広告企画 2021年12月16日

秋田は食べ物が美味しいかわりに鬼とゴジラがいる ~地元の人頼りの旅in秋田県~

なまはげがでかい!

いきなり現地に行ってあとは地元の人に頼り切って旅する企画。今回は秋田県に行ってきました。

 

 

 

※これまでいろいろな場所で取材をした記事を読めば誰もが知ったかぶりできるはず。「知ったかぶり47」は、デイリーポータルZと地元のしごとに詳しいイーアイデムとのコラボ企画です。

行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。愛知県出身。むかない安藤。(動画インタビュー)

前の記事:日本唯一の砂漠は東京にある

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

旅のはじまりは新幹線で4時間

今回もまったく下調べなしでいきなり新幹線に乗った。実を言うと秋田新幹線というのがどんなルートを走っているのかすら知らなかった。

001.jpg
出発の東京はいい天気!

アナウンスによると、東京から秋田まで4時間ほどである。

4時間!

新幹線で仕事をするとすごくはかどる、の法則に従い、最初の2時間くらいはかなりバリバリ働いた。

それでもあと2時間ある。ぼんやり音楽聞きながら本を読んでいると、座席周りがじぶんちみたいになっていることに気づいた。

002.jpg
新幹線って4時間くらい乗ってると部屋みたいになるぞ。

盛岡を過ぎ、後ろの車両が切り離され、再出発してトンネルを抜けると、そこは雪国だった。

003.jpg
急変!

東京はあんなに晴れていたのに、である。遠くの方の席で赤ちゃんが泣きだした。外の景色が不安なんだろう、わかる。まだ16時過ぎなのにすでに暗くなってきているし雪が真横に降っている。

そんな不安な僕らを乗せて、新幹線は秋田へ到着した。

004.jpg
着いたら2秒でなまはげ。

17時過ぎに秋田駅に到着。この時間ならばまだ歩き回れるだろうと思っていたのだけれど、すでに日が暮れて真っ暗である。そして予想の倍くらい寒い。

観光案内所で地元情報を入手

いつものようにノープランなので、まずは駅の観光案内所でこれからどうしたらいいのか聞くことに。

005.jpg
「地元の人頼りの旅」をやるまで駅の観光案内所って行ったことなかったのだけれど、今ではお世話になりまくっています。
006.jpg
どこの案内所にいっても申し訳なくなるくらい親切でありがたいです。

いつも観光案内所でおすすめを聞くと、とたんに旅の扉が開いたような気持ちになる。勝手に歓迎されているような気分になるのだ。

いろいろおすすめスポットを教えてもらったが、追加で、ライターの小堺丸子さん方式「個人的なおすすめってありますか?」を質問したところ、ちょっと離れた場所にある地元の居酒屋さんを教えてくれた。

007.jpg
さすが雪国。駅を出てからしばらくアーケードが続く。
008.jpg
それにしても風が強くてもらった地図を開けていられなかった。ひえ~寒い~~。

歩いて20分ほどで、教えてもらったお店「秋田杉」に到着。教えてもらわなかったら絶対歩かない距離である。

009.jpg
すでにいい店感はんぱない。

おそるおそる引き戸を引いて「ひとりなんですけど入れますか」と聞くと、カウンターで飲んでいた地元のお客さんが「いいよ!隣空けるからさ」と言ってアクリルのついたてをどかしてくれた。日本酒の香りと焼き鳥の煙でメガネがくもる。

010.jpg
この日ともだちになった金内さん。「なに、どっから来たの?神奈川?いくつ?仕事?それ、かつら?」質問が矢継ぎ早である。
011.jpg
その間、お店のマスターはまだ一言も発していません。

常連だという金内さんに言われるがまま「秋田まるごとセット」を注文。本当に秋田がまるごと出てきた。

012.jpg
比内地鶏の焼き鳥から時計回りに、馬刺し、とんぶり。ギバサ、じゅんさい、いぶりがっこ。これにキリタンポ鍋が付く。
013.jpg
この比内地どり炭火焼がとにかく最高でした。

金内さんは地元の歯医者さんとのこと。ここのマスターの後輩で、もう何十年も通っているのだとか。僕と同じでカメラが好きだったので初対面とは思えないくらい話が合った。

014.jpg
「秋田は日本酒が美味いよ、飲みなよ」とお店の酒を勝手に勧めてくれる。
015.jpg
同じくカウンターに座った二人(ともに初対面)にも次々と飲ませていた。

店の奥の座敷も満席で、何度か新しいお客さんがのぞいてはあきらめて出ていく。大繁盛である。

マスターはこの道50年以上のベテラン。ついこの間までコロナ自粛の影響で客足も途絶えていたのだけれど、今月に入ってから秋田も風向きが変わってきたと言っていた。

マスターはぽつりぽつりとしかしゃべらないんだけど、その一言ひとことに重みがあって聞き耳を立ててしまう。それを補うように金田さんがとにかくハイテンションで接客している。いい店を教えてもらった。これを書きながらまたあの空間に行きたいなって思っています。

僕たちが金内さんの彼女の写真を見せてもらっていると、マスターが最近秋田であたらしく売り出したという「サキホコレ」というお米がたまたま手に入ったから、ということで、サービスでおにぎりを握ってくれた。

016.jpg
で、これが信じられないくらい美味しかったんです。

さすが地元の人頼りの旅である。ぜんぶ地元に任せてみたら、初日から最高の夜になったのでした。

そしてホテルに帰って幸せに寝て、次の朝ですよ。

017.jpg
土砂降りなんだなこれが。
次のページではゴジラに会いに
logo02.jpg

 

 

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ