特集 2017年1月28日

タイのセブンイレブンBEST10、いろいろな第二形態  今週の人気記事

!
こんにちは。デイリーポータルZ編集部の古賀です。

このまとめは1/19-25にデイリーポータルZで公開された記事からのよりぬきまとめです。

今週はライター小堺さんがタイのセブンイレブン10軒を訪ね歩き店員さんにおすすめを聞いてます。

ランキング形式で10位まで(10軒分)あるのですが、ランク付けが小堺さんの納得度のみに由来しているところにどうか注目してください。俺ランキングです。

セブンイレブン柄のTシャツが誰にも突っ込まれなかったというまとめに添えられた写真もじわじわきます。
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。(動画インタビュー)

前の記事:子どもの頃の歯医者体験や修学旅行先の話をしよう ~無難なセレクト研究会

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

!

今週の役に立ったりちょっとためになる記事


タイのセブンイレブンで店員さんがお薦めしてくれたものランキング

2017年1月19日公開 ライター:小堺丸子

“人気の男性向け美肌飲料だったようだ。きたきた、日本には無い文化だ。

“ソーセージにベーコン巻いただけなのだけど、これが想像以上に美味しかった。

“タイのセブンイレブンではホットサンド用のパンが豊富に並んでいた。
タイのコンビにでお薦め商品をインタビュー。2番目においしかった「ドライカレー」を食べたときの汗のふきだし方がすごい。
タイのコンビにでお薦め商品をインタビュー。2番目においしかった「ドライカレー」を食べたときの汗のふきだし方がすごい。

あなたの地域の甘酒は米麹?酒粕?

2017年1月19日公開 ライター:安藤昌教

“甘酒には米麹から作られているものと酒粕から作られているもの、2種類ある

“米麹の甘酒はやさしい甘さで、酒粕の甘酒はコクがある

“いろいろな地域で飲み比べてみました。
年末年始に各地の神社などで振る舞われた甘酒しらべ。意外とアルコールが入っている甘酒があることが判明。配ってる人たちも楽しそうです。(安藤)
年末年始に各地の神社などで振る舞われた甘酒しらべ。意外とアルコールが入っている甘酒があることが判明。配ってる人たちも楽しそうです。(安藤)

現存日本最古の円形校舎の中はどうなっているのか?

2017年1月25日公開 ライター:西村まさゆき

“「円形校舎」とは、その名の通り円筒状の学校の校舎のことで、1950年代に日本各地で建てられた。

“少ない資材で狭い場所に経済的に建てられるということで、1950年代に日本各地にかなりの数がつくられた。

“扇形に仕切られた教室は窓が大きく、日当たりがよく、教室内はとても明るい。
1950年代に日本各地で建てられるも次々となくなっている円筒状の学校校舎。らせん階段に扇型の教室がかっこいい!窓が大きいのも特徴的。
1950年代に日本各地で建てられるも次々となくなっている円筒状の学校校舎。らせん階段に扇型の教室がかっこいい!窓が大きいのも特徴的。

黒ギャルが語るLINEスタンプの「センス」とは?

2017年1月25日公開 ライター:石原たきび

“週に一度のペースで職務質問を受ける。

“これでスマホ画面を操作できるのだろうか。
できないから、指の関節で押してます。

“自販機のお釣りを取るのもあきらめがちだよね。
LINEスタンプが主の内容なんですが、黒ギャルが気になって仕方ありません。黒ギャルが作ったガングロ系スタンプは、カラフルでかわいいです
LINEスタンプが主の内容なんですが、黒ギャルが気になって仕方ありません。黒ギャルが作ったガングロ系スタンプは、カラフルでかわいいです

育ちすぎたタケノコでメンマを作る

2017年1月23日公開 ライター:玉置豊

“私はこれを本当に食べ物にすることができるのだろうか。

“知恵も技術もない私が頼るべきは、やはり大量の塩ではなかろうか。

“どれだけスローフードなんだ。
本来メンマを作る竹とは品種が違う、しかも食べごろをすぎたたけのこを使うという無理ゲー的メンマ作り、とことん手間をかけて手探りながらなんと大成功!
本来メンマを作る竹とは品種が違う、しかも食べごろをすぎたたけのこを使うという無理ゲー的メンマ作り、とことん手間をかけて手探りながらなんと大成功!

おたのしみいただけておりますじゃろうかしら。

玉置さんのメンマ作り、手間ひまのかかり方がえらいことになってます。
調理法も全体が手探りでやってることとしては料理というよりもほとんどRPG。
きっちり完成させているのがすごすぎる、手に汗握る展開でした。

続いてはチャレンジ系の記事をご紹介(メンマ作りも十分チャレンジなんですが…)。まずは、昔話でよくあるたぬきに化かされている状況を現代に持ち込みます。どうぞ!
いったん広告です
!

今週の「やってみた」記事


いろんな生物の第二形態を作ってみる

2017年1月19日公開 ライター:小堀友樹

“ウルトラマンがウルトラマンになる前の段階、第二形態を作ろうと思います。

“もう、安藤忠雄さんにします

“「シン・安藤忠雄」
シン・ゴジラの第二形態を、ウルトラマンで作ってみました。いいものが出来てしまったので、トランプ大統領でもチャレンジ。別の人になって完成しました
シン・ゴジラの第二形態を、ウルトラマンで作ってみました。いいものが出来てしまったので、トランプ大統領でもチャレンジ。別の人になって完成しました

ファミコンカセット版「Twitter」を作ってみた

2017年1月25日公開 ライター:北村ヂン

“ファミコンなんで当然1機能1カセットですよね

“せっかくバズ必死なツイートを思いついたのにカセットを読んでくれないよ~

“その昔「ゴルビーのパイプライン大作戦」つーゲームがあってね
ファミコンカセットの現代版を制作!(外見だけですが。)TwitterもLINEも80年代感あふれてかわいい感じになりました。(藤原)
ファミコンカセットの現代版を制作!(外見だけですが。)TwitterもLINEも80年代感あふれてかわいい感じになりました。(藤原)

手塚治虫に出会ったときの藤子不二雄の顔を再現しました

2017年1月24日公開 ライター:大北栄人

“背景は人物より暗いものにする。ライトは2つ斜め後方上から、そしてできれば1つ顔を下から照らす

“このお父さんたちが後の藤子不二雄である

“こんなに伸びるのか
プロの照明技術でおっさん2人にみずみずしい衝撃がふたたび…!どうしたらこんな顔になんのかという表情筋の躍動をお送りします。
プロの照明技術でおっさん2人にみずみずしい衝撃がふたたび…!どうしたらこんな顔になんのかという表情筋の躍動をお送りします。

みかんの白いすじは取ることにした冬の日

2017年1月24日公開 ライター:江ノ島茂道

“最初にスポンジである程度、すじを取り除いてからつまようじで細かく取る

“薄皮がやぶれないようにしながらも力強くなぞるようにするのがコツ。

“取れないすじはつまようじを回転させながらすじの下に入れると取れる。
みかんの白いすじを取るには食器用スポンジが便利とのこと。重曹だと皮まで溶けちゃいます。あと犬がみかん好きってこともわかりました。(安藤)
みかんの白いすじを取るには食器用スポンジが便利とのこと。重曹だと皮まで溶けちゃいます。あと犬がみかん好きってこともわかりました。(安藤)

人はまっすぐ歩くことができるのか実験する

2017年1月20日公開 ライター:地主恵亮

“人はまっすぐ歩くことができるのか、それを知りたくて、目印とるなるものがなく、道もない、だだっ広いところにやってきた。砂漠だ。

“ここどこ?

“なんと言っていいのか分からない軌跡になっている。
道のない砂漠で人はまっすぐ歩くことができるのか。歩いた軌跡に本人の不安が反映されていて興味深いです。ていうかその砂漠どこだよ。(安藤)
道のない砂漠で人はまっすぐ歩くことができるのか。歩いた軌跡に本人の不安が反映されていて興味深いです。ていうかその砂漠どこだよ。(安藤)

おたのしみいただけましじゃろうかしらのう。

最後の地主さんの記事、とにかく最後まで「で、そこどこよ!?」というのが気になる記事でしたが、編集部員にもいったいどこで撮影したのか知らされていません(担当編集の安藤さんは知っている)。

いまなんとなくふんわり確認したところ、オマーンあたりのガチ砂漠らしいという情報を得たのでこちらに共有いたします。

では、まとめはこのあたりで。来週も土曜16時におすすめ記事まとめをお送りします。どの記事を読んでいいか分からなくなった方はぜひおいでください!

バックナンバーいちらん
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ