広告企画 2020年11月19日

グーグルマップに載っていない道と美しき分水嶺を見る旅~投稿頼りの旅in岐阜県~

岐阜県という場所がある。天下分け目の戦い「関ヶ原の戦い」が行われた場所であり、下呂温泉があり、甘柿の代表品種「富有柿」などを有する場所だ。毎年夏になると「暑い」と話題になる多治見市も岐阜だ。

そんな岐阜を皆さんからTwitterやメールで教えていただいたオススメで旅したいと思う。ガイドブックには載っていないような景色に出会えるかもしれない。岐阜の素晴らしさを再発見するのだ。

 

※これまでいろいろな場所で取材をした記事を読めば誰もが知ったかぶりできるはず。「知ったかぶり47」は、デイリーポータルZと地元のしごとに詳しいイーアイデムとのコラボ企画です。

1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。(動画インタビュー)

前の記事:衛星写真で去年と今年を比べると変化がわかって面白い

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

岐阜は私の故郷

大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公「明智光秀」が生まれ、織田信長のゆかりの街でもある岐阜。戦国時代を語る時は必ず岐阜が登場するのではないだろうか。合掌作りの集落「白川郷」があるのも岐阜だ。

002.jpg
岐阜はいいところですね!

この記事を書いている私も非常にゆかりのある場所だ。昔付き合っていた女の子が岐阜に住んでいたからだ。だからたまに岐阜に行っていた。もう随分と昔の話だけれど、私は岐阜に行っていたのだ。

003.jpg
ゴールド信長

ただ私は岐阜に詳しくはない。なぜなら岐阜に行ってはいたけれど、その女の子しか見ていなかったから。ゆかりはあるから私の故郷と言えるけれど、その子のことしか見ていなかったから、岐阜の記憶がその子のことしかない。

004.jpg
鵜飼とかも有名ですね!

私の故郷なのに、全然知らない。ということで、皆さんからTwitterやメールで教えていただいたオススメを訪れてみたいと思う。きっとあの頃の彼女を超える岐阜に出会えるはずだ。岐阜は素晴らしいのだ。

005.jpg
ということで、
006.jpg
岐阜に来ました!

リスリスリス

最初に行くのは金華山にある「リス村」。ロープウェイに乗って山頂付近まで行くと、そこに「リス村」があるそうだ。金華山には岐阜城もあるのだけれど、リス村がオススメと教えてもらった。岐阜城は無視して、リス村を目指す。

007.jpg
これが岐阜城!
008.jpg
ロープウェイに乗って、
009.jpg
リス村に到着!

昭和40年に当時の日本では初めてとなる「リス村」が開村する。それがこのリス村。そもそも昭和11年に岐阜公園を中心に躍進日本大博覧会が開催され、当時では珍しい「タイワンリス」が持ち込まれ、その後野生化した。そのためこの辺りには野生のタイワンリスもいる。

010.jpg
そして、
011.jpg
リス村にも!

リス村のフェンスの中に入ると、ラグビーでボールを持っている人にアタックする感じでリスがやってくる。めちゃくちゃやってくる。全く人を恐れないようで、バンバン来るからこっちがリスを恐れてしまう。バンバンなのだ。

012.jpg
バンバン来ます!

写真ではお利口に私の手から餌を食べているように見える。でも、違うの。自分で私の体に飛びつき、よじ登り、手に餌があるのを知っているから、手を見せんかい、とやって来る。現金なやつで餌がもうないとわかると帰ってしまう。ちょっと寂しく感じる。餌ではなく、僕を愛してよ、と思うのだ。

013.jpg
バンバンですよ!

リス村を見た後に、興味はあるし岐阜城も見に行こうかな、と思ったけれど、リス疲れなんですかね、なんかいいや、別にススメられてもいないし、ということで、下山した。ロープウェイで。リス疲れなんてもう感じることはないと思う。

014.jpg
一応、近くまでは行った!

リスリスリスリスリスリス

次は高山市にある「リスの森」に行こうと思う。岐阜にはリス村もあれば、リスの森もあるのだ。ただリスの森にいるのは「エゾリス」と「シマリス」。リスの種類がリス村とは異なる。リス村ほどはバンバン来ないのではないだろうか、根拠はないけど。

015.jpg
リスの森に来ました!
016.jpg
エゾリスが、
017.jpg
いますね!
018.jpg
バンバン来た!
019.jpg
バンバンや!

リス村を超えた。バンバンレベルを超えた。お前はムササビか! って言いたくなる感じで飛んで来るのだ、エゾリスが。私の体を木と思っているのか、我が物顔で歩き回り、ポッケを漁ろうとする。ポッケに餌があるのを知っているのだ。ねえ、餌ではなく僕を愛してよ。

020.jpg
餌を食べている時だけ静か!
021.jpg
満足したら無視!

エゾリスに比べたらシマリスは静か。ペットショップで見るシマリスは落ち着きなく動き回っている気がしたけれど、ここでは「自分もいいんすか!」みたいな感じで奥ゆかしく餌をもらいに来る。

022.jpg
奥ゆかしきシマリス!

エゾリスとシマリス合わせて200匹ほどがここにいるそうだ。餌がなくなると誰も来なくなるんですね。それがとても悲しい。結局はバンバンに来て欲しいのだ。私の体中をリスに走り周って欲しいのだ。

023.jpg
これが楽しい!
024.jpg
興奮でメガネが曇りまくった!

日本海へ、太平洋へ

川の水は日本海か太平洋かに流れる。どちらに流れるか、が決まるのが分水嶺。郡上市に「ひるがの分水嶺公園」というものがある。大日ヶ岳から流れてきた水がここで日本海へか、太平洋へかが決まる。その瞬間を見ることができるのだ。

025.jpg
ひるがの分水嶺公園
026.jpg
ここで決まります!

向かって右に流れれば日本海、左に流れると太平洋へと行くことになる。一緒に流れてきた水たちがここで別れるわけだ。あんなに「ゴールまで一緒に走ろうね」と言っていたのに、ここで別れてしまうのだ。

027.jpg
人(水)生の分かれ道!

太平洋に流れるものが「長良川」となり、日本海に流れるものが「庄川」となる。庄川と比べると、長良川の方が長いので、さっさと海に流れつきたいと思ったら「庄川」を選ぶことになる。どちらにしろここでお別れなのだ。結婚しようと言っていたのに。

028.jpg
彼は日本海へ
029.jpg
彼女は太平洋へ

一緒に行こうと言っていたのに、ここで別れる。そのようなドラマを勝手に想像しながら水の流れを見ると、月9かなと思ってしまう。ただもう時期的に寒いんだよね、標高も高いし。水に手を入れたら、痛かった。冬なのだ。

030.jpg
嘘みたいに紅葉は綺麗だった!

 

つぎはかつての城跡へ!岐阜出身の編集部石川との対談はこちら
prof02.jpg
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ