特集 2016年12月17日

伊豆の金目鯛がうまい、台湾の写真館がすごい  人気記事まとめ

!
こんにちは。デイリーポータルZ編集部の古賀です。

このまとめは12/8~14にデイリーポータルZで公開された記事からのよりぬきまとめです。

この週、12/8はサイト初のこころみ、記事ではなく動画を1日更新し続ける「動画の日」をお送りしました。

ニコニコ動画にアップしたのですが、慣れないことでマイク近くで人のプレゼンを笑って聞いていたらそのまんま笑い声が収録され、しかも修正の手段もわからずそのままアップしてコメントで怒られるというもういろんなところに申し訳ない状況になっております。
これがインターネット時代の不器用かという思いのした日でありました。
動画はこちらにまとまっています。どうぞよろしくおねがいします。

本まとめではいつもどおり通常記事をふりかえっていきましょう。では、どうぞ!

!

今週の役に立ったりちょっとためになる記事


恥ずかしながら金目鯛のうまさを知りませんでした

2016年12月12日公開 ライター:斎藤充博

“思うに、ぼくが金目鯛のうまさを知らなかったのは、インターネットのせいだ。

“うまさの要素が多すぎて、完全に認識できる許容量を超えている。

“温かい刺身がこんなにうまいとはみんな知らないだろう
サクッとしていて、脂がのっていて、後味にはキレが。伊豆で出会った金目鯛が強烈にうまかった。あぶって良し、しゃぶしゃぶもうますぎる。
サクッとしていて、脂がのっていて、後味にはキレが。伊豆で出会った金目鯛が強烈にうまかった。あぶって良し、しゃぶしゃぶもうますぎる。

農村のシンデレラ城、カントリーエレベーター

2016年12月9日公開 ライター:西村まさゆき

“何と言ってもこの巨大な円柱が密集している姿に痺れる。

“がどうなっているのか分からない、という未知の魅力にあふれている。

“かなり濃密な、知らなくても困らない知識を頭に入れてしまった。
田んぼの真ん中にある巨大な建物「カントリーエレベーター」。名前がかっこよすぎます。カントリーエレベーターの見分けができるチャート付きです
田んぼの真ん中にある巨大な建物「カントリーエレベーター」。名前がかっこよすぎます。カントリーエレベーターの見分けができるチャート付きです

三省堂「今年の新語2016」はなぜ「ほぼほぼ」に決まったのか?

2016年12月14日公開 ライター:西村まさゆき

“言葉のおもしろさが選考理由に入ってくることが多いんですよね

“聞いたことないっていっても、ただ忘れてるだけ、という可能性もあるんですよ。

“いっつも12月にカタストロフィ起きねーかなーって思ってますね。
ほぼほぼ、エモい、VR…。今年根付いたと思われる新語ランキングをガチの辞書ファン(校閲職の方も)と掘り下げまくり!
ほぼほぼ、エモい、VR…。今年根付いたと思われる新語ランキングをガチの辞書ファン(校閲職の方も)と掘り下げまくり!

日本最強のクラゲ「ハブクラゲ」を捕まえて食べる

2016年12月10日公開 ライター:Monsters Pro Shop / 平坂 寛

“その毒性の高さと刺された場合の症状の重さは日本産クラゲ類の中でも群を抜いているという。

“クラゲの捕り方。網で掬うと身体が擦れて壊れてしまうので、バケツを投げ込み海水ごと掬う。

“シャキシャキコリコリと音を立てる歯触りがみずみずしい。

「日本産クラゲ類の中でも群を抜く」という猛毒生物ですが、所詮はほとんど水分。塩蔵するとすごい小ささに。味は美味です。
「日本産クラゲ類の中でも群を抜く」という猛毒生物ですが、所詮はほとんど水分。塩蔵するとすごい小ささに。味は美味です。

おたのしみいただけておりますじゃろうかしら。

「今年の新語2016」の発表会は私もライター西村さんに同行しかたずを飲んで見守ってきました。うおおなるほどとありがたく帰りましたが今回ガチのファンの感想を聞いて掘り下げのあまりの深さにさらにうなった次第です。

言葉おもしれえ……(膝をつき涙)。

さて、涙をふいて立ち上がり、続いてはチャレンジ系の記事をご紹しますね。どうぞ!
いったん広告です
!

今週の「やってみた」記事


『この世界の片隅に』に出てきた「楠公飯(なんこうめし)」を食べてみた

2016年12月14日公開 ライター:北村ヂン

“映画で見た通りプルップル!
不思議ご飯だーっ!!

“旨くはないけどマズイってほどでもない!

“つづいて楠公飯と同様に戦時中に使われていた米増量法「国策炊き」を試してみたいと思います。
映画で気になったご飯です。簡単に作れるんですね。香ばしい匂いがおいしそうですが、食べた感想は「微妙!」のよう。
映画で気になったご飯です。簡単に作れるんですね。香ばしい匂いがおいしそうですが、食べた感想は「微妙!」のよう。

台湾でかっこいいプロフィール写真を撮る

2016年12月12日公開 ライター:玉置豊

“真面目なプロフィール用としては実用性ゼロの写真をプロが撮ってくれるというサービス

“仕上がりの目安は、A:お任せ、B:ナチュラル、C:過剰の3コース

“あの日に鏡越しで見た自分を軽々と凌駕している己がいた。
大人5人、写真館の本場台湾でごりごりに大変身。メイクはナチュラルから過激まで3コース選べるそう。お値段15,000円くらいとのこと。
大人5人、写真館の本場台湾でごりごりに大変身。メイクはナチュラルから過激まで3コース選べるそう。お値段15,000円くらいとのこと。

真似るな危険! 世界一辛い唐辛子を使ったチリソースを食べてみた

2016年12月9日公開 ライター:住正徳

“ これは食べて大丈夫なものなのだろうか?

“未体験の凶暴な辛さをお試しください。

“口に入れてから数秒は辛さもなにも感じない。しかし、数秒後、口の中に爆弾が堕ちたような衝撃が走る。辛いのではない。痛いのだ。痛くて熱くて、舌が二倍くらいに腫れているような感覚に陥る。
もんどりうちながら「ばかなことをした」と言ってます。ベテランライターが身体をはるさまに背筋が伸びる思いです。
もんどりうちながら「ばかなことをした」と言ってます。ベテランライターが身体をはるさまに背筋が伸びる思いです。

人間大砲のやりかた

2016年12月13日公開 ライター:林雄司

“オープン記念だ、人間大砲しかないだろう。

“人間大砲で飛ぶのはニフティ社長の三竹である。

“ サラリーマンの知恵が増えた。
忘年会シーズン、人間大砲をやりたいと思っているサラリーマンも多いはず。シナリオから準備するものまでご説明します。
忘年会シーズン、人間大砲をやりたいと思っているサラリーマンも多いはず。シナリオから準備するものまでご説明します。

おたのしみいただけましじゃろうかしらのう。

台湾のすごい写真館はさいしょ記事を読んだときは「いやいや、私はこれは…」などと思いただただ記事として参加勢の変身ぶりにおどろくばかりでしたが、2度3度と記事を読み込むうちに「いっちょうやってみっか…」という気分になってくるので不思議です。

まだ1回しか読んでない方、ぜひもう1回読んでみてください。なんでこんなにその気になってきちゃうのか。台湾か…近いよな…。

では、まとめはこのあたりで。来週も土曜16時におすすめ記事まとめをお送りします。どの記事を読んでいいか分からなくなった方はぜひおいでください!

バックナンバーいちらん
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓