特集 2012年11月30日

銀座でジャメヴュになる方法

銀座にお座りする犬がいたのだ(GPSログデータをGoogle earth で表示したものをキャプチャ)
銀座にお座りする犬がいたのだ(GPSログデータをGoogle earth で表示したものをキャプチャ)
ぼくは「ジャメヴュ」持ちだ。

ジャメヴュとは日本語だと「未視感」。いわゆる「デジャヴュ」の逆で、よく知っているはずの景色が初めてのように見える現象だ。子供の頃からよくこういう状態になっていた。

で、今回、意図的にこの「ジャメヴュ」になる方法が分かったのでそれをご紹介したい。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。(動画インタビュー

前の記事:「国家石油備蓄基地」に上陸!

> 個人サイト 住宅都市整理公団

バンドマンがソロ活動したくなる、あれと同じだと思う

それは「GPS地上絵」を描くという行為だ。

自分の移動した軌跡を記録できる「GPSロガー」を使って、歩くことで町に絵を描く「GPS地上絵」。これまでDPZで何回かその成果を記事にしてきた。馬を描いたりウサギを描いたりタツノオトシゴを描いたり。ぼくのライフワークだ。

ただ、これまでの絵は、知らない街で、大勢で描いてきた。で、振り返ればひとりで描いたことがない。やっぱり、こういうのってひとりで黙々とやるとまた違った感慨があるんじゃないだろうか。

バンドマンがソロ活動したくなる、あれと同じだと思う。ちがうか。

で、やってみたら確かに今までとは全然違う感じだった。なにはともあれ、そのソロ活動の成果をご覧いただこう。
かわいい。おとなしくお座りするこの子犬がいるのは銀座。北が下。画面右下しっぽのあたりが有楽町駅。見つめる先には築地市場。
かわいい!(自画自賛)まさか銀座にこんな子犬がいたとは。

そうなのだ、今回は銀座のど真ん中に地上絵を描いたのだ。よく知った街だ。千葉県民にとって最もなじみが深い東京の繁華街といったら銀座ではないか。渋谷や新宿は遠いんだよなー。
これが設計図。今回はものすごーく設計に苦労した(大きな地図で表示
なぜ銀座を舞台に選んだのかというと、伊東屋さんにそう頼まれたからだ。

そう、あの銀座の有名な文房具の名店、伊東屋だ。伊東屋さんは"itoya post"というフリーマガジンを発行しているのだが、その第8号のテーマが「かく、みらい」。ちょっと変わった「かく」をやっている人間はいないかと編集さんが探して見つけたのがぼくということらしい。
"itoya post No.08</a>" 伊東屋の全本支店 店頭で配布だそうです。
"itoya post No.08" 伊東屋の全本支店 店頭で配布だそうです。
つまりこれは「GPS地上絵師」としての初仕事なのだ。これでぼくも「プロの地上絵師」を名乗れるぞ!

ただ、銀座で地上絵ってほんと難しくて。まず道が碁盤の目なので、設計のとっかかりがなにもない。ドット絵のようにすれば何でも描けるといえば描けるんだけど、それじゃおもしろくない。
そういえばポール・オースターの小説「シティ・オブ・グラス」ではマンハッタンの碁盤の目を歩いて文字を書く、という場面があった。(上はコミック版「シティ・オブ・グラス」(ポール・オースター原作、デビッド・マッズケリ著、森田 由美子 翻訳、講談社)より)
そういえばポール・オースターの小説「シティ・オブ・グラス」ではマンハッタンの碁盤の目を歩いて文字を書く、という場面があった。(上はコミック版「シティ・オブ・グラス」(ポール・オースター原作、デビッド・マッズケリ著、森田 由美子 翻訳、講談社)より)
良い地上絵は道筋に誘われるようにして描かれるべきものなのだ。「良い地上絵」ってなんだ。

つまり銀座やマンハッタンは地上絵に向いていない街なのだ。敬愛する伊東屋さんのオーダーでなければ断っていただろう。

しかし銀座に一箇所だけ「とっかかり」があった。三原橋だ。
ここ。銀座の地図見てると、どうしたってこの円が気になるってもんだ(大きな地図で表示
ここが鼻か眼か…と試行錯誤に悩み抜いた末(どれだけ悩んだかを書き綴るとそれだけで記事が埋まるので割愛。ただ、悩みすぎて夢の中にまで銀座の地図が出てきたことだけはお伝えしたい)、できたのが前出のお座りする子犬だ。しかもゴールが伊東屋さんの前という出来過ぎの設計に!狙ったわけではなくて偶然そうなったんだけど。ぼくには地上絵の神がついてるね!
ゴールである前脚の付けねがなんと伊東屋本店前!(大きな地図で表示

ソロ活動開始!

さて、そして銀座の街をうろうろ歩き回って子犬を描く。今回の設計はこれまでのもので最小の全長800mほど。子犬としては大きな方だが、地上絵としてはかなり小さい。

で、よく知った銀座の街がだんだん変な感じになっていく。
スタートは後ろ脚の付け根。
スタートは後ろ脚の付け根。
そのスタート後ろ脚の付け根はちょうど地下鉄有楽町線の出口前。
そのスタート後ろ脚の付け根はちょうど地下鉄有楽町線の出口前。
ひとりっきりだと自分撮りが恥ずかしい。結果、なんとも腰の据わらないなポージングに。
ひとりっきりだと自分撮りが恥ずかしい。結果、なんとも腰の据わらないなポージングに。
いったん広告です

知っていると思ったら、案外知らない

冒頭「ジャメヴュ」の話をした。今回のこの「ひとり地上絵」がどうジャメヴュに繋がるのかという結論から言ってしまおう。

地上絵はどこかの目的地に向かって歩いているわけではなく、ふだんの移動の論理とはまったく異なる動き方をする。そうするだけで、街のシーンの移り変わりに脈絡がなくなって、知らない街に見えるのだ。

ほんとだって。なんか大げさに聞こえるかもしれないけど、これほんと。

なんなら前ページの地図に従って、みなさんも歩いてみて欲しい。知らない銀座になるから。

というか、それ以前に、普段は歩かないところを歩かざるを得なくなって、単純にそれだけで新たな銀座を発見したりもする。

とくに路地。
スタート早々、「こんなところがあったのか!」という路地に。(後ろ足の甲</a>)
スタート早々、「こんなところがあったのか!」という路地に。(後ろ足の甲
自分で設計しておきながら、現地に行くと「えっ!ここ行くの?!」ってことが頻繁に。(子犬の背中のところ</a>)
自分で設計しておきながら、現地に行くと「えっ!ここ行くの?!」ってことが頻繁に。(子犬の背中のところ
ここが背中なのか…
ここが背中なのか…
というか、ほんとうに行けるのか…?
というか、ほんとうに行けるのか…?
行けるんだ…!
行けるんだ…!
銀座にはこのような魅力的なすきまがたくさんあるとは聞いていたが、それが子犬の脚だったり背中だったりして、とても不思議な心持ちになる。
通り抜けた先ですこしぼうっとしてしまう。自分がいる場所の把握に時間がかかる。
通り抜けた先ですこしぼうっとしてしまう。自分がいる場所の把握に時間がかかる。
工事中の歌舞伎座の裏が、犬の口</a>!
工事中の歌舞伎座の裏が、犬の口
口にふさわしく、飲食店が建ち並ぶ路地だ。
口にふさわしく、飲食店が建ち並ぶ路地だ。
なんかいい感じのお店が。さてはこの子犬、いいとこの飼い犬だな!
なんかいい感じのお店が。さてはこの子犬、いいとこの飼い犬だな!
ときにはこんなことも…
ときにはこんなことも…
入れない…。地図では足の甲や背中と同じようなビルの隙間路地に見えたのだが…(胸のあたり</a>)
入れない…。地図では足の甲や背中と同じようなビルの隙間路地に見えたのだが…(胸のあたり
しょうがないので、一本となりの路地へ。あまり先を行くと胸が崩れる!
しょうがないので、一本となりの路地へ。あまり先を行くと胸が崩れる!
これはいいすきま!いい胸!
これはいいすきま!いい胸!
で、銀座を犬として見ながらこういう普段通らないところを行っていると、「ザ・銀座」的な大通りさえも知らない街のように見えてくるのだ。

たとえば4丁目交差点。
いったん広告です

ぼくにとっては子犬の一部

いわゆる4丁目交差点。ザ・銀座だ。
いわゆる4丁目交差点。ザ・銀座だ。
しかしこの夜のぼくにとっては「子犬の耳の後ろ</a>」だ。
しかしこの夜のぼくにとっては「子犬の耳の後ろ」だ。
いや、ほんとにこういう不思議な感覚になるんだよ。ほんとだって。

これはやっぱりひとりで黙々とやっているせいでもあるんだろうなー。
有楽町駅駅前も「しっぽの先っぽ</a>」にしか見えない。舗装石の丸いパターンが「しっぽの先っぽ感」を高めている。ナイス演出。
有楽町駅駅前も「しっぽの先っぽ」にしか見えない。舗装石の丸いパターンが「しっぽの先っぽ感」を高めている。ナイス演出。
アップルストアも、ぼくにとっては耳の先</a>だ。
アップルストアも、ぼくにとっては耳の先だ。

ふにゃふにゃの犬になったわけも銀座ならでは

ここまで読み進めてくださったみなさんの中には、設計図と実際描いたものとの描写にあまりに差があるのが気になっている方もいらっしゃるのではないか。
あらためて、これが設計図(大きな地図で表示
これが実際に描いたもの(大きな地図で表示
前記のように、行けるはずの道を行けなかった、という理由もあるが、全体的にふにゃふにゃなのは、GPSの精度が著しく悪いからだ。

それもまた銀座ならでは。
前出の「背中」のすきま路地。これでは衛星の電波も受け止められない。
前出の「背中」のすきま路地。これでは衛星の電波も受け止められない。
どういうことかというと、空がひらけてないので、GPSの衛星からの電波がうまく受け止められないのだ。上のような隙間路地はもちろんのこと、背の高いビルが建ち並ぶ銀座でどうしても測位誤差が大きくなる。これはもうしょうがない。いままでの地上絵のできが比較的良かったのは、絵自体が大きいので誤差が気にならないことと、住宅街などでビルがあまりなかったことによるのだ。
あとは首都高の下とかも。高架が憎いと思ったのは初めてだ!
あとは首都高の下とかも。高架が憎いと思ったのは初めてだ!
あと、デパートの渡り廊下とか!
あと、デパートの渡り廊下とか!
でもまあ、設計時点では、碁盤の目でカクカクなっちゃってたものが、誤差のせいで子犬らしくまろやかなタッチになったと思っている。

一番のポイントであり、一番の難関、眼。

三原橋の特徴的な円。実は…
三原橋の特徴的な円。実は…
いったん広告です

渡れないのは知っていたさ

さてさて、設計の段階でも気がついていたが、問題を先送りしていたことがある。設計のきっかけともなり、なにより絵としてもっとも気合いを入れなければならないはずの「眼」がそれである。

前述のように印象的な三原橋の円形。実は、ここは渡ることができない。円を描けないのだ。
この魅力的なカーブに沿って一周したいのだが…
この魅力的なカーブに沿って一周したいのだが…
一周したいのだが…
一周したいのだが…
したいのだが…
したいのだが…
だが…!
だが…!
がーーー!
がーーー!
一瞬、本気で向こう側にGPSロガーをぶん投げようかと思った。
一瞬、本気で向こう側にGPSロガーをぶん投げようかと思った。
よりによって、眼がこのありさま。

車が途切れたところで渡ってしまおうか、ロガーを遠投しようか、と思ったがやめておいた。
無茶は禁物だ。
無茶は禁物だ。
しょうがないので、またもや電波の入らない地下を行って横断することにする。

そう、三原橋地下街である。
この建物の丸みがそのまま犬の眼の丸み。
この建物の丸みがそのまま犬の眼の丸み。
眼を縦に貫くように地下街が。
眼を縦に貫くように地下街が。
ほんのちいさな地下街。魅力的!
ほんのちいさな地下街。魅力的!
すてきな地下街なのでじっくり見て回りたいが、誤差がひどくなるといやなので早足で通過。ぐぬぬぬ…
すてきな地下街なのでじっくり見て回りたいが、誤差がひどくなるといやなので早足で通過。ぐぬぬぬ…
この三原橋地下街、その名の通り、もともとは橋がかかっていたところなのだ。東京大空襲で大量にでた瓦礫の持って行き先として、ここにあった堀割が埋め立てられたという、日本で二番目に古いという由緒正しい地下街なのだが、来年には取り壊されてなくなってしまう。
東銀座駅と銀座駅をつなぐ地下道が、この三原橋地下街を避けるようになっているのもおもしろい。
東銀座駅と銀座駅をつなぐ地下道が、この三原橋地下街を避けるようになっているのもおもしろい。
ともあれ、すこしでも眼を再現しようとがんばった結果、これまたけがの功名だが、測位誤差とあいまって、瞳とでも呼べそうな描写になったのだった。
縦の線が地下街の部分。誤差と相まって、なんだか潤んだ瞳に。これはこれでいい。(大きな地図で表示

なんとかジャメヴュ感を表現したくて

いまここまで書いてきたものを自分で読み返してみたんだけど、どうもうまくジャメヴュ感が伝わっていない気がする。無理か。むずかしいか。

しょうがないので、下のような動画を作ってみた。定期的に目線でシャッター切ってつなげ、地図表示をしたものだ。
うーん、どうだ。
どうだろう。だめか。

これはもう、みなさん実際に歩いてみてほしい。ぜひ。ひとりでもくもくと。

散歩がてらにやってみてください

ちょっとおもしろいかも、と思った方はぜひやってみてください。ほんとに。1時間ぐらいで、ちょうど散歩にいいと思いますよ。
せっかくなのでゴールの伊東屋さんで記念撮影、と思ったら閉店時間でした。しょうがないので、入り口脇の鏡で小さくポーズ。ひとりって撮影が恥ずかしい。
せっかくなのでゴールの伊東屋さんで記念撮影、と思ったら閉店時間でした。しょうがないので、入り口脇の鏡で小さくポーズ。ひとりって撮影が恥ずかしい。

【告知:今年もやります「ドボ年会」】!


以前DPZ でも記事にしましたが、毎年やってる工場を見に行く忘年会を今年もやります。なんと宇部。宇部の工場かっこいいんだよー。ご興味ある方はこちら
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓