はげます会限定記事(途中から有料) 2022年4月12日

乙幡さんの、救う張り子

乙幡啓子さんといえば当サイトで長く活躍を続けるライターだが、いっぽうで今やすっかりとんちクリエイター日本代表選手のひとりになってしまった。妄想をふくらませ工作で具現化する妄想工作家として次々にアイディアあふれる作品を作り出している。

ほっけの開きをポーチ化した「ほっケース」や、「犬神家の一族」の有名なシーンである湖面から突き出た死体の足、あの形の氷が作れる製氷機などの作品がのちに商品化され大ヒットするなどその活躍はとどまるところを知らない。

そんな乙幡さんが、急にその創作に「張り子」を取り入れるようになった。

2020年と2022年に行われた2回の展示の様子を通じ、乙幡さんの「救う張り子」について語らせてください。

※編集部より この記事は「デイリーポータルZを はげます会」の会員限定記事です。途中から有料になります。

1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。(動画インタビュー)

前の記事:ドットを手書きする(デジタルリマスター)

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

いきなり、しかも大量の張り子を発表した

2020年、ショップでありギャラリーでもある西小山の「umi neue」で行われた展示「妄想民藝店」。

ここで、いきなり全17体、乙幡さんは新作の張り子を発表した。いきなりである。助走なしのトップスピードだった。

IMG_3373.JPG
ぜんぶいきなり新作

張り子というと、一番有名なのはやはりだるまだろう。それから赤べこや犬張り子など、古くからある民芸品のいちジャンルというイメージだ。

それを令和のいまゼロからしかもゴリゴリ17種類もひねり出すとは、ホビー業界ではもしかしたらある話なのかもしれないけど、意外だった。

ただ、いっぺん驚いてからよくよく思い出してみると、かつてから張り子へのリスペクトが、記事を通じた工作からも薄々漏れ出てはいたのだ。

top.jpg
2017年には日用品の空きボトルを使った張り子を作っている。なんで鳥かというと、酉年の1月の記事だから(鳥っぽい日用品で張り子人形を作る

さらにさかのぼって2013年には、のちに商品化もされる、ケルベロス風の赤べこも、これは既成の赤べこを改造するかたちで作っていた。

000.jpg
赤ベこをケルベロス風にする

「助走なしのトップスピードで張り子を」というのには間違いはないと思うが、そこを走る道をこつこつ舗装していたのだ。


ライカは宇宙人が保護しました

さらに「妄想民藝店」で発表された作品をみると、乙幡さんが張り子へそそいだ意欲、かけた情熱の詳細も一気に伝わるものがあった。

それぞれの作品にまつわるコンセプトが特徴的なのだ。

すりきれた言葉で存在を軽くしてしまわないか少し心配だが、あえていうと、ものすごくエモい。

たとえば「宇宙保護犬ライカ」。

IMG_3381.JPG
宇宙保護犬ライカ

ライカといえばご存じスプートニク2号に乗って1957年に宇宙に旅立った犬の名前である。スプートニク2号は大気圏再突入ができない、つまり地球に戻ることが前提とされない宇宙船だった。ライカの話を聞くといつも悲しい気持ちになる。

そのライカが、張り子では宇宙人に保護され笑顔だ。 

そのほかにも、あのエピソードや、このエピソードの主人公たちが張り子を通して新たな世界線を生きてくれている。

 

会員でないかたはここまでです。

続きが気になる方は、どうかはげます会にご入会ください。 → 入会ご案内

もう入っているかたはこちらからどうぞ。 → 続きを読む

またにしまーす! という方も、会の存在だけでも知っていただけたらこれ幸いです。 → 「はげます会」とはいったい何なのか

はげます会_bt_20220201.jpg

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ