特集 2024年1月26日

「東京の本当に何もない駅」だった市場前駅の2007年と2024年

弊サイトの2007(平成19)年の記事「東京の本当に何もない駅」に登場した、ゆりかもめ市場前駅。

当時、本当に何もなかった駅は、2024(令和6)年の今現在、どんな感じになっているのか、見に行ってきました。

鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。(動画インタビュー)

前の記事:『俳句歳時記』の“気象俳句”を気象予報士と考察する

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

17年前は、本当に何もなかった

今からおよそ17年前の2007年。デイリーポータルZが「東京の本当に何もない駅」として、ゆりかもめの市場前駅を、当時ライター(後にデイリーポータルZ編集部)だった工藤さんが取材しています。

02.jpg
2007年5月31日デイリーポータルZ『東京の本当に何もない駅』より

2007年といえば、今(2024年)から17年前ということになります。

この年、アップルは最初のiPhoneを発売し、Googleはストリートビューを公開しました。インターネット界隈ではエポックメーキングな年といえるかもしれません。

当時の首相は安倍晋三(一期目)で、宮崎県知事だったそのまんま東の「どげんかせんといかん」とか、小島よしおの「そんなの関係ねぇ」なんて言葉やギャグが流行した年でした。

ゆりかもめは、前年の2006(平成18)年に有明駅から豊洲駅まで延伸し、このときに市場前駅が開業しました。工藤さんが取材に訪れた2007年は開業からまだ1年ほどしか経っていません。

今回、記事に使われた当時の写真の元画像を、工藤さんに提供してもらいましたので、その頃の写真と、今の状況を見比べて見てみたいと思います。

いったん広告です

まずはトップの画像に使われている駅の写真。 

03.jpg
2007年のゆりかもめ市場前駅

ご覧の通り、だだっ広い荒野の中に、ゆりかもめの駅だけがポツンとある状況です。
元記事でも言及されていますが「何もない」というのは文字通りで、人家もビルもなんにもなく、ただただ広い荒れ地に、駅だけがポツンと存在していました。

駅は市場前と名乗っているものの、まだ市場は築地から移転してきていません。元記事では2012(平成24)年に、市場が開場予定だと書いてありますが、その後、土壌汚染などが問題となり、揉めに揉めたすえ市場の移転と開場は遅れ、2018(平成30)年10月にようやく開場しています。

とまあ、経緯はともかく。ひとまず、こちらの写真の現在の様子を御覧ください。

04.jpg
2024年のゆりかもめ市場前駅の様子

いきなり意味がわからない写真で申し訳ありません。

実はこれ、当時写真を撮影したと思しき場所まで、立ち入ることができなくなっていたため、いちばん近い場所で撮影したものです。

05.JPG
当時はなかった豊洲市場

駅の形などから察するに、2007年の写真はおそらく、現在、豊洲市場の青果棟となっている場所から駅を撮影したものでしょう。

もうすこし変化がわかるような写真をいくつかまとめて紹介します。

06.jpg
2007年、新豊洲方面から市場前に向かうゆりかもめの先頭車両から撮った写真
07.jpg
2024年のほぼ同じ場所

ゆりかもめで新豊洲から市場前駅に移動している途中の写真です。

2007年の写真では、駅右後ろにうつるレインボーブリッジが、雨でけぶってぼんやりしていますが、2024年の写真は新しく建った建物のせいで先っぽだけしか見えなくなっています。

08.jpg
2007年の市場前駅南口エスカレーター。だだっぴろい敷地が広がるのみ
09.jpg
2024年の市場前駅の南口エスカレーター。同じ場所とは思えない変貌ぶり

2007年の写真は、駅南口側にあるエスカレーターの上部からテプコ豊洲のビルがよく見えましたが、現在は建物の影に隠れ、上部しか見えません。
2024年の方は、テプコ豊洲よりも、その後ろにあるタワーマンション(スカイズタワーアンドガーデン)が目立ちます。

いったん広告です
10.jpg
2007年、市場前駅から有明方面を見る
11.jpg
2024年、市場前駅から有明方面を見る

2007年には見えていた旧東京港防波堤(横長の緑の茂み)はすっかり隠れてしまい、有明のタワーマンション、ガレリアグランデ(左側のビル)とオリゾンマーレ(右側のビル)の位置からかろうじて場所が推定できる状態です。2024年の方の手前に建込んでいる建物は豊洲市場青果棟です。

2007年、市場前駅周辺にひとりだけ警備員の人が居て、駅でいちばん「栄え」ていたという駅北口をみてみましょう。

12.jpg
2007年、市場前駅の栄えている方の北口
13.jpg
2024年、市場前駅の栄えている方の北口

2024年、栄えているとかいないとか以前に、横にでかいビルができた上に、新しい交差点ができており、当時の面影が駅以外はまったくないのです。

はたしてほんとに同じ場所かよと見紛うばかりの景色ですが、同じ場所です。右側のビルはメブクス豊洲というオフィスビルです。

14.JPG
メブクス豊洲
15.JPG
エントランスに洞窟みたいな穴が開いている

テナントを見てみると、ほとんどのフロアに「全国共済農業協同組合連合会(JA共済のこと)」と書いてありました。

いったん広告です
16.jpg
2007年、建設会社の看板が並ぶ場所
17.jpg
2024年、鉄道ファン(?)が写真を撮影していました

2007年、まだ市場の工事は着工前だったと思われますが、整備のための作業場や準備の工事のようなことは行われており、そのための案内看板もあったようです。

2024年は、工事のための看板は無くなっており、市場の入口に、日本語の他に多言語で立ち入りを禁止する看板が立っています。

18.JPG
2024年、多言語で立入禁止を伝える看板が3つ

⏩ 駅の中の変貌っぷり

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ