特集 2018年5月27日

弁当で作る爆弾オニギリは幸せだ(デジタルリマスター版)

夢のばくだんオニギリ
夢のばくだんオニギリ
先日お腹が空いた時に、コンビニで初めて「ばくだんオニギリ」(250円)を買ってみた。
普通サイズのオニギリより大きい。何が入っているのかな~。

と食べてみたらどうだ。どこが爆弾なんだよ!と憤った。

「爆弾」と冠をつけるからには、それ相応のインパクトとボリュームがあるべきだ! 2013年1月に掲載された記事の写真画像を大きくして再掲載したものです。
東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。
好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」

前の記事:神戸には空気が異常にキレイなカフェバーがある~地元の人頼りの旅 in 兵庫県神戸市~

> 個人サイト twitter

パッケージをよく見なかったのもいけないが、その時まで私は、ばくだんオニギリというものは少なくとも3種類以上の具が入っているものと勝手に思い込んでいた。

しかし食べてみたらどうだろうか、鮭と昆布の2種類しか入っていなかったのだ。(1種類しか入ってない爆弾おにぎりも後で見つけた)
悲しくて悔しかった
悲しくて悔しかった

ばくだんオニギリ界へ物申したい

誰がつけたかそのネーミングは素晴らしいと思う。ただ私からしたら実態がいまいち伴っていない。爆弾というからには、もっと具の種類を増やし、強烈なインパクトが欲しい。2種類3種類どころじゃ全然足りない!弁当の具を全部突っ込むくらいの勢いが欲しいのだ。
これくらい入ってたら文句無し
これくらい入ってたら文句無し
そこで今回、弁当チェーン店「ほっともっと」にて鮭弁、デパートにて崎陽軒のシウマイ弁当と、ホテルオークラのグルメプレートを購入し3種類のオリジナルのばくだんオニギリを作ってみた。
片手いっぱいくらいの大きさになった
片手いっぱいくらいの大きさになった
うち2つはちょうど砲丸投げの玉のよう。(この写真、浮かれすぎてていま見ると恥ずかしい)
うち2つはちょうど砲丸投げの玉のよう。(この写真、浮かれすぎてていま見ると恥ずかしい)
作り方はこうだ。大きめのボウル皿にラップをしき、ご飯を薄く延ばした所に弁当の具を全部投入して握り固める。
シウマイ弁当に入っていたご飯には黒ゴマがまぶしてあり凝ってる
シウマイ弁当に入っていたご飯には黒ゴマがまぶしてあり凝ってる
カラシもちゃんとつけておこう
カラシもちゃんとつけておこう
足りない部分は自分ちで炊いたご飯でカバー
足りない部分は自分ちで炊いたご飯でカバー
回しながら固める
回しながら固める
普通は手を三角に形づくるところ、今回は手のひら全体を使い玉をこねる。いわゆるお母さんの握るオニギリとは違い、工程が全体的にワイルドである。
海苔は切らずにそのまま2枚使用
海苔は切らずにそのまま2枚使用
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓