特集 2023年9月7日

北朝鮮ガールズバンド「モランボン楽団」の名曲ベスト3(選者:こーだい)

 

【第1位】

『行こう白頭山へ』

――曲名に固有名詞が入ってきましたね。

こーだい:白頭(ペクト)山というのは北朝鮮と中国の国境線上にある山の名前で、パルチザン時代の金日成が根拠地にしていたことがあったり、古くから信仰の対象になっていた聖地のような場所です。日本の富士山みたいなものでしょうか。

その「北朝鮮版富士山」をたたえ、同時に独裁者の金一族もたたえちゃうという曲です。

――1位の理由は?

こーだい:とにかくメロディが壮大です!そしてそのメロディに負けない楽団員の歌声が光る一曲だと思います。歌唱力の高さに引き込まれます。

楽団員の練習時間は一説によると1日16時間と言われていますが、国中から才能のある人を選抜して集めて、1日16時間練習させて自分を崇拝する歌を歌わせてるんだなと。こういうことができるのが独裁体制なのかと感動するやら怖いやらでたいへんです。

――ミュージックビデオを通していろいろなものが見えてくる気がしますね…。

いったん広告です

メッセージ性の高い楽曲たち

――最後に、あらためてモランボン楽団の魅力とは?

こーだい:伝えたいメッセージが明確にあると作品に一本筋が通る、というのは創作の世界ではよく言われることですが、そういう意味ではモランボン楽団の歌はどれもが名曲です。

北朝鮮というと日本では何をしているのかわからない闇の国みたいな印象がまだまだ強いですが、こういう洗練された楽団も生み出せるんだという一面を覗いてみていただきたいです!

――どうもありがとうございました。

「ベスト3を発表します」バックナンバー

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ