広告企画 2020年10月22日

クリームボックスと郡山ブラック、ときどきひょっとこ~地元の人頼りの旅in福島県~

福島すげー。

準備もせずにいきなり現地に行き、あとは地元の人に頼りきって旅する企画。今回は福島県郡山市です。

久しぶりの遠地取材だったんですが、山あり谷あり鍾乳洞ありのたのしい旅でした。

 

※これまでいろいろな場所で取材をした記事を読めば誰もが知ったかぶりできるはず。「知ったかぶり47」は、デイリーポータルZと地元のしごとに詳しいイーアイデムとのコラボ企画です。

行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。愛知県出身。むかない安藤。(動画インタビュー)

前の記事:岐阜県のおすすめ教えてください~投稿頼りの旅in岐阜県~

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

行き先は福島県郡山市

久しぶりの遠地取材である。行先は福島県郡山市。

ずっと前に友だちと「日本一かっこいい地名はどこだろう」という話をした。僕は「雫石」を推した。触ると切れそうだろう、雫石。イメージとしては透明がかった緑である、行ったことないけど。

その友だちは「郡山」を挙げていた。響きが水墨画みたいだから。なるほど、言われてみれば「こおりやま」にはどこか雄大な感じがある。それ以来なんとなく僕も気になっていたのだ、郡山。

福島県郡山市は、都内から新幹線で1時間半である。

001.jpg
新幹線に乗るのも久しぶりですねー。

久しぶりに乗った新幹線は以前と変わらず最高にクールな乗り物だった。

座り心地のいい椅子に小さなテーブル、すっ飛んでいく景色。東京からの1時間半で持ってきた本を30分読んで30分ぼーっとした。僕はこういうことがやりたかったんだなと思った。トランヴェール(新幹線の背もたれに入っている雑誌)では沢木幸太郎が江戸の話をしていた。

「地元の人頼りの旅」は行く先々で会った人から情報を集めて旅をするのがルールなんだけれど、福島県の人たちが東京からの観光客に対してどんな感じなのか、まったく想像がつかなかったので駅に着いたら観光案内所でできるだけ多くおすすめを聞いておこうと思った。これも新しい生活様式である。

そうこうしているうちに遠くの方の席で「え、もう郡山?」という声がした。確かに、思っていたよりずっと近い。

地元の人に頼りまくる旅、始まる

駅に着いてまず何か食べたかったが、仕事終わってから来てるのですでに夕方である。観光案内が閉まってしまう前に情報を集めておかないと明日からなにもすることがなくなる。都合よく美味しい物をすすめてくれたらいいんだけれど。

郡山駅の案内所はビニールシートの向こう側だったが、とても親切に教えてくれた。

002.jpg
観光案内所もレンタカーのオフィスも、カンターから1mくらい離れた場所に椅子が置かれていてソーシャルディスタンス完璧だった。
003.jpg
レンタカーのオフィスでもらったこの手書き地図がものすごくよくて、帰ってから何度も眺めた。

案内所でもレンタカー屋さんでもホテルのフロントでも、おすすめを聞くとまず

「この季節なら磐梯山ですねー」と言う。

磐梯山、もちろん聞いたことはあるけど登ったことはない。勧められたら素直に行く企画である、じゃあ磐梯山だろうか。

案内所で聞くと登山口から山頂まで2時間半で行けるとのことだった。つまり山頂まで行って帰ってで5時間である。一日仕事だ。明後日には帰る予定なので、磐梯山に登っちゃったらあとは翌日帰るだけにならないか。それで記事が書けるのか。悩みながらこの日は寝た。

004.jpg
でも来た。

要するに来たかったのだ。

しかしちょっと悩んだことで到着が遅れた。9時ごろ登山口に着くと駐車場はすでに満車である。

昨日まで雨が続いていたらしく、駐車場で話をした登山客の夫婦は「登山道がちょっと滑るかもしれないですねー」と言ってブーツのひもを締め直していた。とはいえ今日は快晴である、登らない理由がみあたらない。

というわけで最初のおすすめは磐梯山である。もしかしたらこの記事、ここだけで終わるかもしれません。

磐梯山

005.jpg
「お手軽コース」と「頑張るコース」がある。もちろん山頂を目指す「頑張るコース」を選択。往復約5時間とのこと。
006.jpg
登山口からはとにかく熊に気をつけろ、というメッセージが伝わってくる。

今年は夏から毎日のように目撃情報が寄せられていたらしく、案内所では「たぶん同じ熊なんじゃないか」と言っていた。その熊すでに懐いているのではと思ったが、とにかく気を付けるに越したことはないだろう。

登山口を過ぎるとすぐに本格的な登りがやってきた。どのくらい本格的かというと、立ち尽くすと後ろに倒れるくらいの斜度。

007.jpg
展開が速い。

磐梯山は天気さえよければハイキング感覚で登ることができる山だとは思う。とはいえ油断は禁物だ。しっかりと一歩一歩踏みしめて登る。

008.jpg
普段着に見えるけど実はトレイルランニングのシューズだし、服の下はファイントラック(登山用の下着で汗をかいても冷えない)です。
DSC03809.jpg
僕以外の登山客はしっかりとした装備でした。

泊まりで遠地取材に行くときは朝にホテルの周辺を走ることにしているので、いつでも走ることができる服と靴を持ってきているのだ。今回ももちろん走るつもりでやってきた(今朝は寝坊したけど)。

おかげで磐梯山も、走れる部分は全部走った。

010.jpg
なかなかの登山道がずっと続くけど、ほとんど一本道なので昼間ならば道に迷うことは少ないと思います※とはいえ高い山なので経験の浅い人は経験者と一緒に行きましょう。

気持ちのいい秋の週末である。

この日はたくさんの登山客が来ていて、小走りで進む僕にエールを送りながら(お!軽快だねー)(天狗かと思ったわよー)みんな気持ちよさそうに山頂を目指していた。この日会った登山客の大半は定年後のたのしみに、という落ち着いた感じ。だからみんな僕のことを「さすが若いのは違うなー」というが、僕だって40過ぎたいい大人である。

011.jpg
たまに視界が開けると自分の高度がびっくりするくらい上がっているのに気づく。

たまに見える絶景に見とれていると、すーっと涼しい風が吹いてきて汗だくだったのが一瞬で冷える。登りやすいとはいえ、やっぱりここは山の中なのだ。

012.jpg
途中の弘法清水という山小屋では、その名のとおり近くに清水が湧き出していました。
013.jpg
これが美味いのなんのって。

弘法清水の山小屋まで来ると山頂まではあと少しだ。

細い一本道をひたすら上へ上へと登っていくと急に視界が開けて足元の土が石に変わる。これがくると山頂が近い。見上げるとそこには磐梯山のてっぺんと登山客、そして空と太陽しかなかった。

014.jpg
急に現れるごつごつした岩山を登ると。
015.jpg
山頂に到着である。
016.jpg
わーい。

登山ルートは磐梯山の北側から登るので、山頂にあがるまで見えなかった猪苗代湖がようやく見えた。

この時の感動がすごい。

017.jpg
目の前に巨大な穴が開いているのかな?と思うくらい平な猪苗代湖。

最高です。

そう叫びそうになった。

これはみんなが勧めるわけである。この時期に晴れたらここ以上に気持ちのいい場所はないんじゃないだろうか。来てよかった。

しかし感動してばかりもいられない。はやく下らないと日が暮れてしまう。

先ほど上る途中で湧き水を飲んだ弘法清水の山小屋では、かんたんな食事とか熊鈴なんかを買うことができた。

018.jpg
これぞ山の売店!というラインナップ。

山小屋のおかあさんのおすすめはなめこ汁とのこと。

「このあたりの名物なんですか?」と聞くと、「そんなことないけど、もうずっとやってるからねー」と。それはおかあさんが意図しなくても名物になっているんだと思いますよ。

019.jpg
ずっとやってる、か、本日限りなのか、どっちなのか。
020.jpg
注文を受けてから中の厨房で作ってくれる。この実家に帰ってきたかのような安心感。

外の景色を眺めながらいい匂いがしてきたなーと思っていると、おかあさんがすり足でなめこ汁を運んできてくれた。

021.jpg
ありがとうございます!

関東からきました、と思い切って言うと

「あらー、ご苦労様ー!だったら湖見たら感動したでしょう」と。

湖とは猪苗代湖のことである。確かに感動した。それもだけれど、このご時世、関東からっていうとちょっと嫌がられるんじゃないかなと正直身構えていたのだ。

まったくそんなことはなく、自分ちに帰ってきた息子に対するみたいな顔で出迎えてくれた。ちょとくすぐったかった。

022.jpg
で、このなめこ汁がね、もう最高なんです。
023.jpg
勢いでビールを注文しなくてよかったと心から思いました。

このなめこ汁、あつあつな上に細いタケノコが入っていてなめこがとろとろで最高なのだ。汗をかいた体にこれは沁みる。これだけのために登ってきたと言ってもいい味。

なめこ汁に元気をもらって帰路についた。

024.jpg
磐梯山は登って降りてで2時間半くらいだった。トレイルランナーのプライドが顔を出して走れるところはほぼ走ったのでまずまずのタイムといえる。今日はそういう取材ではないけれど。

コンビニに売られている限定品

下山したら指の先がしびれるくらいおなかが空いていたので登山口の一番近くにあったコンビニに転がりこんだところ、福島限定のものがいくつか売られていた。レジのおかあさんにおすすめを聞く。

まずはこちら、セブンイレブンで買った会津限定のバターパン。

025.jpg
見た目の普通さがすごい。
026.jpg
シンプルを極めた外観。

見た目はものすごくシンプルだが、挟んであるクリームが生クリームじゃなくて、塩がじゃりじゃりする感じのバタークリームで意外だった。でもこれ、登山の補給食にちょうどいいと思う。知っていたら持って登っていた。

そしてわかめのおにぎり。

027.jpg
わかめのおにぎり。

こちらも塩が強めに握ってあって体がよみがえる。どんぶりで食べたい味である。

このコンビニは店員さんがすごい親切で、おにぎり温めます?ゴミ袋持ってる?寒くない?うるさくてごめんねー、と、なにしろ愛想がいい。他に福島の限定品ってないですか?と聞いたら「わたし!」と言っていた。

 

福島県のお米が美味しすぎる!という話をおむすび職人に聞きます
prof02.jpg
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ