特集 2018年6月5日

姫路には姫路城の他にやたらとメルヘンな「白鳥城」がある

外国ではなく、姫路です!
外国ではなく、姫路です!
姫路といえば国宝・姫路城が有名だ。別名、白鷺城と呼ばれており、日本の美と歴史を感じさせる建築物である。

その一方で、姫路にはもう一つのお城「白鳥城」があるのをご存じだろうか。山の上にそびえたつその姿は、どう見ても日本の景色じゃない。まるで西ヨーロッパの風景なのだ。なんだこれは!

おそるおそる行って来た。
東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。
好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」

前の記事:弁当で作る爆弾オニギリは幸せだ(デジタルリマスター版)

> 個人サイト twitter

姫路城(白鷺城)はアクセス便利

兵庫県は姫路にやってきた。姫路駅から姫路城まではまっすぐにのびた大きい道路があり、いかにもまちのシンボルといった感じ。凄くかっこいい。
駅からお城が見える! 歩いて20分、アクセスが便利だ。
駅からお城が見える! 歩いて20分、アクセスが便利だ。
瓦の継ぎ目に使う漆喰(しっくい)で全体的に白く見える姫路城。暴れん坊将軍や水戸黄門などで江戸城という設定で撮影されているそうだ
瓦の継ぎ目に使う漆喰(しっくい)で全体的に白く見える姫路城。暴れん坊将軍や水戸黄門などで江戸城という設定で撮影されているそうだ

白鳥城は山の上

一方、白鳥城は駅から車やバスで30分ほどかかる。なんせ山の上にあるのだ。
めっちゃ遠くからでも見える。
めっちゃ遠くからでも見える。
嘘のような光景があった
嘘のような光景があった
今回の情報は、以前佐賀を取材していた時に出会った方たちからいただいた。姫路の熱気球チームで、佐賀では真夜中に開くあんこ屋に並んでスイーツをシェアした仲だ。(「佐賀には深夜23時から開く甘味処がある~地元の人頼りの旅in佐賀市」

姫路で再会し、私が好きそうな所、ということでこの白鳥城に連れて行ってくれることになったのだ。うん、こういうの大好きだ。
この写真だけ見たら日本とは思えない
この写真だけ見たら日本とは思えない
太陽公園というテーマパーク内にある。入園料は1300円。
太陽公園というテーマパーク内にある。入園料は1300円。
まさか個人の家??かと思ったがそうではなく、テーマパークの一部のようだ。

この城は世界で一番美しいとうたわれる、ドイツのノイシュバンシュタイン城を3分の2スケールで再現しているという。
手前にはラクダと像のオブジェ。設定がいまいちつかめない。
手前にはラクダと像のオブジェ。設定がいまいちつかめない。
微妙に表情の違うクマが並んでいるなど、「なんで?」が止まらない。
微妙に表情の違うクマが並んでいるなど、「なんで?」が止まらない。

後で知ったことだけど、太陽公園の案内をよく見ると「観光テーマパーク」とある。

創設者はこの近辺に福祉施設を多く持つ人で、旅行が難しい人たちのために世界旅行の気分を体験してもらいたい、とこのテーマパークを作ったのだそうだ。

だからあちこちに国境を越えたモチーフのオブジェがあるのか。
ログハウスの中をのぞいたら、「勇者ヨシヒコと導かれし七人」の衣装が。ロケ地に使われたようだ。
ログハウスの中をのぞいたら、「勇者ヨシヒコと導かれし七人」の衣装が。ロケ地に使われたようだ。
隣の大きいウェルカムハウススワンという所では民族衣装が並んでいた。女性は無料で借りられるという。
隣の大きいウェルカムハウススワンという所では民族衣装が並んでいた。女性は無料で借りられるという。
世界旅行を体験できるとあって、衣装まで無料で用意されている。子供用からXLサイズまで揃っているから、小さい子なんかは大興奮かもしれない。
モノレールに乗って3分で城につく。モノレールも城内もバリアフリーである。
モノレールに乗って3分で城につく。モノレールも城内もバリアフリーである。
私は成人してだいぶ経つが、ヨーロッパに行った事が無いので最大限旅行気分を味わうため衣装を借りることにした。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓