好きなものを頼むことにしました。
Tさんは鴨なんばん。
Tさんは鴨なんばん。
Cさんは鴨うどん。
Cさんは鴨うどん。
Yさんは肉みそうどん!
Yさんは肉みそうどん!
私は、つけ汁うどんにしたよ。
私は、つけ汁うどんにしたよ。
ごま味。
ごま味。
甘めの味噌に、何かハーブ(たぶん紫蘇)が入ってて、さっぱりした味でした。
めんは、かた過ぎず、やわらか過ぎず、太すぎず、細すぎず。
特徴といえば、ちょっと長さが長いこと。箸で手をエイヤッて持ち上げても、麺のおわりまで、持ち上げられない。若干、食べにくい。
でもおいしい。近所にあったら食べに来ると思う。
しかし、他人には説明しにくいうどん。
そう、「他人に説明しにくいうどん」だから、加須うどんはブレイク前夜が続いているのかも! なるほど。
食べ歩きキャンペーンもやってます。
食べ歩きキャンペーンもやってます。
ディズニーリゾート券、当たるといいなー。
ディズニーリゾート券、当たるといいなー。
そういえば、「食べ歩きキャンペーン」を実施している自治体に、言いたいな~とずっと思ってることがひとつある。
「割高でいいから、食べ歩き用のミニサイズを出して欲しい」ということ。
コストパフォーマンス悪くていいんです。食べ歩きって、遊びに来てるんですから。残すのが嫌で、おなかパンパンになっちゃうんです。長居もしないし。
是非検討して欲しいです。おねがい、えらいひと!



そして、次。
老舗、岡村屋に行こうと思ったら……。
臨時休業してるー!
臨時休業してるー!
「ど、どうしよう。老舗、休みだよ!」
「ほか、どの店がいいのか、分からないねえ」
「……じゃあここ!」

新井うどん店に向かうも、
そこも臨時休業!!

「なんで!? 今日、土曜日なのに、定休日じゃないのに……」
「どうしようか」
「ガイドマップで、コシの強いうどん、って書いてあるから、ここに行ってみよう」

そんなわけで、「つかさ」へ。
つかさ、 ここも古そうな店。
つかさ、 ここも古そうな店。
そしてこの店も、おすすめメニューが多種あって…。
そしてこの店も、おすすめメニューが多種あって…。
どれが売りなのか、分からなかった。
どれが売りなのか、分からなかった。
Tさん、Cさんは肉みどうどんを。「なんか洋風っぽい」とのこと。
Tさん、Cさんは肉みどうどんを。「なんか洋風っぽい」とのこと。
Yさんはカレーうどんを。
Yさんはカレーうどんを。
私は蕎麦との合い盛り、660円。
私は蕎麦との合い盛り、660円。
そう、この加須地域、うどん屋さんが多いんだけど、同時にそばも出しているお店が多数あるようなのです。
基本は、手作り感のある、田舎そば。

しかし、やっぱり、うどんの麺が長い。正直、食べにくい、何故長いのだろう。
長いほうが縁起がいいのかな?

さて、昼食でお腹いっぱいになったので、
ブックオフめぐりや、羽生のイオンをのぞいたりして数時間過ごし、
夕食にのぞむ私たち。

フフフフ、今度はネットで調べた、地元の人おすすめの店、「福中うどん」へ行くんだ。
分かりにくい場所にある、っていうところを、なんとかたどりついた、と思ったら……。
休業してるー!
休業してるー!
まあ、こんなこともあるさ、と、
また有名店に絞って行きました。
久下屋脩兵衛です!
きれいなお店。接待にも使える店、として有名らしい。
きれいなお店。接待にも使える店、として有名らしい。
価格帯高いのかと思ったら、ぜんぜんそうでもないなあ!
価格帯高いのかと思ったら、ぜんぜんそうでもないなあ!
Yさん、けんちんうどん
Yさん、けんちんうどん
Tさん、肉みそうどん。
Tさん、肉みそうどん。
私とCさんはゴマ汁うどん。
私とCさんはゴマ汁うどん。
ゴマは、小鉢で、自分でするんですよ。香りがいい!
ゴマは、小鉢で、自分でするんですよ。香りがいい!
そして、このゴマ汁。
めっちゃめちゃ美味かった!!!!
なんだろう、出汁が丁寧にとってあって、汁だけでも、ゴクゴク飲めるんじゃないかな~という美味さ。
これで600円とは……。

「このゴマ汁がうまいね……」
「ゴマ汁うどんで、B級グルメ大会出たら良かったのに……」
「いや、肉みそもそれなりに美味しいけど」
「肉入ってたら、間違いないもんねえ」
「ゴマ汁は、繊細さが求められるから、大量にいっぺんに作るのとか、無理なのかも」
「地味だしね」
「というか、加須のうどん店、みんながゴマ汁作ってるわけじゃないでしょ?」
「いやどうなんだろう?」
「そんなこと言ったら、肉みそうどんも、全店舗は出してないみたいよ」
「うーん」
「うどん、美味しいのに……」
「推しにくい町、それが加須……」

うーん、埼玉って難しい。

ボーナストラック、久兵衛屋

「ぜったいに食べておいたほうがいいから! こういうものもあるんだって、知っておいたほうがいいから!」という、Tさんの強いすすめで、
埼玉に来たついでに、埼玉を拠点に置くうどんファミレス、久兵衛屋にも行ってみた。
普通にファミレスのつくり。
普通にファミレスのつくり。
とりあえず……。
とりあえず……。
つけ汁うどんを推してるのかな?
つけ汁うどんを推してるのかな?
一番推しメニューの、肉汁うどんを食べることに。
一番推しメニューの、肉汁うどんを食べることに。

さすがにみんなおなかいっぱいなので、3人はデザートやドリンクバーを頼んで、うどんは一食ぶんオーダー。

カッツーン。
テンション高!!
肉と、うまみ調味料の、ジャンキーな美味しさであった。

ああ、これと比べると……。
今日は、ずいぶんと繊細なうどんを、食べ歩いてきたのだなあと、自覚した。

久兵衛屋はそれはそれでいいんだけど……。うん、美味しいですよ、でも……。
加須のうどんのほうが、個人的には好きです。

しかし、埼玉発「つけ汁うどん」って、
もしかしてブーム来るのかな?
ほ、ほんとに……?
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓