特集 2015年3月13日

細長すぎる大阪市領土と古墳カーブの謎

幅は数m・長さが620mのほそながーい大阪市が松原市に食い込んでいる。
幅は数m・長さが620mのほそながーい大阪市が松原市に食い込んでいる。
以前から気になっていた2つの謎の道路がある。

ひとつは大阪は松原市に川を越えてまで食い込む、異常に細長い大阪市の領土。もうひとつは同じく大阪の堺市にある「古墳カーブ」が残る住宅街の道だ。

念願かなって先日見に行くことができたので、その様子をご覧頂き、その謎解きを聞いてもらおう。聞いてください。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。(動画インタビュー

前の記事:世界一長い高速道路トンネルを歩く

> 個人サイト 住宅都市整理公団

参道のせいです

ほそながーい大阪市の細長っぷりは地図で見ていただくのが早い。一目瞭然だ。
グレーに網掛けしてある部分が松原市。南北を貫くように細長くなっている部分は大阪市。
すごいよねこれ! はじめて知ったときはぼくもびっくりした。

なんでこうなっているか。結論を先に言うと、これは阿麻美許曾神社(あまみこそじんじゃ)という神社の参道なのだ。
細長い部分の北には神社がある。図解するとこういうことです(OpenStreetMapをキャプチャ・加筆加工/(c)OpenStreetMapへの協力者)
細長い部分の北には神社がある。図解するとこういうことです(OpenStreetMapをキャプチャ・加筆加工/(c)OpenStreetMapへの協力者)
神社とか寺とか持ち出すとなんとなく納得しちゃうが、よく考えると「参道だから別の市になっている」というのは理由になっているようでなっていない。

ちゃんとした説明は後述するが、ポイントは神社の背後に流れる大和川である。
神社の北を東西に流れる大和川。じつはこれ人工の川なのだ。
神社の北を東西に流れる大和川。じつはこれ人工の川なのだ。

説明はあとにします

ともあれまずはこのほそながーい大阪市を歩いてみよう。ここを訪れるのが長年の夢だったのだ。うれしい。

うれしいのだが、この日は雨だった。以下鉛色の風景が続くがご容赦いただきたい。画像は冷たく濡れそぼっているが、ぼくのハートはうきうきしてた。
神社境内から南を向いた様子。見えるこの道が大阪市で両側は松原市というわけだ。
神社境内から南を向いた様子。見えるこの道が大阪市で両側は松原市というわけだ。
神社を出て少し南へ行き振り返るとこんな。図中矢印に示すように見ている。道路的にはメインの通りはここで右へ逸れて橋へと通じている。
神社を出て少し南へ行き振り返るとこんな。図中矢印に示すように見ている。道路的にはメインの通りはここで右へ逸れて橋へと通じている。
このように北の神社からスタートして南下していきます。

それにしても、毎回この手の記事を書くたびに苦労する。風景と地図を一致させて説明するのってすごく難しい。

つたない図示だが、上の写真にあるように矢印で見ている位置と方角を示していくので、がんばって読み取ってください。
参道の西側から南北を180度パノラマで見たところ。オレンジ部分が大阪市。それ以外は松原市。
参道の西側から南北を180度パノラマで見たところ。オレンジ部分が大阪市。それ以外は松原市。
上の写真を見ていただくと分かるが、細長大阪市エリアと道路は少しずれている。道路の中央に境界線が来ていて、東に建物一軒分シフトしているのだ。
地図拡大すると分かりますが、こういう感じです。道路に面した東側の家々は大阪市。道路西半分は松原市。
なのでこういうことになる。
なのでこういうことになる。
当然ながら行政界は目に見えないので、こうやって写真に色付けないと分からない。しかし、上の写真の建物の後ろにまわってみたら地面にかろうじてここが境界線である証拠らしきものがあった。
敷地境界を示す鋲がやたら打ってあった。つまりこういうことなんだと思う(たぶん)。
敷地境界を示す鋲がやたら打ってあった。つまりこういうことなんだと思う(たぶん)。
これを発見したときぼくは「おおっ!」って思ったんだけど、いま見るとすごく地味だな。やっぱり地図・地形の話は伝わりづらいな。どうしたらいいんだ。
東側に1軒分大阪市領土のエリア。建物に貼られた街区表示板を見ると…
東側に1軒分大阪市領土のエリア。建物に貼られた街区表示板を見ると…
確かに「東住吉区」(大阪市)とある!
確かに「東住吉区」(大阪市)とある!
道の反対側に立っているこのミラーを見ると…
道の反対側に立っているこのミラーを見ると…
松原市だ!
松原市だ!
ほら、な!

って思ったけど、やっぱり「だからなんだ」って感じだなこれ。要するにこれって「地図の通りですねー」ってことなわけだ。

どうやってこの面白さと感動をお伝えしたものか。って、原稿書きながら考えるなって話ですが。
あと、東側のこの敷地はおあつらえ向きに大阪市の公的なものだった。墨痕鮮やか「東住吉」の文字に感動した。感動したんですぼくは。
あと、東側のこの敷地はおあつらえ向きに大阪市の公的なものだった。墨痕鮮やか「東住吉」の文字に感動した。感動したんですぼくは。
なんかこれ以上事例を挙げてもよくわからなそうなので、細長エリアの一番突端、南端に行ってしまおう。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓