特集 2013年3月13日

サングラス29円!謎の激安めがね博物館

このサングラス、29円!
このサングラス、29円!
色んなものがミチミチに陳列されており、コレクター心がくすぐられてしまう博物館。企業や自治体が運営するオカタイものから、奇特なおっちゃんが個人でやってるものまで色々。

デイリーポータルZでも「お鍋の博物館」「TOTO歴史資料館」など、変わった博物館を紹介しています。そういやボクの紹介した「自動車時計博物館」や「縄文博物館」なんつーのもありましたな。

で、今回はそんな変わった博物館の中でも、さらに異色な博物館を発見してしまったので紹介したいと思います。……というかコレ、博物館なのか?
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。(動画インタビュー)

前の記事:珍スポット好きが行く普通の旅行

> 個人サイト Web人生

老眼めがねの博物館……?

さて、問題の博物館は池袋駅から少し歩いた辺りにあるのですが……とりあえず建物を見てもらいましょう。
ろ……老眼めがね博物館!?
ろ……老眼めがね博物館!?
「老眼めがね博物館」という、ニッチにもほどがあるジャンルなのはとりあえず置いとくとしても、この博物館らしからぬルックスは一体……。

よくいえば味がある、工夫しないでいっちゃうと博物館にしてはショボすぎな建物。今まで色んな博物館を見てきましたが、こんな庶民的な博物館ははじめてです。
なぜか看板のデザインはパルテノン神殿風
なぜか看板のデザインはパルテノン神殿風
そして、博物館っぽさゼロな立て看も……
そして、博物館っぽさゼロな立て看も……
この立て看、「お気軽にお立ち寄り下さい」「見学大歓迎」「日本で初めて10000本展示」あたりの文句はいいにしても、「うれしい楽しいお買い得」って!? 「うれしい!たのしい!大好き!」(Dreams Come True)インスパイアかい? ……いや、そんなに似てもないな。

しかし、ますます博物館なのかどうかビミョーな状態に。
つーか、建物の前でワゴンセールしてるもん
つーか、建物の前でワゴンセールしてるもん
さすが博物館、建物の外にまでメガネが展示……じゃないでしょコレ、値札ついてるじゃん。
!

メガネ無間地獄だ!?

「博物館」というわりに、単なる安売り店という雰囲気をビンビンに放っているこの施設。

ウルトラクイズばりに大きなクエスチョン・マークを頭上に浮かべながら建物の中に足を踏み入れると、さらにすさまじい光景が繰り広げられていました!
ん?
ん?
うお……うおおおおおっ!
うお……うおおおおおっ!
ぶっとびーッ!(宮沢りえ)
ぶっとびーッ!(宮沢りえ)
!
建物の中は見渡す限りメガネ・サングラス・メガネ・サングラス・メガネ・サングラス……の無間地獄状態。

ここが博物館なのか、はたまたお店なのかという疑問が吹っ飛ぶくらいの、ちょっと尋常ではない量! コレが「日本で初めて10000本展示」の実力かッ。

しかしこの「老眼めがね博物館」、ただの内装出落ち系の物件ではありません。細かく見ていくと、もっとどーかしてるんですよ。
いったん広告です

ヤケクソ価格が次々と

遠目から見ると、もはや模様としか認識できないくらいギッチリと壁に敷き詰められたメガネ&サングラス。
前を向いても……
前を向いても……
後ろを向いてもメガネ・サングラス・メガネ・サングラス・メガネ……
後ろを向いてもメガネ・サングラス・メガネ・サングラス・メガネ……
色とりどり・多種多様なデザインのメガネ&サングラスに、クリスマスツリー的な電飾まで絡まってチカチカギラギラ点滅。ちょっと正気の沙汰とは思えない光景が広がっています。
写真では分かりづらいですが……どうして電飾までつけた!?
写真では分かりづらいですが……どうして電飾までつけた!?
この内装だけでかなり脳がぐわんぐわん揺さぶられてしまいますが、正気の沙汰ではないのはコレだけではありません。

販売されているメガネ&サングラスの値段設定も、完全にヤケクソでつけてるとしか思えないファイアー・ウンコ級のビックリ・プライスなのです。
まず、大体の商品がおおざっぱに9割引
まず、大体の商品がおおざっぱに9割引
「パーティーグラス・舞踏会の婦人」というカテゴリーもよく分かりません。舞踏会行く婦人は295円のサングラスかけないんじゃないかな?
「パーティーグラス・舞踏会の婦人」というカテゴリーもよく分かりません。舞踏会行く婦人は295円のサングラスかけないんじゃないかな?
「大型バイク用・ハーレーダビット(ド)ソン用に作ってみました」のは分かるけど「250cc以下のバイクには使用しないで下さい」とまでいわなくても……。別に小さいバイクで使ってもいいじゃん!
「大型バイク用・ハーレーダビット(ド)ソン用に作ってみました」のは分かるけど「250cc以下のバイクには使用しないで下さい」とまでいわなくても……。別に小さいバイクで使ってもいいじゃん!
あのマイケルのサングラス・コレクションも290円均一で大放出中です!
あのマイケルのサングラス・コレクションも290円均一で大放出中です!
あんまマイケルに詳しくないんですが……こんなサングラスしてましたっけ? マイケル
あんまマイケルに詳しくないんですが……こんなサングラスしてましたっけ? マイケル
「俺のサングラス」がマイケルのサングラスよりも高いというのもちょっと納得がいかないところ
「俺のサングラス」がマイケルのサングラスよりも高いというのもちょっと納得がいかないところ
「愛しちゃったのでこのサングラス掛けています」とはどういうことなのか……?
「愛しちゃったのでこのサングラス掛けています」とはどういうことなのか……?
こういうことか……
こういうことか……
最近ではあまりお見かけしなくなったオンボロ表現が胸を打つ「キズありコーナー」
最近ではあまりお見かけしなくなったオンボロ表現が胸を打つ「キズありコーナー」
ほとんどの商品が8~9割引の500円以下で販売されており、さらに妙な主張を含んだ変なポップが取り付けられていて、お得なものが好き、それ以上に珍奇なものが大好きなボクにとってはニヤニヤせずにはいられない夢空間!

まさかのフリー・サングラスが!

しかし「老眼めがね博物館」のポテンシャルはまだまだこんなものでは済まないのですよ。
遂に100円切り! 遠近両用メガネが85円!
遂に100円切り! 遠近両用メガネが85円!
まだまだいきます。度付きサングラスが48円! 定価5000円が48円って……9割引どころじゃないですよ
まだまだいきます。度付きサングラスが48円! 定価5000円が48円って……9割引どころじゃないですよ
こちらもサングラスが48円! うーん、安さには理由があったんですね
こちらもサングラスが48円! うーん、安さには理由があったんですね
さすがにそろそろ限界かと思いきや……出た、29円!
さすがにそろそろ限界かと思いきや……出た、29円!
デザインのお好みはありましょうが、29円じゃ買えませんよ、こんなサングラス
デザインのお好みはありましょうが、29円じゃ買えませんよ、こんなサングラス
100円ショップのサングラスでもかなり安いと思うのに、それよりも作りがしっかりしていそうなシロモノが100円以下で売られまくりです。

さすがにいくらなんでも、これ以下はないだろう……と思いきや、まだまだ下がありました。夢の一桁代かな?
まさかの無料です
まさかの無料です
!
プロバイダ入会のCD-ROMも見かけなくなった昨今、タダでもらえるものなんでティッシュくらいのもんですよ……
プロバイダ入会のCD-ROMも見かけなくなった昨今、タダでもらえるものなんでティッシュくらいのもんですよ……
はじめて来店してくれたお客さんに「ありがとう」ということで、老眼鏡かサングラスを無料進呈しているらしいんですが……来店記念で粗品を進呈というのはよく聞きますが、メインの商品をあげちゃダメなんじゃないの!?

今んとこ老眼鏡もサングラスも使う機会のないボクですが、それでも店内(博物館内?)に充満する激安・お買い得な空気にやられて思わず買っちゃいそうに。

しかし、サングラスを29円で売ったりタダであげたりしてたら儲けなんてあるんでしょうか? そもそも、ここは博物館なのか店なのか? そしてどーゆーつもりでやっているのか? 謎は深まるばかりです。
度数が合えばお得な近眼用メガネも……こんなのもあるんですねぇ
度数が合えばお得な近眼用メガネも……こんなのもあるんですねぇ
いったん広告です

お金はいりません!?

壁から天井から、所狭しと貼り付けられたメガネ&サングラス
壁から天井から、所狭しと貼り付けられたメガネ&サングラス
インフレ政策に逆行しまくった値段
インフレ政策に逆行しまくった値段
ここまで見てきただけでも、かなりどーかしている雰囲気は伝わったかと思いますが、まだもうちょっとビックリ要素が残っております。
「お金はいりません」との衝撃的な貼り紙
「お金はいりません」との衝撃的な貼り紙
コレを目にした時にはドキッとしました。

要は、お金がなくても切手や図書カード、ビール券、文具券などでメガネやサングラスを買うことができるということらしいです。……色々と間違っているような気が。

さらに、メガネやサングラスだけではなく、こんな商品も取り扱っていました。
メガネ関連商品も激安。……まあこれはいいんですが
メガネ関連商品も激安。……まあこれはいいんですが
「懐かしのヒットポップス」48円
「懐かしのヒットポップス」48円
なんで「老眼めがね博物館」でCDが……。老眼鏡世代に響くCDってことなんですかねぇ?
なんで「老眼めがね博物館」でCDが……。老眼鏡世代に響くCDってことなんですかねぇ?

捨てるよりは使ってもらった方が……

もう、とにかく気になることがいっぱいあり過ぎるので、店の人(博物館の人?)をつかまえて話を聞いてみることに。
!
「お店……なんですけど、こうやって膨大な種類のメガネを飾っているということで博物館みたいじゃないですか。というわけで『老眼めがね博物館』という名前にしています」

――しかし、ちょっと儲けが出るとは思えない値段ばかりですが……。

「この建物はもともとメガネ問屋の倉庫なんです。メガネやサングラスってその時々で流行のモデルがあるんで、シーズンが過ぎると返品されてきちゃうんです。それを捨てたり、倉庫にしまい込んでおくよりは使ってもらった方が……って感じで販売しているんですよね」

――壁や天井に貼り付けてあるメガネやサングラスも売り物なんですか?

「まあ、アレは博物館の展示物みたいなもんなんですが、『壁に貼り付けてあるあのモデルが欲しい』とかいってもらえれば、倉庫から探してくることは可能ですよ」
建物の2階が倉庫になっているそうです
建物の2階が倉庫になっているそうです
おおっ、あふれんばかりに積み上がっています
おおっ、あふれんばかりに積み上がっています
――ところで、なんでCDも売られているんですか?

「あれは……そういうのが回ってくることもあるんですよ。まあ、捨てたり不良在庫になるよりはいいじゃないですか」

……なるほど。

どーしても「まともに経営する気ないだろ!?」と思ってしまう値段設定ではありますが、最近ではお年寄り向けのバスツアーのコースにここ「老眼めがね博物館」が組み込まれていて、ツアーでやってきたおじいちゃんおばあちゃんたちが老眼鏡をガンガン買っていったりと、結構繁盛しているようです。

まあ、老眼鏡やサングラスを日常的に使ってる人にとってはメチャクチャお得な店ですからねぇ。
!
おおっ、コレは気になる「サングラス・アラカルト」……サングラスを「一山」という単位で数えてるのはじめて見ましたよ
おおっ、コレは気になる「サングラス・アラカルト」……サングラスを「一山」という単位で数えてるのはじめて見ましたよ
このザルに入った一山で395円ということらしいです
このザルに入った一山で395円ということらしいです
……というわけで買いましたよー!
……というわけで買いましたよー!
…
…………
…………
……外でかけることはないかな……。まあ、395円だからいいか
……外でかけることはないかな……。まあ、395円だからいいか

はやく来い来い老眼!?

ボクは一山いくらのおおざっぱなパッケージを買ったのでこんなことになってしまいましたが、ちゃんと自分好みのデザインを選んで買えばかなりお買い得なのは間違いないと思います。まあ、ボクはメガネもサングラスも普段かけないんでアレですけど。

なので、いずれ老眼になったら絶対にこの店で老眼鏡を買いたい! 非常にお得に! 今まで、老化して老眼になるのを恐れていましたが、ちょっと楽しみになってきましたよ。その時まで続いててください「老眼めがね博物館」!
「老眼めがね博物館」の隣の建物に眼鏡スーツ紳士カフェでが入ってて笑いました
「老眼めがね博物館」の隣の建物に眼鏡スーツ紳士カフェでが入ってて笑いました

老眼めがね博物館
東京都豊島区南池袋3-16-9
【電話番号】03-3984-5652
【営業時間】10:30~19:30
【定休日】水曜定休
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ