特集 2018年12月21日

それを共食いキャラと呼んでいいのか? 問題

植物と脊椎動物、2系統の共食いキャラクターを擁すラーメン屋。「共食い感」が強いのはどちらか、という問題に迫ります。

例えばとんかつ屋の店頭で「おいしいよ!」と客を誘うブタさん。日本中いたるところで見かける、仲間の肉を食えと勧める嘆かわしいキャラ。それが「共食いキャラ」。

この共食いキャラを15年間にわたって追い続けてきたぼくが悩んでいることを、今回はお伝えしたい。

「それは共食いキャラなのか?」という問題だ。

もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。(動画インタビュー

前の記事:いまが見納め・京急大師線沿線散歩

> 個人サイト 住宅都市整理公団

オーソドックス共食いキャラ

「問題です」とか言いましたが、そもそも共食いキャラってなんなんだ、という話ですよね。

共食いキャラ慣れしていない方のために、まずは「共食いキャラ」とは何か、を説明しよう。以下のようなものがそれだ。

001.jpg
とんかつ屋の店頭にいる、かわいいブタ。かわいくしている場合だろうか。振り向いたその視線の意味するものは。
002.jpg
同じくとんかつ屋で。妖艶なウインク。誘っている場合か。
003.jpg
こちらもとんかつ屋でにっこり。目を覚ませ、と言いたい。

とんかつ屋の店頭で客引きをするブタたち。いわば「仲間の肉を食え」と勧めているわけだ。嘆かわしい。

自ら食材代表として店頭にいるものや、ときにはコック帽をかぶって調理する側に回る言語道断なキャラ、そして仲間を食べちゃっているものもいる。これらを総称して「共食いキャラ」と呼んでいる。

もちろんとんかつ屋以外にもたくさんいる。

004.jpg
満面の笑みで「豚まつり」をアピール。たぶんどういう祭りかよくわかっていないのだと思う。
005.jpg
この一枚の写真の中に4匹もの共食いブタが確認できる。中でも立体の彼はその出で立ちを見るに「共食いキャラ」の名にふさわしく、仲間を調理する気満々である。嘆かわしい。
006.jpg
日本以外にもいる。ブタを食べることを禁じる宗教の気持ちがわかるような気がする嘆かわしさ。
007.jpg
とくにこれなど、
008.jpg
すっぱりと切り落とされた風の頭部(動いてる!)がかわいそうすぎる。

共食いキャラの中でも気の毒度が高いのは、圧倒的にブタ。ウシやトリといった「共食いキャラ・トリニティ」の他メンバーと比べるとそのことがよくわかる。

009.jpg
ハンバーグの他にも「焼き豚」「焼き鳥」「シューマイ」を「おまかせください!」と他種族を道連れにするウシ。
010.jpg
引田天功ばりのイリュージョンで、炭火の熱を仲間の肉片に伝えるだけで、自分は焼かれずにいるミラクル共食いウシ。
012.jpg
そんなウシとブタの共演。
013.jpg
ガラスに貼られた少年野球の張り紙を見ると、その名も「野牛ファイターズ」である。
014.jpg
トリも比較的脳天気。こうやって見ていくと、やはりブタがいちばんかわいそう感ある。
015.jpg
他の共食い種族、例えばヒツジなどについてはまだサンプル数が少なく今後の研究が待たれる。
016.jpg
共食いイノシシも希少。それにしてもうっすら見えるこの磨りガラス越しの惨劇はどうだ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓