特集 2022年5月26日

名作絵本『ぐりとぐらとくるりくら』に出てくるサンドイッチがすごい

“ピーナツバター ママレード
たんぽぽ クローバ パセリとセロリ
パンに はさんで
ぐりぐらサンド”

『ぐりとぐらとくるりくら』 中川李枝子 さく 山脇百合子 え
株式会社福音館書店発行 2022年2月5日第86刷 p4より

 

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの花屋。花を売った金で酒を買っている。

前の記事:フランスのモヤシみたいなタンポポ、ピサンリがおいしい

> 個人サイト はてなブログ

幼少期、『ぐりとぐら』シリーズを読んだことはあるだろうか。

名作中の名作、大人も子どもも魅了してやまない、のねずみ達の物語。大きなカステラを焼く『ぐりとぐら』が有名だが、シリーズの中で筆者がもっとも気に入っていた話はこれだ。

IMG_6741.jpg
『ぐりとぐらとくるりくら』

てながうさぎ(ものすごく手の長いうさぎ)の「くるりくら」が登場して、ぐりとぐらと一緒に朝ごはんを食べたり、木登りを楽しんだりするというもの。

IMG_6745.jpg
『ぐりとぐらとくるりくら』 p12より

この木登りをしているうさぎがくるりくら。「おまじないたいそう」で手を長くしたり、雲を集めてボートにしたりと、やや人智を超えた振る舞いをするため幼少期は彼に怯えていた(いまはとても好きだ)。

ややレアな「ぐりとぐらの正面顔」が拝めるなど、名作中の名作であるこの絵本だが、冒頭のシーンで気になる記述が出てくる。
ぐりとぐらが、朝ごはんのサラダとサンドイッチを作っている場面だ。

IMG_6742.jpg

にんじん ピーマン ゆでたまご
チーズ たまねぎ ほうれんそう
キャベツ じゃがいも
ぐりぐらサラダ
ピーナツバター ママレード
たんぽぽ クローバ パセリとセロリ
パンに はさんで
ぐりぐらサンド

『ぐりとぐらとくるりくら』 p4より

8種もの素材が入った「ぐりぐらサラダ」がゴージャスだなあと感心しつつ、直後の「ぐりぐらサンド」である。

パンに塗られるのはピーナツバターとママレード。
卵やチーズなどの動物性のものは入らず、たんぽぽとクローバという野草が選ばれ、パセリ、セロリという香りの強い野菜で締めくくられる。

…子ども向けの絵本にしては、ちょっと材料がかっこよすぎるんじゃないか?

もし筆者が、「のねずみ達が朝ごはんに食べるサンドイッチを考えてください」と言われたら、じゃあレタスと卵と…キュウリとか? と、キャッチーな素材でお茶を濁していたことであろう。
それに比べてこのサンドイッチ、おしゃれすぎる。そして、味の想像がつかなすぎる。

この絵本のファンとしてぜひ味わってみたいと思い、「ぐりぐらサラダ」と「ぐりぐらサンド」を作ってみることにした。

のねずみ達の朝ごはんは、材料も原っぱから

ピーナツバター、ママレードなどはスーパーで購入できるとして、問題は「たんぽぽ」と「クローバ」だ。

クローバは、一般的にはシロツメクサとアカツメクサの葉の総称。なるべく人や動物の立ち入りがなく、許可をとって摘める場所…ということで、以前の記事で野草を採集した河原で摘んできた。

IMG_6628.jpg
食べようと思って向き合ったことがなかったため、調理するのはやや憚られる。

生食すると中毒を起こす可能性があるため、お湯でよく茹でることにした。

IMG_6642.jpg
ぐりとぐらはそのまま食べて大丈夫なのかなあ、などと思いながらしっかり茹でる。
IMG_6651.jpg
ほうれん草だった溶けますよというくらい茹でたが、クローバの見た目はさして変わらない。自分自身を強く持っている草だ。

試しに一口食べてみた。「もに…」という知らない食感にやや困惑したものの、まあ食べられはする。ものすごく分厚いほうれんそうという感じ。味はほぼない。

クローバの問題はこれで解決したとして、お次はタンポポ。
これは以前のみじかい記事でご紹介したフランスの食用タンポポ、ピサンリを使用することにした。

IMG_6601.jpg
遮光して育て、苦味を抑えた食用タンポポ。抑えたといいつつ、濃いめのコーヒー程度には苦い。

くるりくらは野に咲くタンポポをそのままムシャムシャ食べていたが、筆者ことにんげんが住む土地には、すすんで食べられそうなタンポポがなかった。ある日とつぜん東京のコンクリートがぜんぶ野原に、ビルはでかい樹になったらいいのに。

IMG_6634.jpg
そうこう言いつつ、材料が揃った。

用意してみるとわかるが、ぐりとぐらは案外豊かな暮らしをしている。いつも葉っぱと塩とオリーブオイルしか入っていない筆者のサラダより、よほど豪華だ。

ぐりとぐらに生活レベルで大敗している…と嘆きたいところだが、気を取り直して作っていこう。

いったん広告です

「ぐりぐらサンド」は見た目もおしゃれ

IMG_6639.jpg
まずはキャベツをざく切りにし、ベビーほうれんそうを入れる。
IMG_6643.jpg
さらにピーマンと角切りチーズを入れて…
IMG_6644.jpg
にんじんを加える段階でふと気づく。くるりくら、にんじんのスティックみたいなものを食べていた気がする。
IMG_6746.jpg
『ぐりとぐらとくるりくら』 p14より

このページ。くるりくらのお皿に載っているのはわりとしっかりした太さのにんじんスティックだ。

IMG_6645.jpg
ぐりとぐらってそういえば齧歯類だものね…と思いつつ、太めにカット。
IMG_6649.jpg
水にさらしたたまねぎ、スライスして火を通したじゃがいも、ゆでたまごを加えたら完成!「ぐりぐらサラダ」。
IMG_6742.jpg
『ぐりとぐらとくるりくら』 p4より

テーブルの、向かって右端に置いてあるのはおそらく塩だろう。サラダとサンドイッチの味付けとして、塩なら加えてもよいことにした。

また「ぐりぐらサンド」については、よくみると野菜が入っているものと、ピーナツバター&ママレードのものが作り分けてあるようだ。

IMG_6652.jpg
とはいえ、野菜入りのサンドイッチの方にもピーナツバター&ママレードが塗られていないとも限らない。野菜のみのものと、ピーナツバター&ママレードを塗ったものの2種類を用意することにした。

使ったのは全粒粉入りの、薄切りの食パン。両面を軽くトーストしたもの。

IMG_6653.jpg
クローバを敷いたら、あらおしゃれ。
IMG_6655.jpg
たんぽぽ(ピサンリ)、ちぎったパセリ、セロリの葉。センスのいいカフェのオープンサンドみたいな見た目だ。
IMG_6658.jpg
これで完成!ぐりぐらサンド。

ぐりとぐらにならって、朝ごはんは原っぱで。

いったん広告です

「ぐりとぐら、レシピ本だしてくれないかな」

IMG_6680.jpg
広い原っぱに、「ぐりぐらサラダ」、「ぐりぐらサンド」、2匹が食べていたりんごを広げた。これだけでも気持ちがいい。

まずはぐりぐらサラダから、いただきます。

IMG_6687.jpg
あはは、まずいはずがない。

色とりどりのサラダはとてもおいしい。念のためオリーブオイルとビネガーの入った瓶を持ってきていたが、塩味だけでじゅうぶんだ。

キャベツの青さをじゃがいもがまろやかにし、ピーマンの香りがアクセントになっている。たっぷり入れたチーズもおいしい。筆者がいつも食べているサラダよりも、よっぽどいいサラダだ。

IMG_6698.jpg
絵本のように天気がいい。くるりくらのことを考えて、ふと木の上を見上げてしまう。
IMG_6692.jpg
野菜のみの「ぐりぐらサンド」。これは…けっこう上級者向けの味。パセリとセロリの香りが強く立つし、たんぽぽが苦い。

のねずみやうさぎさんにとっては、これがごちそうの味なのかもしれない。にんげんにはここにハムを入れたい。

IMG_6696.jpg
と思いきや、ピーナツバター&ママレード入りを食べて驚いた。なんだこれ!不思議な味だけど、おいしい!

無砂糖のピーナツバターがパセリの香りとマッチし、つい食べすすんでしまう。ママレードの甘酸っぱさもいいアクセントで、塩味の野菜とうまく馴染んでいる。
DEAN&DELUCAで600円くらいで売ってそうな、複雑できちんとした味のサンドイッチ。

大きなカステラをふわふわに焼けるだけのことはある。ぐりとぐらは料理上級者だったのだ。レシピ本出してくれないかなあ。

 

結論:これを読んでいる のねずみ、うさぎの皆さんは、野菜とピーナツバター&ママレードは別で。にんげんの皆さんはぜんぶいっしょくたにして食べるのがおすすめです。

 

IMG_6751.jpg
ピーナツバター&ママレードのも後日おうちで食べましたが、香ばしくておいしかったです。

ぐりとぐらのような暮らしがしたい

このページの絵を見てほしい。

IMG_6748.jpg
『ぐりとぐらとくるりくら』p5より


ふたりでたべる朝ごはんなのに、お皿は3枚用意されている。これはきっと、くるりくらのような急なお客さんがあらわれても「一緒にどうぞ」と言えるようにするためのお皿なのだ。なんという暮らしだろう。食器やバスケットもセンスがいい。

春の朝窓をあけて、気持ちがいいから朝食は原っぱで、と決められるような生活がしたいものだ。

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ