特集 2018年11月23日

いまが見納め・京急大師線沿線散歩

地下化される前の姿を見ておこうと、みんなで沿線をてくてくと歩きました。

東京と神奈川県を走る私鉄、京急線。首都圏におすまいではない方でも、羽田空港に行き来するために乗ったことがある、という人は多いのではないか。

その京急のルーツが大師線である。その名の通り川崎大師への参拝のためにつくられた線だ。

この路線が地下化されるという。目下工事中だ。ならば、今のうちに地上を走る姿を見ておこう。

もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。(動画インタビュー

前の記事:いまこそ西郷どんの顔を明らかにする

> 個人サイト 住宅都市整理公団

産業道路駅の踏切の風景が見納めです

地下化されて見ることができなくなる光景の代表が以下の踏切だ。

「産業道路駅」という駅そばの踏切。地下化によってこの踏切がなくなる。

001.jpg
産業道路駅自体も地下に移るので、この光景も見れなくなる。
002.jpg
今年度、2019年3月末までに、この光景が変わります。見るなら今!

本記事の趣旨は、そのうち「そういえば大師線の産業道路駅ってどんなだったっけ?」って検索する人がでてきて、そのとき上の動画と画像が出てくるように記録しておく、ということであります。

なので、以上で目的は達成なのですが、これで終わるのも何なので沿線の風景を順番にお見せしたいと思います。ご興味ある方はお付き合いください。楽しかったよ。

せっかくなのでみんなで行こう

念のため言っておきたいのは、ぼくはべつに地下化に反対してはいないということ。交通量の多いこの産業道路に踏切があるのはどうにかした方がいいとぼくも思う。

そもそもぼくは基本的に「便利になるんだったらどんどん開発すべき」という分かりやすい思想の持ち主で、こう見えて(どう見えて?)ノスタルジーとかあんまり好きじゃない。

とはいえしかし、それは現在ある風景が嫌いということではないわけで、つまり、過去も現在も未来の風景もいずれも愛おしいと思うわけです。たいていの都市の風景を「いいなあ」と思っちゃうのです、ぼくは。だから見れるものは見ておこう、と。どうせ、死んじゃった後の風景は見れないのだから。

で、せっかくだから同好の士とともに見ておこう、というのが今回の沿線散歩というわけ。

003.jpg
産業道路駅を見おさめる同好の士たち。

同好の士募集はTwitterで行った。

思い立って前日にいきなり呼びかけたにもかかわらず、そしてただ線路沿いを歩くだけという、一見なにが面白いのかさっぱりわからない散歩に付き合ってくれたみなさん。ありがとう。こうしてぼくを含め計7人の物好きが京急川崎駅から歩き始めたしだい。

「脱線」という表現はやめたほうがいいかしら

さて、さきほどから「地下化」と言っているが、地下化されるのはほんの一部だけ。

黒い線が大師線の全部。オレンジ色が地下化される部分。

当初の計画では、全面的に様変わりする予定だったが、費用の問題から上記の1kmほどの部分だけが地下化されることになったとのこと(詳しくは川崎市ウェブサイト内「京浜急行大師線連続立体交差事業」をご覧ください)。

で、日曜日に集合したのは京急川崎駅改札口。

004.jpg
スタート地点の京急川崎駅。ここも最近リニューアルしたばかり。画面右奥に見えるのが大師線。
005.jpg
ちなみに京急川崎駅すぐ横にあるこのちょっとした「キャバ状ビル」は……
006.jpg
なんとあのハトヤのビルなのだ!
007.jpg
中をちょと覗いてみると、確かにハトヤっぽいゴージャス風情。こんどじっくり入ってみよう。それにしてもなんで川崎にハトヤ?(事情をご存じの方いらっしゃったら教えてください)。
008.jpg
これが川崎駅ホームを外から見たところ。下が大師線。上は本線。
009.jpg
関係ないけど、気になるのがホームから見えるこの「デスカウント」。「金融流デスカウント」って「カイジ」あたりを連想させる。

さっそく脱線しましたが(話題が鉄道だけに「脱線」って表現はひかえたほうがいいかしら)、ここから線路沿いにみんなで歩いてきます。

すごく「散歩もの記事」っぽいです

010.jpg
川崎駅周辺はルート変更も地下化されないことになったので、べつにさっさと先へ行ってもいいのだけれど、やっぱりなんとなく写真撮っちゃう。
011.jpg
いかにも線路沿いって感じの風景が、いい。
012.jpg
「柵がレールの再利用ですね」と参加者のひとり、ほんとだ。みんなで歩くとこういうの気づかされるから楽しい。
013.jpg
しばらく行くと、道が線路沿いから離れてしまう。

実は上の写真の場所は「理想の『線路沿いの道が終わる場所』を求めて」という非常に共感しづらい記事で紹介したところ。今回歩いてみて、あらためて線路沿いに歩ききることの難しさを感じた。日本に始点から終点まで線路沿いに歩ける鉄道路線ってあるのだろうか?

しかたないので道なりに線路を離れると、そこは旧東海道。

014.jpg
旧東海道を少し行ったところで、また参加者から「こんな標識がありますよ」と教えられたのがこれ。停留所跡と。ほほう。
015.jpg
矢印の通りに行くと、ふたたび線路にぶつかるが、沿った道ではなく跨線橋。その先はすぐ多摩川で、右の車道は六郷橋。で、どこに停留所跡が?
016.jpg
と思いながら下の線路を見下ろしたら、線路脇にホームの跡らしきものが!
016a.jpg
1947年の航空写真を見ると、なんとなく駅っぽいものが、あしかにある(国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より整理番号・USA/コース番号・M696/写真番号・144/撮影年月日・1947/12/20(昭22)に加筆)
017.jpg
それにしてもさっきまで地上だったのに、ここは土手に挟まれて掘り割り状の中を走っている。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓