小出し記事 2021年7月2日

10年前の池袋を歩く その3 〜再開発地帯を歩く

10年前の池袋を歩いている。

前回は、サンシャイン通りを歩いた。
少し横にそれてみよう。そこには、ものすごい再開発が行われたエリアが広がっているのだ。

1997年生まれ。大学院で教育学を勉強しつつ、チェーン店やテーマパーク、街の噂について書いてます。教育関係の記事についても書きたいと思っているが今まで書いてきた記事との接点が見つからなくて途方に暮れている。

前の記事:10年前の池袋を歩く その2 〜サンシャイン通りで不易流行を追う

> 個人サイト Note

ボウリングのピンがあった

少し歩いていて思い出したのは、かつて池袋にあったボウリング場のことだ。

この建物の中にはヤマハ音楽教室があって、私はそこに通っていた。レッスンが終わると同じ建物にあるボウリング場やゲームセンターで遊ぶのが定番コースだった。

目印は、大きく置かれたボウリングのピン。郊外のボウリング場であればこういうものが目印として置かれていることが多い。しかし、池袋のど真ん中にあると、どこかこの世のものではないオーラがただよう。

ここは今、どうなっているのだろうか。

image1.jpg
どデカい商業施設になっていた

取り壊された、と噂では聞いていたが、その後にこんな巨大な商業施設になっているとは知らなかった。

現在の風景に、かつての風景をかざしてみる。

image3.jpg
そう、この位置にボウリングのピンがあったのだ

せめて、ボウリングのピンだけでも残っていたら、と想いを馳せること、この上ない。

重ねてみると、劇的な変化がよくわかる

現在のビルは、「Q plaza 池袋」といい、再開発の目玉の一つだという。
シネマコンプレックスを核とした商業施設で、映画館には国内最大のスクリーンがあるという。横幅はなんと25.8メートル。25メートルプールが入る。

ちなみに、ボウリングの1レーンの長さは、投げる場所まで入れると、22.8メートル。映画館の横幅サイズに似ている。スクリーンサイズに、かつてのボウリング上の記憶が埋め込まれている。

Googleマップでは見えない遺伝に気付かされる。

実は遺伝しているのだ

再開発は終わってしまった

Q plaza池袋から進むと、池袋の更なる大規模再開発エリアに入る。もし、昔の池袋を知っている人がこれを見たら驚くと思う。

もう言葉は必要ないかもしれない。

このエリアの10年の軌跡を一部ご覧いただきたい。

まずは、10年前に豊島公会堂があったエリアから。

豊島区役所は公会堂があったこのエリアが再開発されたのは、2010年代の後半のこと。ちょっと目を離したすきにこの変貌ぶりだ。

10年は、短いようで長い。

再開発はもう終わってしまった。

空に道ができた

再開発は、空にも道を作る。

10年があれば、空に道も描けるのだ。

ダイナミックな、あまりにダイナミックな

極め付けはここだ。

image2.jpg
現在、アニメイトとして賑わいを見せている場所

アニメイトは、マンガやアニメのグッズを取り扱うショップで、池袋のシンボル的存在だ。本店はかつてサンシャインの前にあったが、数年前にここに移ってきた。

ここの10年前を見てみる。

言われなければ、同じ場所だと分からない。ぜんぜんちがう。
逆に、かつての池袋にこんな場所があるとは思わなかった。

image2.jpg

同じ場所だと思えるだろうか

10年前、それは短いようでいて長い過去だ。

Googleマップには、池袋のダイナミックな、あまりにもダイナミックな変化が刻まれていた。


次回は、西口に移動して池袋の変化を歩きます

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ