特集 2022年8月17日

クリオネをしこたま食べたいのでグミにする

海の中をパタパタと泳ぐチャーミングなクリオネ。

かわいい。食べたい。

そんな野望をはたすべく、クリオネ型のグミを作ってしこたま食べてみました。

大阪生まれの大学院生。工作や漢字が好きです。ほら貝も吹けます。先日、教授から「あなたは何を目指しているのか分からん」と言われました。

前の記事:禁じられた落語を弔う「はなし塚」にお参りする

> 個人サイト 唐沢ジャンボリー

クリオネはかわいい

「流氷の天使」ことクリオネ。

羽のようにパタパタさせる足・・・ちいさなツノ・・・

なんという造形でしょう。かわいさ100点満点です。

かわいいクリオネ。クリオネがお菓子なら頭から食べてしまいたいという気持ちがあります。

 

image1.jpg
食べたい・・・

 

しかも1匹じゃイヤです。しこたま食べたいのです。

 

友人の四谷くんに、「クリオネ食べたい」と吐露したところ、

こういう感想をもらいました。

四谷くんにしたら、ものすごく抵抗感があるらしいです。(クリオネをいっぱい食べる魔王はちょっとかわいい気がしますが)

 

しかし、どうしても食べたい。夏がどんどん近づくにつれ、気持ちがおさえられなくなりました。

この気持ちを満たすために、クリオネ型のグミをたくさん作ってみようと思います。

また、クリオネのイメージにぴったりな「ひんやりデザート」を作って、涼をとりましょう。

 


 

クリオネの型を作る

グミを作るためには型が必要です。

 

調べたところ、おもちゃメーカーのメガハウスが12年前に「グミックス」シリーズの一つとして発売していました。クリオネのほか、ペンギンやマンタの型もセットになっています。(定価1650円)

image10.jpg
ジュース合成グミックス ワンダーラボFILE.06

 

「こりゃええ」と思い、ネット検索をかけたのですが、現在販売されていない上に、中古サイトでは5000円〜7000円で取引きされているという状況。

謎のクリオネ型バブルを目の前に、「3Dプリンターをつかって、自分で作ったほうがいい」という結論になりました。

 

クリオネを食べることに賛同しかねていた四谷くんに頼んだところ、

 まさかの快諾

やさしいです。どうやら彼の中では、クリオネを食べることと、クリオネのグミ型を作ることは別のようです。

 

3Dモデルを作ってくれるところからやってくれました。

難しい曲線も再現。すごい。

(ただ、ディスプレイの上に錠剤が大量に置いてあるのが心配です)

 

そして、3Dプリンターで出力してくれました。(今回はふつうの黒色PLAをつかいましたが、食品用の型を作る場合は食品対応のフィラメントがおすすめです。)

この型に、すでにかわいさが宿っています。クリオネは輪郭だけでチャーミングをまき散らせるんですね。

いくつか細長い雪だるまみたいなくぼみがありますが、これはクリオネの体内の赤いところ用です。

ちなみに、この赤いところは内臓らしいです。スケスケですね。

 

 

いったん広告です

クリオネグミを大量生産する

さっそくクリオネを作っていきましょう。

赤と透明のゼラチン液を用意

どちらも砂糖をくわえ、透明なほうにはレモン汁をいれました。さわやかなレモン味のクリオネグミになる予定です。

 

作り方は簡単、①ゼラチンの液を型に流し込み、②冷蔵庫で冷やすをくり返します。

油をしいた型に、スポイトで液をたらしていく。ラボって感じです。

ここでポイントなのは、

まず内臓だけをかため、その後に型にためた透明の液におくことです。

ゼラチン液を同時にいれると混ざってしまいます。内臓のりんかくをはっきり浮きだたせるために、ぜひとも手間をかけたいところです。今後、クリオネグミを作られる方は参考にしてください。

 

冷蔵庫で冷やします。

かたまりました。

つまようじではがしていきます。

 

液をながしこむ前に油を塗るとスムーズにとれます

この作業では、足とツノを丁寧にはがさなくてはいけません。

ちまちまと細かい作業をかさねて・・・

 

 

クリオネ5匹ができました!

デフォルメしていますが、パッと見でクリオネとわかります。成功です。

 

実は、きれいに作るのは結構難しく、研究に研究をかさねました。

夏の夜12時に実家の台所で、「ゼラチン5gで理想のかたさのクリオネになるな・・・」とか「4分冷やせば赤い内臓がきれいにできるぞ・・・」とか考えてニヤリとしている自分はギリギリだったと思います。

 

スプーンにすくって食べてみる

台所にこもって、黙々とクリオネグミを製造し続けたところ、

大漁です

たくさんできました。

 

感無量

母親に見せると、「気色わるっ」とすごいスピードで言われました。たしかに面食らうビジュアルではあります。

そもそも群れのクリオネを見たことがないので、圧巻の数です。

 

それではクリオネグミを味わってみましょう。

 

パラっと砂糖をかけて、スプーンですくってみる

ひとすくいで12匹です。これが「贅沢」なのでしょうか。

 

しげしげとながめ、

 

パクッと口に運び・・・

 

うふふ

「うふふ」となりました。

噛むとクニュっとした食感で、甘酸っぱいレモンの味が広がります。

 

「コアラのマーチ」や「たべっこどうぶつ」を、ガサガサッと一気食いするような背徳感を感じつつも、クリオネをほおばっていることへのうれしさが湧きあがります。

 

私の夏がはじまりました。

クリオネグミをふんだんに使ったスイーツを作って、夏を加速させましょう。

 

 

いったん広告です

さわやかクリオネレモネード

すっきりしたレモネードにクリオネグミなんかいかがでしょう。

青いレモネードです。

目にも涼しいドリンクができました。

 

 

下にクリオネグミがたまっている

 

まぜるとクリオネが浮遊します。ちいさなタピオカと一緒に水中を跳ねているようです。

 

このレモネードはなんと、ストローでクリオネグミを吸うことができるのです。

 

チューと吸うと、

 

つぎつぎと吸い上げられていきます

 

ニコォ・・・

うれしさが弾けました。

タピオカのもちもち感とは違い、クリオネグミはクニクニした弾力があります。清涼感のあるドリンクにはぴったりの噛みごこちです。

 

まるで北の海 クリオネゼリー

2品目は、ぷるぷるのゼリーにクリオネをとじこめたスイーツです。

まるで北の海を切り取ったよう

下はミルク味、上はソーダ味の2層のゼリーです。

 

よく見ると、水中の奥にもクリオネの予感

 

毎回1匹すくえるように、ふんだんにクリオネグミが

遊泳するクリオネをすくいとって食べるという、(賛否両論あるでしょうが、)私にとってはたまらない スイーツです。

 

食べ進めると、中からでてきます
はしゃぐ私

 

クリオネでおなかいっぱい

すずしげ・・・

クリオネの住む冷たい海を感じさせるつめたいスイーツで、人の一生分くらいはクリオネグミを食べられたように思います。

これ全部食べた

かるく50匹くらいは平らげたでしょうか。満足です。

後半は食べ過ぎて、こういう顔にもなった​​​

 


本物はめちゃくちゃまずいらしい

ほんとうのクリオネを食べた茸本朗さんによると、クリオネはまじでまずいらしいです。歯ごたえはまあまあだそうですが、とにかくシンナー臭くて苦いとのこと。なんだかショックです。

 

グミにすると、おいしく、しかもしこたま食べられました。罪悪感もありますが、本物をバクバク食べるという強めの罪悪感はありません。

クリオネグミは、クリオネイーター(クリオネをどうしても食べたい人)にはもってこいではないでしょうか。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ