特集 2015年3月6日

コンビニの惣菜で手間いらずの燻製料理

下準備無しで燻製するだけ。簡単にうまくなる。
下準備無しで燻製するだけ。簡単にうまくなる。
燻製、うまいですね。最近は手軽に出来る道具も売られていて、家庭で、アウトドアでと楽しんでいる方もいるでしょう。

燻製することで元の食材に新たな風味が加わりうまくなるのはいいですが、実行するにあたり大きな壁があります。

下準備が非常に大変なのです。
1972年生まれ。元機械設計屋の工業製造業系ライター。普段は工業、製造業関係、テクノロジー全般の記事を多く書いています。元プロボクサーでウルトラマラソンを走ります。日本酒利き酒師の資格があり、ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しているので、体力実践系、各種料理、日本酒関係の記事も多く書いています。(動画インタビュー

前の記事:素晴らしき泡日本酒の世界

> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 工業製造業系ライター 馬場吉成 website

下準備に1、2日、1週間なんてものも

以前、お菓子を燻製にする記事を書きました。こちらです。

チーズおかきは燻製にするとおいしい

こちらの記事で燻製鍋を使った燻製たまごが出てきます。
燻製時間は10分程度だが、燻製出来るようになるまで1日必要。
燻製時間は10分程度だが、燻製出来るようになるまで1日必要。
燻製たまごの燻製時間は10分程度。燻製時間が1、2時間なんてものもあるので、かなり短い燻製時間です。しかし、燻製を開始するまでの下準備が丸1日かかります。
水から茹でて水温が90度に達してから5分で火を止め、すぐに冷水につけてよく冷やす。
水から茹でて水温が90度に達してから5分で火を止め、すぐに冷水につけてよく冷やす。
まずは半熟の茹で玉子を作ります。
卵の丸い底の方に少しだけヒビを入れてから茹でると殻が剥きやすくなる。
卵の丸い底の方に少しだけヒビを入れてから茹でると殻が剥きやすくなる。
茹でて殻を剥いたら各種の燻製用のタレに漬けこみます。
店で出している煮豚の煮汁を燻製用タレとして使用。
店で出している煮豚の煮汁を燻製用タレとして使用。
約24時間漬けこんだらタレから出します。
表面を拭いて1、2時間乾燥。このまま食べても味付き玉子としてうまいです。
表面を拭いて1、2時間乾燥。このまま食べても味付き玉子としてうまいです。
表面のタレをふき取り1、2時間風に当てて乾燥させます。
燻製鍋で約10分燻製。
燻製鍋で約10分燻製。
ここまでやってようやく燻製に入れます。用意に約1日。燻製時間は約10分。下準備の時間の方がはるかに長いのです。
本に出ている自家製ベーコンの作り方だと、燻製に至るまで約9日。食べたいと思った時から実際に食べられるようになるまで随分かかる。
本に出ている自家製ベーコンの作り方だと、燻製に至るまで約9日。食べたいと思った時から実際に食べられるようになるまで随分かかる。
道具の準備から始まり、燻製を自分でやるとなるとこのように色々手間がかかるのです。

しかし、チーズや魚の干物など、既に調理されていて下準備がほぼ要らない食材もあります。手作り的な事をやってみたいが面倒な事は出来るだけ避けたい。そんな方はそのような食材がおススメです。

コンビニ惣菜なら入手も簡単

更に燻製の下準備の要らない食材にこんな物もあります。
裂いてサラダに乗せたり、そのまま食べたり色々使える。
裂いてサラダに乗せたり、そのまま食べたり色々使える。
コンビニで購入できるサラダチキンです。これを燻製にすると簡単にスモークチキン風の物が作れます。
表面が濡れていると燻製香がうまくつかない。出来れば半日ぐらい風に当てて乾燥させるといい。
表面が濡れていると燻製香がうまくつかない。出来れば半日ぐらい風に当てて乾燥させるといい。
まずキッチンペーパーで表面の水分をよくふき取ります。
水が出てくるので、アルミホイルの上に置いて燻製。
水が出てくるので、アルミホイルの上に置いて燻製。
燻製鍋の網にアルミホイルを敷いてサラダチキンを乗せます。燻製用のウッドチップはお好みの物を。
途中で一度フタを開けて水分を拭き取るとより良いです。
途中で一度フタを開けて水分を拭き取るとより良いです。
強火で加熱して煙が出てきたらフタをして弱火に。15分ほど燻製して出来上がりです。
スモークの香りで新しいうまさが追加される。
スモークの香りで新しいうまさが追加される。
そのままのサラダチキンとは違い、燻製にすることで独特の風味がついて奥深い味が生まれます。お手軽スモークチキンです。
下準備無し、15分でスモークチキン。うまいね。
下準備無し、15分でスモークチキン。うまいね。
鶏胸肉を茹でて作る塩鶏は比較的簡単に出来ますが、このサラダチキンを使えば袋を開けて即燻製。準備に1日とかかけず、食べたいと思った時にすぐに自家製燻製料理が食べられるのです。
酒の肴にもピッタリだ。もちろん燻製すること自体面倒な人は市販のスモークチキンの購入をおすすめします。
酒の肴にもピッタリだ。もちろん燻製すること自体面倒な人は市販のスモークチキンの購入をおすすめします。

各種コンビニ惣菜を燻製にしてみる

このように、コンビニで売っている食材でも燻製にすることで新たなうまさが出てくるわけですが、他にも燻製にして美味しいコンビニ惣菜はあるのか?

今回数種類テストしてみましたので、その結果をレポートします。
味付きゆでたまご
味付きゆでたまご
銀鮭の塩焼き
銀鮭の塩焼き
豚角煮玉子
豚角煮玉子
フライドチキン(ファミリーマートのファミチキ)
フライドチキン(ファミリーマートのファミチキ)
ポテトサラダ
ポテトサラダ
燻製は燻製鍋を使った熱燻。燻製時間は全て15分。桜のウッドチップを使い、燻製後1時間ほど置いてから試食しています。

写真をクリックしてお好きなところから。または1つずつ順にどうぞ。
いったん広告です

味付きゆでたまごの燻製

最初は味付き茹でたまごの燻製。
水分が多く出てくるかもしれないのでアルミホイルの上で燻製。
水分が多く出てくるかもしれないのでアルミホイルの上で燻製。
殻を剥いてあるホイルの上に乗せて燻製にします。
結構水分が出てきた。
結構水分が出てきた。
普段作っている自家製燻製玉子は10分程度の燻製にしていますが、他の食材に合わせて15分の燻製時間としました。
いい色になった。
いい色になった。
出来上がったものがこちら。かなりいい色に燻製されました。
これはうまいね!アッサリ味。
これはうまいね!アッサリ味。
食べてみると、燻製による香りと茹で玉子の塩気がとてもよくあっています。そのままの茹で玉子ではただの塩味なのが、燻製の香りで複雑な旨味となり、黄身の濃厚な味をより引き出しています。

タレに漬けた茹で玉子を燻製した物に比べると全体的な味はあっさりしています。コンビニで半熟味付き煮玉子という物も売っているので、そちらを使えばより濃厚な燻製たまごになります。

お好みで使い分けると良さそうです。
オススメ度:☆☆☆☆
次にいきます。
いったん広告です

銀鮭の塩焼き燻製

次は銀鮭の塩焼きの燻製。
焼き魚なのに袋を開けたら結構ぬれていた。
焼き魚なのに袋を開けたら結構ぬれていた。
まずキッチンペーパーで表面の水分をとっておきます。
袋ごとお湯で3分か電子レンジで30秒の加熱となっていた。熱燻で加熱されているので大丈夫なはず。
袋ごとお湯で3分か電子レンジで30秒の加熱となっていた。熱燻で加熱されているので大丈夫なはず。
途中一度フタを開けて裏返し、表面の水分を拭き取って合計15分燻製しています。
普通の焼き鮭よりもやや黄色がかった仕上がり。
普通の焼き鮭よりもやや黄色がかった仕上がり。
こちらもいい色に燻製されました。燻製の香りはそれほど強く感じません。
後引くクセだね。
後引くクセだね。
それが後をひくいい味となっています。酒の肴にとても良さそうな味。うまいです。

アジの開きなど魚の干物を温度の低い燻製でじっくり香りをつけるというのはよくやられているようなので、そのお手軽版というところでしょう。
オススメ度:☆☆☆
次にいきます。
いったん広告です

豚角煮玉子燻製

次は豚角煮玉子の燻製。
一度加熱したものを取り出して表面の汁気をふいてからのほうが良かったか?
一度加熱したものを取り出して表面の汁気をふいてからのほうが良かったか?
加熱前の豚角煮玉子はドロッとしたタレが絡んでいます。拭き取ってからとも思ったもののこのまま燻製にしました。
タレはいい感じに溶けたけどね。
タレはいい感じに溶けたけどね。
15分の燻製で表面についていたタレはいい感じに溶けました。
見た目は普通に豚角煮と煮玉子。
見た目は普通に豚角煮と煮玉子。
皿に出してみましたが、もともとがかなり茶色なので特に燻製されているようには見えません。
特に大きな味の変化はないねえ。
特に大きな味の変化はないねえ。
食べてみると、燻製の香りは極わずか。味もほぼそのままと言っていいでしょう。タレが邪魔をして燻製香がつかなかったか、もともと味が濃すぎて燻製の風味がかき消されてしまったか。

とりあえず、このままではやってもやらなくても同じというところです。
オススメ度:☆
次にいきます。
いったん広告です

フライドチキン(ファミリーマートのファミチキ)燻製

続いてはフライドチキンの燻製です。
加熱するとどうなるかわからないのでとりあえずこれもアルミホイルの上で燻製。
加熱するとどうなるかわからないのでとりあえずこれもアルミホイルの上で燻製。
丸ごとアルミホイルの上に乗せて燻製にします。
いい色になった。
いい色になった。
出来上がったものがこちら。衣の色が若干かわりました。香りは相変わらず元のスパイシーな香りがしてきます。
変化が無いな・・
変化が無いな・・
フライドチキンの燻製は、食べた瞬間に燻製的な香りもわずかに感じるものの、概ね元のスパイシーな香り。燻製前と特に変化を感じられません。小麦の衣がついているものは、そもそも燻製の香りがつきづらく燻製には向かないのかもしれません。

フライドチキンはそのままがいいようです。
オススメ度:マイナス☆☆
次にいきます。
いったん広告です

ポテトサラダ燻製

最後はポテトサラダの燻製。
形が定まっていない食材なのでアルミホイルの上で燻製。
形が定まっていない食材なのでアルミホイルの上で燻製。
アルミホイルの上に全体に平たくのばして燻製にします。
表面がいい感じに燻製されている。
表面がいい感じに燻製されている。
表面がいい感じに燻製されている。
ポテトサラダの酸味と燻製香が良く合うぞ!
ポテトサラダの酸味と燻製香が良く合うぞ!
食べてみると、燻製香はかなり穏やか。内部はほとんど燻製香がしません。燻製された外側と内側をほどよく混ぜ合わせて食べると、ポテトサラダの爽やかな酸味と燻製香がうまい具合に合わさり、いい感じのアクセントとなっています。

以前、ポテトサラダによくスモークされたベーコンや、一度燻製にしたジャガイモを使ったものを食べたことがあり、それがとてもおいしかった。お手軽にそれに似たような風味が出せています。なかなかうまい。
オススメ度:☆☆☆
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓