広告企画 2019年9月19日

最高のういろうはどれだ~ういろう7県7種食べ比べ~

あなたにとっての最高のういろうを探す旅です。

みなさんは「ういろう」を知っていますか。

知らない、という人はおめでとうございます。広い世界に飛び込むチャンスです。

もちろん知ってる、という人、そのういろうはどこのういろうですか?

ういろうって実は各地にあるんです。

その中から自分にとって最高のういろうを探す食べ比べの会を開きました。

 

※これまでいろいろな場所で取材をした記事を読めば誰もが知ったかぶりできるはず。「知ったかぶり47」は、デイリーポータルZと地元のしごとに詳しいイーアイデムとのコラボ企画です。

1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。(動画インタビュー)

前の記事:透明人間になってしまった

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

ういろうは愛知のものだと思っていた

ういろう

それは白とかピンクとか茶色とかをした、直方体のもちもちした食べ物である。原料は主にお米の粉。ケーキとかマカロンみたいに洒落ておらず、言ってしまえばやぼったいお菓子である。しかし、確実に美味しい。

僕は愛知県の出身で、子どもの頃からよくういろうを食べていた。大人になって愛知を離れてからも、たまに帰ると懐かしいなあ、なんて思いながら買って帰ったりしたものだ。

当時はういろうは愛知だけのもので、だからこそ愛知の名物なのだと、なんの疑いもなくそう思っていたのだ。

001.jpg
「ういろ」でも「ういろう」でもどっちでもいいみたいです。

しかし神奈川に住み始めてから、小田原にもういろうが売られていることを知る。

002.jpg
小田原のういろう。

最初は「へー、小田原にもういろうがあるんだー」くらいに思っていたのだが、おどろいたのはその包みに書かれた文言である。

「ういろうの元祖は小田原です」

元祖は(愛知じゃなく)小田原?

003.jpg
信じられなくて2回読んだ。

パッケージによるとういろうの元祖は小田原で、600年前の室町時代から続く伝統ある食べ物なのだとか。

004.jpg
愛知、こんなにういろう推しなのに。
005.jpg
愛知オリジナルではなかったのか。

あんなに食べていたのに、知らなかった。

その後、愛知や小田原以外にも全国各地にういろうがあることを知り衝撃を受けた僕は、混乱の中2011年に各地のういろうを食べ比べた記事を書く(その時の記事がこちら(「ういろう」は全国的なものだった)。

あれから8年。

今ならもう少し冷静な目でういろうを見ることができるのではないだろうか。

今回は「地元」に詳しいアイデムの協力を得て、各地のういろうを集めて食べ比べ会を開催した。それぞれのういろうを認めた上で、その中から自分に本当に合うういろうを見つけるためである。

そしてこれは、ういろうを愛知だけのものと信じて育った、過去の自分へのレクイエムでもあるのだ。

 

次のページからが本題です。
logo02.jpg
居ぬきで牧場を始めたい人たちの会話をどうぞ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓