広告企画 2019年4月18日

群馬にはじっくり育てたイノブタと味噌とロマンがある~投稿頼りの旅in群馬~

群馬県という場所がある。東京から新幹線で気軽にアクセスでき、草津温泉や世界遺産に登録された富岡製糸場があったり、だるま弁当や焼きまんじゅうがあったりと、多くの魅力で溢れている。ただ2018年の都道府県魅力度ランキングは42位と低い。

そこでTwitterやメールで群馬の魅力を教えてもらい、そこに行ってみたいと思う。我々がまだ知らない、群馬があるはずだ。結果を先に書いてしまえば、群馬、めちゃくちゃ魅力で溢れていたよ。

※これまでいろいろな場所で取材をした記事を読めば誰もが知ったかぶりできるはず。「知ったかぶり47」は、デイリーポータルZと地元のしごとに詳しいイーアイデムとのコラボ企画です。

※前回の「投稿頼りの旅」は山梨県でした。
※姉妹企画「地元の人頼りの旅」もよろしく。

1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。(動画インタビュー)

前の記事:クノールカップスープを全種類混ぜると説明できない美味しさ

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

群馬の知っていること

群馬とGoogleなどで検索すると「未開の地」的なことがヒットする。いやいや、群馬は魅力で溢れているのだ。草津温泉、伊香保、尾瀬、ロックハート城などがあり、川場村の道の駅「川場田園プラザ」は平成27年度全国モデル道の駅に選ばれ、年間120万人が訪れている。

002.jpg
群馬にはいろいろあるんです!

ただ私は、あまり群馬に行ったことがない。近いから逆に行っていなかった。東京生まれの人が東京タワーに登ったことがない、と同じだ。だからこそ知りたいのだ、行きたくてたまらなくなる、今まで行かなかったことを後悔するような、群馬のことを。

003.jpg
高崎に来ました!

ということで、Twitterやメールで群馬のおすすめの場所を募集した(群馬県のおすすめ教えてください!)。バンバン投稿がありました。ありがとうございます。その中から選んで実際に行ってみると、楽しいのよ。めちゃくちゃいいのよ。群馬が大好きになりましたよ。

004.jpg
張り切って参りましょう!

恐竜の足跡だよ!

人類はロマンを感じたい生き物だ。昔ここには恐竜が悠々と闊歩していたとか、たまらなくロマンを感じる。福井県は恐竜が有名で福井駅前には大きな恐竜のモニュメントが置かれている。そして、群馬もそうなのだ。恐竜がいたのだ。その痕跡を見ることができる。

005.jpg
神流町にやってきました!

向かって右下に恐竜のキャラクターが描かれている。「サウルス」君だ。ちなみにシャープ株式会社が販売していたPDAは「ザウルス」だ。いまサウルスとザウルスのことを書いたけれど、この二つは特に関係はない。

006.jpg
ぐんまちゃんと同じ勢いでサウルス!

神流町の道の駅に行ったら、群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」と神流町のマスコット「サウルス」が並んでいた。なんならサウルスの方がぬいぐるみが大きい。この町は恐竜の町なのだ。そして、あるのだ、誰でもいつでも見ることのできる、恐竜のロマンが。

007.jpg
こちらです!!!

 

008.jpg
アップ!!!

わかりますか? はいそうです、恐竜の足跡です。恐竜の足跡が残っているのだ。日本列島で発見された最初の大型・小型の数種類の恐竜の足跡なのだ。あんな高いところを歩いたのか、と思うけれど、昔は水深の浅い砂浜だったらしい。

009.jpg
ずっと見ていられるよね!

私は「想いを馳せる観光」と呼んでいるのだけれど、「昔はこうだったんだな」と思うと興奮する。今回はここを恐竜が歩いていたんだな、と思うともうドキドキが止まらない。だって足跡があるのだ。間違いなく歩いていたのだ。

010.gif


 

011.jpg
想いを馳せます!

目の前に恐竜が浮かんでくる。私の画力があれだけれど、脳内には鮮明に恐竜が浮かんでくる。脳内ではもうジュラシック・ワールドだ。ジュラシック・パークではない。続編だ。ラプトル達を手懐けているところまでが鮮明に見えた。

011.jpg
トイレの男女も、

 

012.jpg
恐竜!

足跡があるだけなのに30分も見ていた。この日、群馬は4月なのに雪が降ったりもして寒かったけれど、見ていた。これ暖かかったらもっと見ていたと思う。ロマンが溢れて止まらないのだ。より詳しく知るために「神流町恐竜センター」に行こうではないか。

013.jpg
神流町恐竜センターに来ました!

神流町恐竜センターは、恐竜骨格の展示や化石発掘体験ができる施設だ。脳内ジュラシック・ワールドの続きを体験しようではないか。ここでは実際に恐竜を見ることができるので、脳内の必要はないのだけれど。

014.jpg
あ、、、

 

015.jpg
やってないわ

現在は改修工事に伴い休館中だった。Twitterで足跡は書いてあったけれど、神流町恐竜センターについて書かれていなかったのはこのためか。ちなみに4月中旬ではなく、令和元年の初日にリニューアルオープンするそうだ。

016.jpg
絶対にまた来ます!

関東一大きい鍾乳洞「不二洞」

次は上野村にある「不二洞」に行く。1200年前に猿が集まり騒いでいたことによって発見された鍾乳洞だ。江戸時代には修行の場になっており、関東最大級の鍾乳洞らしい。一人で行くの怖いんだよね、鍾乳洞。

017.jpg
でも、行きます!!!

不二洞の近くにも駐車場があるけれど、知らなかったので、上野スカイブリッジを渡り不二洞を目指す。この日は風が強かったから、なかなかに怖い橋だ。ちなみに30分おきくらいにシャボン玉が舞うらしい。メルヘンチックだ。

018.jpg
上野スカイブリッジ
019.jpg
 私の場合はメルヘンのかけらもないけど、怖くて

お金を払い不二洞への入り口を目指し山を歩く。びっくりするくらい急だった。これを登りきったらゴールでいい気がする。しかし、目指すのはスタートなのだ。修行の場になったのも頷ける。スタートする前からスタートした感じがするもん。

020.jpg
急だよね!

 

021.jpg
入り口に着きました!
022.jpg
 さらにどーん!

入り口のドアを開けるとムッとした空気が流れてきた。さらに驚くほど坂道だった。何かの基地のように感じる。カッコいい。ただ一人なのでなんだか怖い。だから修行の場だったのかもしれない。坂を登り切れば鍾乳洞だ。

023.jpg
カッコいいね!
024.jpg
 素晴らしいよ!

鍾乳洞は全長2.2km。道中には「血の滝」、「三途の川」、「死出の山」などと名付けられた場所を通る。センサーで人が通ると説明が流れたり、電気がついたりするので、それに驚き小3の女の子のような声を30代男性があげていた。楽しんだけどね。

025.gif
急に暗くなったりして怖い!

世間から隔離されている感がすごい。異次元の世界に来た感じ。この日は世間では新元号の発表が行われていた。時間的にもちょうどその時間にここにいた。しかし、そんな感じは微塵もないのだ。この場所に響くのは令和ではなく、私の可愛らしい「キャ」という声だ。

026.jpg
出てからの帰り道も怖かった!
つぎはイノブタ!
logo02.jpg
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓