特集 2019年8月18日

透明人間になってしまった

あれ。

ある日、目が覚めると体が透明になっていた。ショックは大きかったが、せっかくなのでそのまま生活してみるとこにした。

 

 

2007年に掲載された記事の写真を大きく撮りなおして再掲載したものです。

1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。(動画インタビュー)

前の記事:愛知のべとべとしたお菓子

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

透明だ

朝起きると体が透明になっていた。

まじかよ面倒くせえな、と思いながらも手探りでメガネを探す。透明になったからといって視力は悪いままだった。

P8142705.jpg
やばいほんとに透明だ。

メガネをかけ、洗面所の鏡で自分の姿を映してみて事態の深刻さを知る。

何度見ても透明だ。がーん。しかし原因に心当たりがないでもない。昨日の夜、透明人間が女の子の部屋に忍び込むという内容の映画を見ていたのだ。

酔っ払っていた僕は「ああ、おれも透明人間になりてぇなー」なんてつぶやいた気がする。

P8142718.jpg
しかしそんなの真に受けられても困る。

猫にもどうやら僕のことは見えないらしい。あさっての方向見てる。これはどうやら僕の頭がおかしくなったんじゃなくて、本当に透明になっているらしい。

しかしめったにできない経験ではあるので、ここはひとつポジティブに受け止めて透明のまま外に出かけてみることにしよう。

P8142726.jpg
ちょっとまって、靴って履くの?

基本全裸だ

迷ったが全裸で出てきた。途中で元に戻ったらやばいが、服と靴だけが歩いているのはもっとやばいだろう。同じ理由で車に乗るのもあきらめることにした。

P8142734.jpg
無人の車が道を走っているなんて未来だ。

しかたがないので歩くことにした。はだしなので足が痛い。

道を横断したいのだが、一向に車が止まってくれない。横断者優先って教習所で習わなかったか。おまえら全員免許取り消しだぞ。

P8142899.jpg
あぶねえ。

と思ったのだが、考えてみたらあちらからは僕のことなんて見えていないのだ。まあいま全裸なので見えていたとしても止まらないかもしれないけれど。

歩くのは危ないのでバスを使うことにした。たぶん今ならただで乗れるはずだ。透明になって初めて得することができそうな気がする。

P8142878.jpg
ええっと次のバスは。
P8142886.jpg
あ、来た。

バスはどうだ

ほどなくしてバスが来た。

「待ってくださーい、僕も乗りまーす。」

聞こえているのかいないのか、バスの扉は僕の目の前で閉まった。プシュー。そして運転手さんは涼しい顔で車を発進させた。

「あ、ちょっと!」

P8142882.jpg
元に戻ったら苦情の電話を入れるからな。

もちろんタクシーになんて乗れるわけないので、安全に気をつけて歩くことにした。まあ特に行く先も決まっていないので歩いた方が便利ではある。

P8142873.jpg
タクシー、勝手に乗り込んだら叱られるかな。

とそこへ駐車場から車がバックで出てきた。どうやら僕のことが見えていないようだ。

「待ってください、人がいます!」

P8142894.jpg
存在自体が死角。

あやうく轢かれるところだった。思ったけど轢かれても誰も気づかないだろう。透明人間孤独死だ。気をつけよう。

お腹が空いたのでコンビニでハムとか開けて食べようかと思ったのだが、なんと自動ドアが開かない。

P8142890.jpg
透明人間に人権はないのか。
P8142891.jpg
まつ毛にエクステでもつけてもらうか。

 

P8142888.jpg
交番にかけこんでも困るだろうなー。

人の暮らしに絶望したので海に向かうことにした。僕はそもそも人里よりも自然が好きなのだ。

P8142848.jpg
海だけは平等だよね。

やっぱり海はいい

海は透明の僕でもしっかりと受け止めてくれた。しばし遊ぶ。全裸が気持ちいい。

P8142853.jpg
サーフィンしたいけどボードが流されてるだけに見えるだろうな。

満足したので海から上がってシャワールームへ向かう。

P8142857.jpg
「あ!」

透明である。今なら女性用にも入れるはずなのだ、と一瞬エロが頭をよぎったが、僕にはどうしてもその勇気がなかった。透明になってもダメなやつはやっぱりダメなのだ。映画のようにはいかない。

P8142863.jpg
いまジュース飲んだら胃だけが浮かんで見えるんだろうな。
P8142866.jpg
青い空を見上げて泣いた。

 

透明になってしまったことをポジティブに受け止め、逆にその恩恵にあずかろうと思ったのだが、この世は透明人間にとって暮らしやすくはなかった。

もうだめだ、僕はどうして透明なんかになってしまったのか。元に戻りたい。人に見られたい。人は外見じゃないなんていうけどさ、それって透明じゃないことが前提なんだよね。

P8142831.jpg
夢か。

という夢を見て目が覚めた。


いるかもね

この世は透明人間にとって暮らしにくかった。しかし、もしかしたら同じようにうっかり透明になってしまったはいいが、一瞬で車に轢かれてその辺で倒れている人がいるかもしれない、見えないだけで。いないね。

 

透明人間 [完訳版] (偕成社文庫)
H.G. ウェルズ
偕成社
売り上げランキング: 53,495
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓