小出し記事 2020年12月14日

働く大人のアドベントカレンダーは冷蔵庫に鎮座している(とても邪魔)

ここまでのところスケジュールはディレイながら、アジャイルでドライブする大人のアドベントカレンダー。前回なんとかローンチに漕ぎつけたので、連載3回目でオンスケまで戻したいところ。しかし新たにロジスティクスの問題が立はだかり…?(働く大人をはき違えている)

編集部よりあらすじ
「大人も楽しめるアドベントカレンダー」を作りたい、と広い間口で言いながら、中身はビール満載で完全に自分仕様のを作りあげたライター拙攻さん。クリスマスカラーのビールケースの中にひしめく酒瓶、12/1はコロナビールでした。めくるめく12月がはじまります。

海外旅行とピクニック、あとビールが好き。なで肩が過ぎるので、サラリーマンのくせに側頭部と肩で受話器をホールドするやつができない。

前の記事:働く大人のアドベントカレンダーは、ビールケースでつくろう

> 個人サイト つるんとしている

 

※小出し記事は書けたところから即、小出しに公開する連載企画です!

生活に組み込まれたログインボーナス

普段、ビールの買い置きはせず、飲みたいときに都度コンビニやスーパーに買いに行くという生活スタイルをとっている。ネットでケース買いするのがお得で楽ちんだというのはわかっているが、結局飲み過ぎて家計と肝臓に負担をかけることになるし、置き場所も取ってしまう。余剰在庫は悪だと教えられて育ってきたのだ。

ひるがえっていま。

image1.jpg
こんなにたくさんの素敵なビールが一挙、我が家に。どうしよう、心が躍る!
image2.jpg
12/2 エビス プレミアムブラック(サッポロ)

アドベントカレンダーの魅力は、一日の終わりに確実に褒美が待っているという手堅さだ。嫌なことがあってもまずまずな一日でも、最低限、ささやかな楽しみが残されているというのは心強い仕組みだ。これは日常生活に組み込まれたログインボーナス。

image3.jpg
12/3 一番搾り 黒生(キリン)。一応クリスマスを意識して、前半は黒っぽいビールで固めている

ただひとつ残念なことがあるとすれば、現時点ではまだ、どんなビールをどこに入れたのか、割と記憶が残っているということだ。そういう意味でのワクワク感は、ない。射幸性という名の魔物が加わってきたら、さらに恐ろしい遊びになってしまう。

このへんは自分ひとりで企画している以上は限界があるので、もし来年この酔狂に付き合ってくれる人がいたら、交換で中身を贈りあうなどしましょう。

image4.jpg
12/4  アサヒスタウト(アサヒ)。大手各社がつくる黒っぽいビールのなかではこれがかなりうまいと思います
image5.jpg
12/6  オールフリー(サントリー)。さすがに一ヶ月、飲み続けるのもまずいので日曜日は休肝日ということに設定していたのだった

 

健全な食生活と引き換えに

ただ、この素晴らしいアドベントカレンダーに欠点があるとしたら、やはりこの図体のでかさだ。

image6.jpg

スチレンボードの増設部分を含め27×30×45cmという堂々たる体格。身近なもので例えれば、小型タイプのキャリーケース、あるいは電子レンジくらいの物体だと思ってほしい。

とにかく部屋の中で存在感がすごいのだ。高卒1年目ルーキーが2軍で.280打っているくらいの存在感。当然1軍の打撃コーチからの覚えもめでたい(プロ野球の話です)。となればもちろん狭小ワンルームの片隅に行儀よくおさまっていて許されるようなタマじゃないわけです。

ベランダに出すことも検討した。スペースなら十分にあるし、外気温でビールもいくらか冷える。しかし直射日光があたってビールが悪くなるのは嫌だし、そもそも食品を外に出しっぱなしというのも気になる。しばし悩んでいたが結局は、灯台下暗し。収まるべきところに収まった。

image7.gif
我が家の136リットル小型冷蔵庫にシンデレラフィット

image8.jpg

いや、おれも最初は無理だと思ったんです。無造作にビールケースを突っ込んだときは惜しくも扉が閉まりきらなかったが、扉裏のサイドポケット(写真右側、よく調味料とか卵とかいれるあたり)を取り外すことでギリギリ収まった。世界一必要ないTipsの一つですが、もし来年ビールケースを丸ごと冷蔵庫に入れようという奇行をご検討中の方がいれば、覚えておいてください。

image9.jpg
もちろん代償として、健全でヘルシーな食生活は大いに圧迫されることになる

 

大人が待ちわびるもの

image10.jpg
12/10 イネディット(ダム)。スペインの有名レストランがつくらせたゴージャスなビール。「ビール界のドンペリ」との異名があるらしい

クリスマスが近づくのを指折り楽しみにするためのアドベントカレンダーだけど、働く大人が真に待ち焦がれる日は、クリスマスよりもすこし早くやってくる。冬の賞与支給日だ。

厚生労働省の調査では、民間企業における2020年冬のボーナス平均支給額が-10.7%、リーマンショック以来の下落率であることが報じられた。ほぼ全ての産業が、厳冬。極寒。大寒波である。でもみんな一年間よくがんばったんだ。おれもよくがんばったんだ。ちょっといいビールで、ささやかに自分をねぎらってやっていいじゃない。

image11.jpg
12/11 一番搾り(キリン)。浮かれた前日と帳尻合わせの135ml缶。でも墓参りのときにしか見たことのなかったコイツは一度買ってみたかったんだ

ここまででカレンダーもほぼ折り返し地点。次回。年末年始の準備は待ったなし、一年で最も気忙しい1週間をアドベントカレンダーとともに過ごした記録をお届けする予定です。

 

※小出し記事は書けたところから即、小出しに公開する連載企画です!

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ