特集 2014年12月12日

競馬場の形が残っている住宅地に行ってみた

競馬場の形がそのまま住宅街に。見事。
競馬場の形がそのまま住宅街に。見事。
ぼくは千葉の西船橋で育ち、現在は引っ越して川崎区に住んでいる。

ときどき「競馬が好きなの?」と聞かれる。言われてみれば競馬場を渡り歩いているように見えなくもない(西船橋は中山競馬場への玄関口であり、いまは川崎競馬場が近い)。

馬券は一度も買ったことがなく競馬には興味がないが、競馬場には興味がある。特に"元"競馬場に。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。

前の記事:ある意味大切に扱われている古墳を見に行く

> 個人サイト 住宅都市整理公団

東京で一番有名な元競馬場

東京で一番有名な競馬場跡地といえば目黒のものだろう。
競馬場の形が東側に一部残っているのがわかるだろうか。
JRの目黒駅から700mほど西に行き、目黒通りから南に少し入った住宅街に、上の地図のように、競馬場の跡が道路として残っている。
同じ範囲の1910年代の地図(iPhone アプリ「東京時層地図」大正5年-10年より)
同じ範囲の1910年代の地図(iPhone アプリ「東京時層地図」大正5年-10年より)
Wikipediaによればこの目黒競馬場は1907年にできて1933年に廃止されたものだという。およそ100年前に作られたまったく用途の異なる地割りが現在も残っているというのが楽しい。楽しいよね。楽しいんです。

で、もちろん現地に行ってみた。
行ってみると、たしかにカーブしている!(右上のマップが見ている場所と方向。以下同様)
行ってみると、たしかにカーブしている!(右上のマップが見ている場所と方向。以下同様)
知らなければ「ちょっと魅力的な細く曲がった生活道路だな」ぐらいにしか思わなかっただろうが、これが競馬場の跡だと思うと得も言われぬ感動がある。なんでしょうね、この感じ。なんでしょうね、って言われても困ると思うけど、なんでしょうね。
逆を向くとこんな。
逆を向くとこんな。
少し進むと、こんな。
少し進むと、こんな。
さらに進とこんな風で…
さらに進とこんな風で…
コーナーを抜けて直線部へ!
コーナーを抜けて直線部へ!
100年経って、微妙にくねくねしているものの、直線コースは健在。
100年経って、微妙にくねくねしているものの、直線コースは健在。
おとずれてみて最初に思ったのは「細い道路だなー」ってことだった。競馬場跡というからもっと広々としたイメージを持っていたのだが。

地図で改めて見てみると、ここはコースではなく、競馬場の外周道路だ。おそらく当時からこれぐらいの幅の道路だったのだろう。
現在も残っている直線部の一番西側まで行って振り返ったところ。かつての競馬場は現在通学路。
現在も残っている直線部の一番西側まで行って振り返ったところ。かつての競馬場は現在通学路。
実際にコースだったのはこれより内側の部分で、現在は住宅街だ。最初の地図をご覧いただければ分かるが、そこには競馬場の面影はどこにもない。

それにしてもおりしも下校時刻で写真を撮りづらいことといったらない。誤解しないでください。人間には興味ないんです。
かつてのコースに建ち並ぶ住宅のなかにしれっとキルギス共和国大使館があった。どうみても普通の家。好感が持てる。
かつてのコースに建ち並ぶ住宅のなかにしれっとキルギス共和国大使館があった。どうみても普通の家。好感が持てる。
このように、目黒の競馬場跡地はその一部がかろうじて形をとどめているだけだが、松江には完璧に残っている事例がある。浜乃木競馬場跡地である。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓