特集 2024年4月30日

Googleマップのレビューで☆3未満の滝をめぐる

Googleマップではお店のほか、水が上から下に流れ落ちる自然現象・滝までもがレビューの対象となっています。

自然現象に「滝」と名付けて、レビューをする人間の営みとは、そして☆の少ない滝の姿とは…その謎を探るべく、低レビューの滝めぐりがはじまりました。

そして、わざわざ低レビューの滝をめぐる自分の気持ちを、自分で全く説明できず不思議な気持ちに・・・

大阪生まれの大学院生。工作や漢字が好きです。ほら貝も吹けます。先日、教授から「あなたは何を目指しているのか分からん」と言われました。

前の記事:王将のジャストサイズメニュー全品頼んで西太后の食事をする

> 個人サイト 唐沢ジャンボリー

低評価の滝・・・!?

とある友人と山登りの話をしていた時のこと。埼玉県日高市の山がハイキングにおすすめだよ~という話をフムフムと聞いていたところ、

「日高市の山をGoogleマップレビューで見てたら、酷評されて星の数が低い滝があった」と教えてくれました。

それを耳にし、

めちゃくちゃ驚きました。

観光スポットになっているものもあるとは言え、滝は自然現象です。

海に行って「波が高くて泳げませんでした☆1」とレビューするみたいな、やっても意味のないことのように思えたのです。

その一方で、

だんだん心が惹かれていく自分もいました。

気になってGoogleマップの「滝」をザーッと見ていくと、養老の滝、那智の滝など有名どころは☆4以上、平均で評価☆3以上です。

いつのまにか☆3未満の滝のレビューを食い入るように見はじめ、「見に行く価値がない」「がっかり」など散々な言われようにときめきが止まらなくなりました。

水が上から下に流れている現象に勝手に「滝」と名前をつけ、わざわざ見に行って低い評価をつける人間、そんなことを知らず流れる滝・・・

「これは行くしかない」と☆3未満の滝めぐりへの扉が開いたのです。

いったん広告です

☆2.8古滝~「ただの通り道」という酷評

まずは、惜しくも☆3に届いていない埼玉県日高市の古滝に行くことに。

(Googleマップ「古滝」より)

友人が紹介していたのはこの滝です。17件のレビューが集まっていて、☆の数が3を切っています。

「ただの通り道」とバッサリ切ったレビューもありました。すごく気になります。

登山用品や地図を用意して、滝への旅は準備万端!となった金曜日の夜、

自ら行きたいと言ったにも関わらず、「行きたくない・・・」という偽らざる気持ちが湧いてきました。

まず、古滝の存在がマイナーすぎて、公式が発表している行き方が調べても出てきません。「これほんまに無事に行って帰れるのか・・・?」と大きな不安が。

Googleマップで山道を調べると、「フライトルート?」と見まがう点線が出る。登山用アプリYAMAPなどでなんとか確認。

あと、危険を冒して行ったとて、滝に見応えがあんまりない可能性が高いのです。そもそも、なんで低評価の滝を見に行きたいか自分でもうまく説明できないので、その不安を打ち消す術もありません。

「低評価の滝はどんなものかしら」と興味を持っているのにも関わらず、「低評価の滝を見に行くのか・・・」と渋るアンビバレントな心境に。

行きたいけど、正直行きたくない、でも無性に行きたい、あまりにも複雑な心境になかなか寝付けませんでした。

いったん広告です

険しい山道とインディーズすぎる案内

グダグダ言ったものの、行かない後悔のほうがデカいに決まってます。切り替えて行きましょう・・・!

西武秩父線高麗駅を降り、まずは高指山に登ります。

山のふもとの公式ハイキングマップに、古滝は選考漏れしています

古滝が紹介されていないのは、「地図にスペースがないから」という理由ではなさそうです。

高指山から満天の曇りを見たあと、

いよいよ、公式マップにはのっていない道に入っていきます。

道なのか道じゃないのか見極めが難しい斜面を下ります。​​

「あれ、どういうものを『道』って言うんやっけ?道の条件ってなんやっけ・・・?」となりました。

そんなふうに心細く木々をかき分けて行くと、

小さい板にマジックペンで書いたインディーズすぎる案内が。(古滝は「まぼろしの滝」とも呼ばれている)

古滝までの時間を何度も修正した跡が見えますね。ずっと不安な道のりだったので、あやふやな案内といえどもめちゃくちゃ心救われました。

ドキドキしながら歩み、そしてついに・・・

古滝に到着です!
突如現れるせり出した岩壁、梢の高い木々、
そこにあるささやかな滝・・・!

耳をすませると「チョロチョロ・・・」と音がします。たしかに水が流れています!

読者のみなさんは「これは何・・・?」と反応に困っておいででしょう。

しかし、私は

予想外の迫力にドキッとして「え、古滝ええやん・・・!」と感動しました。

おそらく、「☆の数が少ない」という先入観で頭がパンパンになっていた上、「不安な心境で険しい道を歩いてきた」という経緯が、気持ちを盛り上げたのだと思います。

低評価の滝を楽しむのに十分すぎるコンディションが整っていたのです。

それを抜きにしても、今までに見たことのない、独特の存在感があるスポットでした。

いったん広告です

ほかの登山客の方が・・・!

なんと、古滝を見に来た登山客の方が現れました。

 

おじさんA「こんにちはー」

唐沢「古滝、あんまり水ないですけどかっこいいですね」

おじさんA「たしかに迫力ありますね〜。この山には何度も登ってるけど、さっきかまぼこ板みたいなちっちゃい看板を見つけて、来てみました」

おじさんB「お姉さんも古滝は初めてですか?」

唐沢「そうです!私この山自体も初めてで、今日は古滝を目当てに来ました。」

おじさんB「これが目当て・・・?」

おじさんに写真を撮ってもらいました。

ずっと孤独な旅だったので、滝を一緒に見てくれる人がいてうれしかったです。

トラロープをつかんで何とか登る
別のインディーズ案内。おじさんはこれを目にして古滝にたどり着いた模様。説明がなさすぎます。

水が少なめの古滝、大雨の後は水量が増えそうですが、地面が濡れててグズグズだと無事にたどり着けるか微妙です。ジャバジャバ流れている様子はもう想像するしかない、まさしく「まぼろしの滝」です。

低評価の理由は「行きにくい」「水量が少ない」だと思われます。しかし、行きにくいからこそドキドキするし、水量は少ないけど、その分雰囲気満点の滝でした。

唐沢滝レビュー:★★★★★5

「道とは・・・?」と悩みながら進むと、独特の迫力がある滝が現れて「おお!」となる

⏩ ☆2.0竜尾の滝〜果たして流れているのか

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
20240626banner.jpg
傑作選!シャツ!袋状の便利な布(取っ手付き)買って応援してよう

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ