特集 2017年12月28日

居酒屋システム秘話、爆発して誕生、犬の創出 2017年記事集 誕生編

!
2017年の記事集、今日のテーマは「誕生」です
いまから46億年前。なんかよくわかんないけど地球が誕生し、そしてその6億年後に生命がなんかよくわかんないけど誕生した……。

こんにちは。編集部の古賀です。

デイリーポータルZ年末とくべつ企画の記事集、本日は2017年に公開した記事から「誕生」にまつわる記事をあつめてご紹介します。

荘厳なテーマにあわせ記事冒頭も大きく始めてみようとしたですが、生命の誕生をネット検索したところ有機化合物やらアミノ酸生成やらホンゲ~という内容だったためぼんやりした書き出しになった次第です。

どっちみちご紹介する記事はすべて直感的な内容となっておりますので丸腰でごらんください。

ハロー、ワールド!

文字通りの爆誕

「爆誕」という言葉がありますが、文字通り爆発して誕生させたのがこちらの記事。
!
今回は各記事にライターからコメントをもらっております。
この3ヶ月ぐらい前に『特撮のロケ現場でババーン!と爆破結婚写真を撮ってきた』という記事を書いたんですが、その時は天候条件が悪かったということもあってのリベンジ的な記事です。

まさか年に2回も爆破することになるとは。この日は天候も最高とあって、青空にドカンといい感じの爆発写真が撮れました。

個人的には、この撮影の前週に肩の骨を折って手術したばかりだったので、写真に写るときはいちいち三角巾を外さなきゃいけなくて面倒くさかったのを覚えてます。

あと、爆破の衝撃波がちょっと骨に響いた。
みごとな爆誕写真ももちろんなんですが、

結婚→爆発→骨折→爆発

というきだてさんの今年上半期の濃さがすごい。

そして誕生を早くも置いといて爆発だけした記事があるのでこれも絶対に未読の方は読んでほしいです。


爆発メイク入門(べつやくれい)
>!
見どころはもちろん完成したメイクです。…だと当たり前すぎるのでもっと細かいところを言うと、鼻血の長さで時間の経過がわかるところです。

記事中の写真でいちばん長く出ているのが、2ページ目終盤で三善の商品説明をうかがっている写真。

完成したメイクも、実はルミネの広告風のほうが先で(メイク完了、の写真の直後)表紙風の方では少し流れ始めています(鼻血の位置が違うのは、鏡越しかそうじゃないかの違い)。

余談ですがこの血のり、ティッシュとかで拭いたときも本物の血を拭いたっぽくなるので血が出したい人にマジおすすめです。
一番鼻血が長く出ている写真
一番鼻血が長く出ている写真
鼻血の長さで時間の経過が分かる。どんなミステリ小説の推理だという状況ですが、見ると確かに鼻血の長さが違います。いや、なんなんだこの時間帯は。


さらにこちらは躍動感で「誕生!」「登場!」という雰囲気づくりに成功した記事。


自撮り棒に扇風機をつけると躍動感がちがう(與座ひかる)
!
「髪がなびくとおもしろいな」と思いミニ扇風機をつけたものの距離もあるので「2~3本ふわっとするだけだろう」と予測していました。

いざ電源を入れてみたところ、想像以上になびき、体験した人がみんな笑ってしまっているのがみどころです。

また、自撮り棒単体を紹介する撮影をふわふわカーペットの上で行なっているのですが、これはフリマサイトから学んだ商品の撮影技術です。やたらふわふわの上でとります。確かに少し高級感が出ます。
ふわふわカーペットの上の自撮り棒
ふわふわカーペットの上の自撮り棒
今回のライターからのコメントは「記事のみどころを教えてください」と頼んでいるのですが、まさかふわふわカーペットが注目ポイントだったとは意外です。


続いてはストレートに「誕生秘話」をインタビューする記事。
!
いろんな媒体でたくさん酒場に関するレポートを書かせてもらってる僕ですが、かつて聞いたこともないほど斬新なシステム! 店主のタイプ! お話の内容!

どれをとっても、これまでのどの記事よりも飛び抜けていたと思います。

あ、全てがってわけではなくて、わかりやすく例えると、五角形のグラフの一点だけが飛び抜けすぎていて、引きで見るとほぼ直線になっちゃってる感じっていうんでしょうか。
逆にわかりづらかったらすみません。
席料の300円を払うとお酒の持ち込みがOKに。

さらにめんどくさくなったらそのお酒は置いて帰ってOK。

でもってその誰かが置いて帰ったお酒は席料300円を払った誰もが飲んでOK。

これ大丈夫なんかな!? という居酒屋でした。

五角形のグラフの一点、たしかに飛びぬけすぎです。

珍しい誕生秘話が出たと思ったら、超おなじみのあのチロルチョコの誕生秘話も。
!
最初、チロルチョコのアウトレットショップに勝手に行って、勝手に記事化したのですが、その記事を読んだチロルチョコ関係者の方から「工場見学にいらしてください」という連絡が直々にあり、またまた田川に行くことになりました。

わずか三ヶ月ほどの間に2度も田川に行くことになるとは。

地方に行く時「この町にまた来ることはあるだろうか?」という気持ちで取材することが多いのですが、こんな短期間の間に再訪できるのはなんだか新鮮な気持ちになりました。

ライター西村さんのコメントはチロルチョコというよりも田川再訪への感慨でした。そこか。


続いては工作・手芸枠から。
よく思いついたなというネタは「生み出された」と思ってみると新鮮です。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓