特集 2014年12月7日

さぶろうさん改め、ロマンティックおにゃん ~ペットの名前がいい名前

!
こんにちは。編集部の古賀です。

「ペット本人も飼い主も納得している、そんなお名前、教えてください」という募集にご回答いただいているこのコーナー、前回の公開からさらに続々と投稿をいただいております。

人間の名づけよりも自由度が何倍も高からこそのあれこれがすごい。たんたんとした語りのなかに喜怒哀楽、全部つまっているのがぐいぐい伝わってきました。

早速投稿をご紹介していきましょう!
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。(動画インタビュー)

前の記事:缶ビールは急に「スカッ」とくる

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

致し方なく長くなる

ペットの名前がすごみのかさを増してくるときに、ひとつあるルートとして「致し方なく長くなる」という傾向があるようです。

それにしても、その長くなった事情がまたそれぞれ。
我が家で飼っている猫の本当の名前は「サン」と言うのですが(某人気海賊漫画の登場人物から頂きました)鳴き声がニャーと言うよりマーに近いので「まろすけ」になり、いやそれでは本当の名前が分からないだろうと言うことで本名を交えた「まろのすけサン太郎ニャン」に落ち着きました。

今では略して「まーさん」となっています。

どの名前を呼んでも振り返り、近寄って来るので本人も納得している様です。

まろねこさん
長い本名の略され方がどうにもお見事。
最近飼い始めた猫の名前が「田中青木アポロンちゃちゃまろ虎次郎」です。
目が青いので「青木」、茶色なので「ちゃちゃ」、先代の猫の名前をそのまま取って「まろ」。
あとは友人が自分の好きなアニメキャラの名前で呼んだり、兄が唐突に「虎次郎」と呼び始めたことで、気づけばそんな正式名称になりました。
普段の呼び方は「青ちゃん」派と「ちゃちゃ」派で分かれています。どちらも本人の反応はありませんが。

椎名さん
ここまでいろいろあって、本人の反応はなし! ペットの名前の醍醐味ですな。

ジェニファーって呼ばれたかった

どう呼んでも無反応な名前がある一方、こちらは積極的に本人が命名にかかわってくるというお話。
ペット本人が納得している、ということで丁度私の犬のことだなと思い、投稿させていただきます。

子犬の時にペットショップで買い、名前をどうしようかいろいろと思い悩んでいました。
そこでいくつか候補名で呼びかけて、本人が尻尾をふった(=気に入った)名前にしようと思い立ち実行しました。

その結果、無事にジェニファーと名付けることに成功しました。

ちなみに候補名は「きなこもち」「すずめ」「焦げもち」「いそべ」「ジェニファー」でした。
ジェニファーと呼んだときと他の名前で呼んだ時とでテンションが違いすぎて驚きました。親馬鹿かもしれませんが中々頭の良い犬だなと思います。(トイレは覚えません)

らっこっこさん
全体的に餅っぽい名前がつけられそうな危険満載のなかを子犬だてらにかぎわけてステキなのをチョイス。

そこまではすごいのにトイレをおぼえない、それがジェニファー。会ったことないのにもうかわいいぞ。

かと思えば、可愛さあまって人間側で名前のコントロールができなくなるという案件も。
うちの猫さんは本名はさぶろうさんです。しかしあまりの可愛さにさぶろうさんと呼ぶには思いが収まりきらず、ある日全身に電流が走りこれしかない!と思い立ちわたしだけ、ロマンティックおにゃんと呼びながら駆け寄ってます(笑

ちねぎさん
もうどうにもならずに魂から本当の名前が湧き上がってきちゃったんですよね。分かります、分かりますよ!
!

名づけでもてるという可能性

飼い主とペットの関係だけじゃなく、第三者の方がペットのいい名前ぶりを味わうという投稿もありました。
宮城県某所にあるおすし屋さんの親方が飼っている姉妹猫の名は「アサリ」と「シジミ」。2匹とも額に黒いブチのある三毛猫で、そのブチが大きいほうが「アサリ」。小さいほうが「シジミ」。

その話を聞いたとき、親方のことがいっぺんで大好きになりました。

ナルさん
猫じゃなくて、親方がモテた!
私のおじいちゃんは昔、3匹猫を飼っていました。
そしておじいちゃんが大好きなものは麻雀。
つい数年前までファミコンで(!)毎日麻雀ゲームするほどです。
ちなみに今は、プレステだそうです。

そんなおじいちゃんが猫3匹に名付けた名前は、ポン・チー・ロン
1匹ずつみるとすごく可愛いらしい名前なのですが、3匹集まると急に麻雀感が漂います。

残念ながら、私が生まれたときは既に3匹とも亡くなっており、写真も残っていないようです。
でも、この話を聞いてすごく3匹に愛着を持ってしまいました。
毎年お正月には、家族みんなで麻雀をするのですが、そのたびにポンチーロンを思い出します。

はなさん
会ったことのない猫の話なのに、ただもう投稿を読んでもらったらみんな無言でうなずくみたいな良いはなし。

この投稿の味わいについてあれやこれや語るのはもはや野暮ですが、そもそもおじいちゃんがファミコン→プレステで麻雀しているというところが最高です。
今年、16歳で天国へ行ってしまったうちの雑種犬。兄の職場でウロウロしてたのを拾いました。兄の本の印税で犬用品を揃えたこと、それが英語教育の本だったこともあり、ロイヤリティーからとってロイ、と名付けました。日本語で言うと印税犬。

ロイテリアさん
ロイヤリティーのロイ! きっとお名前とともに思いでも語り継がれるんだろうなとしみじみきつつ、日本語でいったときの破壊力やっぱりすごいですよね。

愛されてるからこその台無し感

前回も話題になった、家族の一員として愛されているからこその、台無し感は今回も健在でした。
母の実家で飼われていた雑種の犬は「デガ」といい、子供心にかっこいい名前だと思っていたのですが、実はデブでガニ股、の頭文字をとったものだと後から知りました。名付けたのは母だそうです。

もちだんしゃくさん
言わなきゃほんとめちゃくちゃかっこいい名前。
生後2ヶ月で拾ったオスの子猫。
幸せになるようにと願いを込めて幸(こう)という名前をつけました。
しかし、拾った時にダニが付いていたことから、次第にダニ男(だにお)と呼ばれるようになり、今では家族全員からダニちゃんと呼ばれています。

チョコアイスさん
台無しを越えて結果「ダニちゃん」とかわいく着地しているところがこころにくいわけですよ。

かと思えば、最初適当っぽいんだけど急にかっこよくなった名前も。
以前飼っていた雄猫の名前は「ルゥ」といいます。もらわれてきた日の晩ご飯がカレーで翌日はシチューだったので「ルゥ」でいいや、と。フランス語で綴ると「ROUX」で、ちょっとカッコイイです。

豆電球さん
最後なんでフランス語でつづった。で、でも……うん、かっこいいなROUX。

苗字の自由度の高さ

動物病院にいくと、ペットは飼い主の苗字+名前で呼ばれるとは聞いたことがあったのですが、そういうあれこれを一切無視して苗字も自由につけるという投稿も現れております。
実家の犬(チン)の名前が中村グリンです。グレムリンに似てるということで最初父がグリンと呼んでいたのですが、母はサッカーの中村俊輔と内田が好きで迷ったあげく中村と勝手に呼び始めました。結果中村が名字に。アホ犬です。

中村グリンさん
お母様が俊輔じゃなくて中村と呼んだ、そこがペットの名前の真骨頂という気がするのです。
!

もはやひとつの物語

ここまで紹介した投稿もそうなのですが、今回のこのお題、なんでかみなさま本当に文章が読ませるというかお上手でもはや完全に物語ではないかという投稿がたくさんあったんです。

ここでそんな2投稿をご紹介して私は多くは語らず今回はお別れしたいと思います。
はじめまして。
ペットの名前ということで、私がかつて唯一飼っていたハムスターの名前を投稿致します。

我が家で飼っていたハムスターは「やしゃこ」と呼ばれていました。
本名は「夜叉姫」です。
母がバイオリニストのヤッシャ=ハイフェッツが好きで、彼に因んで夜叉、雌なので姫を付けました。

夜叉姫は小雪の降る朝亡くなりました。
私の洗い晒しのパンツが大好きで、よく小屋の中に引っ張りこんでくるまったり齧ったりしていたので、最期に寒くないようパンツでくるんで埋めてあげたかったのですが、家族に反対されて叶いませんでした。
小学生だった私は、どんなに好きでも世間体の前に諦めなくてはならないこともあるのだ、ということを、この時学びました。

やしゃこはもう居ませんが、あれから20年近く経った今も、当時買ったハムスターのぬいぐるみを大事に飾っています。
ちなみにぬいぐるみの名前は、毛でできたやしゃこという意味で、「やしゃも(やしゃ毛)」です。

O貝さん
10年以上前、メキシコ駐在中に借りた家に、家主のペットであったアヒルが付いて来て我が家のペットとなりました。大きくなったら美味しく頂こうね、とい う意味を込めて、ヘンゼルとグレーテルという名前を付けました。

その後娘たちがたいそうアヒルを気に入って、お誕生日プレゼントとしてペットショップから さらに雛を2羽迎え入れ、あっぴーとジマイマという名前をつけました。

メキシコを去る時、ヘンゼルとグレーテルは家主に返しましたが、あっぴーとジマイマ は子供の小学校に引き取られて行きました。

夏休み、メキシコ人が世話をするということで持ち帰ったそうです。その後の2羽の消息が気がかりでなりません。 ちなみに、アヒルのえさは固形のキャットフードでした。

うしかもしかさん

引き続きご投稿お待ちしております! 思い出したように発表していけたらと思っております。ペット本人も飼い主も納得している、そんなお名前、教えてください。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓